八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

【参院選】投開票まであと1週間 安里氏、高良氏に聞く

右からインタビューに答える安里繁信氏(3日午前、那覇市の選挙事務所)と高良鉄美氏(9日夜、選挙事務所)右からインタビューに答える安里繁信氏(3日午前、那覇市の選挙事務所)と高良鉄美氏(9日夜、選挙事務所)
争点、離島振興など6項目
 21日の第25回参院選投開票まであと1週間となった。八重山毎日新聞社は13日までに沖縄選挙区に立候補している4氏のうち、八重山でも積極的に選挙活動をしている自民公認でシンバホールディングス前会長の安里繁信氏(49)=公明・維新推薦=と無所属で「オール沖縄」勢力が推す琉球大学名誉教授で憲法学者の高良鉄美氏(65)に参院選の争点や離島振興など八重山が絡む問題について考えを聞いた。質問は①選挙の争点...
本文を読む

人気ラーメン店「日本人観光客お断り」

日本人客の入店を拒否している「麺屋 八重山style」=10日午後、ユーグレナモール日本人客の入店を拒否している「麺屋 八重山style」=10日午後、ユーグレナモール
マナー悪化苦肉の策 「量から質」へ一石
 「日本人のお客様はお断りしています」−。石垣市中心市街地のユーグレナモール内にある人気ラーメン店が7月1日から、観光客と常連客を含む日本人客の入店を拒否している。観光繁忙期の9月までの3カ月間だが、商店街には衝撃が走る。同店によると、日本人観光客のマナー悪化に伴うもので、収益減を覚悟した上での苦肉の策。石垣市への入域観光客数は年々増加傾向にあり、「量より質への転換」の議論に一石を投じることにな...
本文を読む

11月から実証実験開始 乗車、乗船券をスマホ決済

MaaS実証実験MaaS実証実験
石垣市・竹富町、シームレス交通サービス
 石垣市、竹富町における離島船舶、バス、タクシーをシームレスにつなぐ新たな交通利用サービスの実証実験が2019年11月から20年2月まで実施される。公共交通の乗車・乗船券を電子チケット化し、スマートフォン決済を可能にすることで、利用者の利便性や公共交通分担率の向上につなげたい考えだ。9日、自治体や民間企業など7組織で構成する、八重山Mobility as a Service(MaaS)事業連携体...
本文を読む

西表の診療所、輪番制に 国の働き方改革に対応

今月16日から輪番制で平日夜間の急患対応実施について説明する八重山病院関係者ら=4日午後、干立公民館今月16日から輪番制で平日夜間の急患対応実施について説明する八重山病院関係者ら=4日午後、干立公民館
平日夜間の急患対応 医師同乗せず搬送に不安も
 【西表】県立八重山病院付属大原診療所と西表西部診療所の平日夜間(午後5時~翌日午前8時半)の救急患者対応は、16日から両診療所の輪番制で実施されることになった。原則、月~水曜日は大原、木・金曜日は西部が対応。土日祝日は従来通り急患のみ対応。輪番制導入の背景に、医師や看護師の過重労働対策や政府の進める「医師の働き方改革」がある。医師らの負担軽減に理解を示す住民がいる一方、消防分団からは医師が急患...
本文を読む

風しん追加対策実施へ 初年度対象は40代男性

市区町村から送付されるクーポン券(イメージ)市区町村から送付されるクーポン券(イメージ)
抗体保有率90%余目指す 市町村がクーポン券送付
 全国で拡大する風しん患者の発生を受け、国は2022年度までに抗体保有率90%を目指す事業を今年度から全国で始め、石垣市は7月中、与那国町は9月中の開始を予定している。竹富町は未定。自治体が対象者へクーポン券を送るもので、指定する医療機関で無料で抗体検査や予防接種が受けられる。妊娠早期の人が風しんに感染すると生まれてきた赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が出る恐れがあり、沖縄でも抗体保有率が低い40~...
本文を読む

海外3都市から招へい 島づくりの未来考える

「アイランダーサミット石垣」の成功に向け意気込みを示す関係者ら=27日夕、石垣市民会館中ホール「アイランダーサミット石垣」の成功に向け意気込みを示す関係者ら=27日夕、石垣市民会館中ホール
カウアイ・バリ・サルデーニャ 10月3日からアイランダーサミット石垣
 「アイランダーサミット石垣」(石垣市主催)の記者会見が27日夕、石垣市民会館中ホールで開かれ、10月3日から6日までの4日間、石垣市内で開催することを発表した。メイン企画のアイランダー・セッションでは、米国ハワイ州のカウアイ島、インドネシアのバリ島、イタリアのサルデーニャ島の3都市から関係者を招聘(しょうへい)し、島づくりの未来を考える。  アイランダーサミット石垣のテーマは「私たちは地球...
本文を読む

国際線増改築、随契へ 供用開始は21年夏予定

利用客が伸びる南ぬ島石垣空港。石垣空港ターミナル株式会社の第11期決算で当期純利益が3期連続で1億円を突破した=資料写真(2015年12月30日)利用客が伸びる南ぬ島石垣空港。石垣空港ターミナル株式会社の第11期決算で当期純利益が3期連続で1億円を突破した=資料写真(2015年12月30日)
石垣空港ターミナル 純利益、3期連続で1億円超
 石垣空港ターミナル株式会社(黒嶋克史代表取締役社長)の第11期(2018年4月1日~19年3月31日)決算が25日、発表され、当期純利益が1億3669万円(前期比20%増)と3期連続で1億円を突破した。売上高は8億5958万円(前期比0・8%増)で過去最高額。過去3回入札不調となっている石垣空港国際線旅客施設の増改築工事は今後、随意契約を行い21年夏に供用開始する方向性を示した。  同社は...
本文を読む

運営効率化へアドバイザー

任命を受けた(左2人目から)大山氏、松本氏、伊江氏=24日午後、八重山病院任命を受けた(左2人目から)大山氏、松本氏、伊江氏=24日午後、八重山病院
八重山病院 元院長ら3氏任命
 県立八重山病院(篠崎裕子院長)が「病院運営アドバイザー」制度を導入し24日午後、同院で院長などを務めた3氏に任命書を交付した。任命を受けたのは伊江朝次氏(八重山病院第16代院長)、松本廣嗣氏(同17代院長)、八重山の医療を守る郡民の会事務局長で元県立病院事業局勤務の大山剛氏の3人。今後、3氏は病院経営対策会議に出席し、病院運営の効率化に向け、それぞれの目線で指導・助言を行う。任期は2020年3...
本文を読む

戦没者24万人を追悼 参列者5100人が平和の祈り

焼香を行う参列者=23日午後、糸満市摩文仁の平和祈念公園焼香を行う参列者=23日午後、糸満市摩文仁の平和祈念公園
戦後74年目の慰霊の日 玉城知事、辺野古移設の政府批判
 【糸満】戦後74年を迎えた「慰霊の日」の23日、県内各地で追悼式が行われ、沖縄は鎮魂の祈りに包まれた。沖縄戦の激戦地となった糸満市摩文仁にある平和祈念公園では24万人余の戦没者を追悼する「沖縄全戦没者追悼式」(県、県議会主催)が行われ、参列者5100人(主催者発表)が正午の時報に合わせて黙とうをささげ、恒久平和を願った。午前中から大雨が降る中、本島各地の慰霊の塔でも追悼行事などが行われ、鎮魂と...
本文を読む

ホテル建設「ならぬ」 中止求め署名活動開始

「(仮称)コンドイビーチホテル」の建設中止を求め署名する来島者ら=23日午前、竹富東港「(仮称)コンドイビーチホテル」の建設中止を求め署名する来島者ら=23日午前、竹富東港
竹富島を守る会 開発業者に反対の声届ける
 【竹富】竹富島を守る会(阿佐伊拓会長)は、竹富島コンドイ浜近くで㈱RJエステートが開発を計画する「(仮称)コンドイビーチホテル」の建設中止を求める署名活動を23日、竹富東港で開始した。同会によると、ことし8月ごろ着工の恐れが出てきたことから建設着工に対し「断固反対」の意思を示すため運動に踏み切った。SNSなどで賛同を呼び掛け、電子署名でも受け付けている。署名期間は来月20日まで。集められた署名...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム