八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

底地海水浴場 指定管理取り消し 業務内容で行き違い

指定管理者の指定が取り消された底地海水浴場。現在は民間業者に管理が委託されている=16日午後指定管理者の指定が取り消された底地海水浴場。現在は民間業者に管理が委託されている=16日午後
石垣市 指定のあり方に課題
 石垣市が、底地海水浴場の指定管理者の指定を取り消していたことが20日までに分かった。管理業務の内容をめぐり行き違いがあったことから管理者側が辞退届を提出、市がこれを承認した。2005年度に導入した指定管理者制度で、管理期間の途中で指定を取り消すのは今回が初めて。今後、指定管理のあり方をめぐる議論が求められそうだ。市は緊急措置として、一部管理業務を民間業者に委託して対応している。  施設管理...
本文を読む

夜市、地域色豊かに 竹富町商工会青年部が初共催

年1回開催の夜市に盛り上がりをみせる会場=19日午後、石垣市役所駐車場年1回開催の夜市に盛り上がりをみせる会場=19日午後、石垣市役所駐車場
 石垣島の新たな観光資源の創出と美崎町の活性化につなげるイベント「夜市」(石垣市商工会青年部、竹富町商工会青年部共催)が19日午後4時から石垣市役所駐車場で開かれ、大勢の地元客や観光客でにぎわった。  出展ブースには8店舗が出店。ことしから町商工会青年部が共催に加わり、西表島産のイノシシやパイナップルを使った地元料理が販売され、大盛況をみせた。  特設ステージでは地元アーティストによるラ...
本文を読む

豚・ヤギの血、出荷再開へ 食肉センター

血液保管室に設置された血液保管専用の冷蔵庫=18日午後、八重山食肉センター内血液保管室に設置された血液保管専用の冷蔵庫=18日午後、八重山食肉センター内
基準適合体制整う 飲食店経営者、安堵の表情
 県八重山保健所の行政指導を受け、6月から豚・ヤギの血液の採取・出荷を停止していた八重山食肉センターは18日までに、施設整備や作業手順の追加を行うなど、法律の基準に適合する体制を整えた。豚・ヤギのと畜は月・金曜日の週2回。21日のと畜日から、注文に応じて採取・出荷を再開する。センターでは「血を使った食文化が守られる」としている。  センターは、県北部食肉業組合がことし4月に出荷停止の行政指導...
本文を読む

6月観光客数 過去最高の12万7千人

上半期、観光消費額は402億円
 県八重山事務所(山城秀史所長)が15日まとめた6月の八重山入域観光客数は前年同月比2万4311人(23.7%)増の12万7000人で、1989(平成元)年以降の6月単月で最高を記録した。観光消費額は70億7000万円。これで、ことし1~6月の上半期の観光入域数は前年比5万2506人(8.7%)増の65万4336人、観光消費額は同39億8000円(11%)増の402億円で過去最高を記録した。 ...
本文を読む

石垣市入域観光客数 上半期で過去最高64万人

上半期の観光客数が初めて60万人を突破した石垣市。写真はクルーズ船で石垣島を訪れ市街地に向かう外国人観光客=7月27日午前、石垣港上半期の観光客数が初めて60万人を突破した石垣市。写真はクルーズ船で石垣島を訪れ市街地に向かう外国人観光客=7月27日午前、石垣港
昨年比五万1千人増 60万人の突破は初 年間131万人向け好調
 石垣市観光文化課がまとめたことし上半期(1~6月期)に石垣市を訪れた観光客は、昨年同期比5万1288人(8.6%)増の64万8192人、観光消費額は22億3000万円(5.9%)上回る403億8000万円で、それぞれ過去最高を記録した。市の入域観光客数が上半期で60万人を突破するのは初めて。6月は前年比2万4207人(23.7%)増の12万6148人で単月の最多となった。八重山のことしの年間入...
本文を読む

南ぬ島石垣空港 海外向け戦略立案へ 市場開拓に期待

定期運航を行っている香港エクスプレス機。石垣市が本年度で輸出戦略を練る=2016年10月6日午後、南ぬ島石垣空港定期運航を行っている香港エクスプレス機。石垣市が本年度で輸出戦略を練る=2016年10月6日午後、南ぬ島石垣空港
税関空港 「輸出の型」構築目指す
 南ぬ島石垣空港がことし4月に国際貨物の輸出入を直接できる税関空港に指定されたのを受け、石垣市商工振興課は来年3月までに、香港・台湾など海外向けの輸出戦略をまとめる予定だ。飲食、小売店、通販など地元業者を対象に海外で流通する可能性のある商品をリストアップし、香港で12月に開催されるフードフェスティバルに出展するなど、輸出テストを実施。商品の集荷から輸出手続き、輸出、荷受け、販路それぞれの課題を整...
本文を読む

乳業2社が経営危機 八重山郡内

危機に陥っている八重山の乳業界。値上げも検討している。写真は㈱マリヤ乳業の牧場で搾乳している様子=10日午後、同牧場危機に陥っている八重山の乳業界。値上げも検討している。写真は㈱マリヤ乳業の牧場で搾乳している様子=10日午後、同牧場
生産量減少飼料が高騰 牛乳の値上げを検討
 八重山郡内のスーパーや学校給食などに牛乳を提供している㈱ゲンキ乳業(新賢次代表取締役)と㈱マリヤ乳業(宮良高仁代表取締役)が、生乳生産量の減少と飼料の高騰などを背景に経営の危機に直面している。両社は「販売価格の適正化を図りたい」として値上げを検討。両代表は「島内産牛乳の供給、販売を頑張ってきたし、今後も頑張っていきたい」と述べ、地域に理解を求めている。  農林水産省のデータによると、全国的...
本文を読む

観光客の事件事故増 チラシ配布で注意喚起

羽田からの直行便で訪れた観光客に犯罪や水難事故の注意を呼び掛ける八重山署の女性署員(右)=10日午後、南ぬ島石垣空港羽田からの直行便で訪れた観光客に犯罪や水難事故の注意を呼び掛ける八重山署の女性署員(右)=10日午後、南ぬ島石垣空港
安全なまちづくり推進協
 夏場観光のトップシーズンを迎え、八重山地区安全なまちづくり推進協議会(会長・中山義隆石垣市長)は10日午後、南ぬ島石垣空港で八重山に訪れる観光客が事件事故に巻き込まれないためのキャンペーンを初めて展開した。  八重山署生活安全課によると、八重山の入域観光客数の増加に伴って観光客が犯罪に巻き込まれるケースが増加傾向にあると分析。2016年は年間の刑法犯認知件数は前年比3件増の337件に対して...
本文を読む

消防車両の進行妨げ 公道に商品棚

店舗外に商品などが並び、消防ポンプ車の進行に支障をきたしたユーグレナモール=9日午後店舗外に商品などが並び、消防ポンプ車の進行に支障をきたしたユーグレナモール=9日午後
ユーグレナモール ルールの順守呼び掛け
 石垣市消防本部は9日午後、石垣市大川のユーグレナモール南側市道(通称・中央通り)で消防車両の通行確認を行った。モール内で消防ポンプ車を低速走行させ、商品棚の陳列などで車両の進行を妨げる店舗に対して消防職員が指導した。一方、店側は禁止行為だと認識しつつも「商品を店外に陳列するとしないとでは、入客や売り上げに大きな差が出る」と困惑。同モールでは、2014年4月にモール内の民宿が全焼する火災が発生し...
本文を読む

市マンゴー協を設立 拠点産地認定目指す

専門的な機関・団体組織で設立された「石垣市マンゴー産地協議会」のメンバーら=8日午後、市役所3階会議室専門的な機関・団体組織で設立された「石垣市マンゴー産地協議会」のメンバーら=8日午後、市役所3階会議室
県など6機関1団体で構成
 石垣島産マンゴーのブランド力向上と生産者を網羅した産地形成に向け、石垣市は8日、県や地元のマンゴー研究会など6機関1団体で構成する「石垣市マンゴー産地協議会」(会長・天久朝仁市農政経済課長)を設立した。高品質で安定した生産量を確保することで消費拡大による生産者の経営安定化を図り、将来的には拠点産地認定に結びつける。一方、市内の生産者には研究会や生産部会に所属せず、独自で生産・販売しているケース...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム