八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

八重山更生保護サポートセンターが開所

八重山更生保護サポートセンターの開所式で、テープカットを行う中山義隆市長(左から2人目)ら=25日午後、市健康福祉センター内市社協隣八重山更生保護サポートセンターの開所式で、テープカットを行う中山義隆市長(左から2人目)ら=25日午後、市健康福祉センター内市社協隣
更生保護の充実強化へ
 保護司会が地域の関係機関、団体と連携しながら更生保護や犯罪予防活動を行う八重山更生保護サポートセンター(代表・川満恒徳八重山保護司会長)が25日、石垣市健康福祉センター内(石垣市社会福祉協議会隣)に開所した。県那覇保護観察所管内にある8地区の中で最後の設置となった。同会は、保護司の処遇改善に対する支援や犯罪予防活動などを行う拠点として同センターを生かし、任務の推進と更生保護の充実強化を図ってい...
本文を読む

ごみ処理 手数料改正条例を可決 市議会臨時会

ごみ処理手数料を引き上げる条例の一部改正案について審査報告を行う大石行英委員長(壇上)=25日午前、本会議場ごみ処理手数料を引き上げる条例の一部改正案について審査報告を行う大石行英委員長(壇上)=25日午前、本会議場
指定袋、現行より5円増
 石垣市議会(知念辰憲議長)は25日、臨時会本会義を開き、ごみ処理手数料の引き上げや新庁舎建設用地(国有地)を取得する議案など委員会に付託されていた6件を可決した。ごみ処理手数料の改正条例は賛成多数。引き上げは8月1日から。指定袋は1枚につき大、中、小それぞれで現行より5円アップとなる。市は今後、周知徹底を図る。  ごみ処理手数料の条例を審議した経済民生委員会(大石行英委員長)は▽条例施行直...
本文を読む

市民防災訓練 津波想定し、6999人参加

駆け足で避難する平真小の児童ら=23日午前、石垣市中央運動公園内駆け足で避難する平真小の児童ら=23日午前、石垣市中央運動公園内
スマートフォンで情報収集も
 石垣市の市民防災訓練が23日、市内各地で一斉に行われた。市によると自主防災組織30団体、小中学校16校と11の関係機関が参加。住民6999人が38カ所の避難所に避難し、各自が経路や要した時間を確認した。今回の訓練では情報収集能力を高めるため、消防庁が開発したスマートフォンアプリ「多助(たすけ)」をテスト導入。上空からドローンで撮影した映像による状況確認も行われた。同訓練は市民防災週間(24日~...
本文を読む

明和大津波遭難者慰霊祭 犠牲者の冥福祈り献花

1771年の明和大津波から246年目を迎え、献花で犠牲者の冥福を祈る参列者=24日午後、市内宮良の大津波遭難者慰霊の塔1771年の明和大津波から246年目を迎え、献花で犠牲者の冥福を祈る参列者=24日午後、市内宮良の大津波遭難者慰霊の塔
参列者200人が教訓を確認
 石垣市主催の明和大津波遭難者慰霊祭が24日午後3時から石垣市宮良タフナー原にある大津波遭難者慰霊の塔で行われ、地域住民や行政関係者約200人が参列し、献花するなど犠牲者の冥福を祈った。  明和大津波は1771(明和8)年4月24日午前8時ごろ、石垣島の東南沖約40㌔を震源地とするマグニチュード8クラスの地震により発生。石垣島の東海岸で最大30㍍、宮古島地方にも10㍍以上の津波が押し寄せた。...
本文を読む

授業展開、連携で充実〜竹富小中学校で一貫教育研究実践

小中連携・一貫教育の研究実践に取り組んでいる竹富小中学校。写真は中学校の八幡辰史教諭(右)から理科を教わる小学6年生の藤井可菜美さん=21日午後、同校小中連携・一貫教育の研究実践に取り組んでいる竹富小中学校。写真は中学校の八幡辰史教諭(右)から理科を教わる小学6年生の藤井可菜美さん=21日午後、同校
児童の学び深まる
安定的な教員配置課題
 【竹富】竹富小中学校(島仲信秀校長、児童17人、生徒15人)は本年度、竹富町教育委員会(大田綾子教育長)の研究指定を受け、小中連携・一貫教育の研究実践に取り組んでいる。同校はこれまでにも自主的に小中連携教育を行っており、小学校から中学校へのスムーズな接続を実感。一方、児童生徒数の増減に伴う教員の配置の変動で不安定な学級運営になりやすいことなどが課題。島仲校長は「手探り状態だが、“児童生徒ファー...
本文を読む

与那国町270万円で県内1位 2014年度平均所得

市町村内総生産で前年度増加率が全市町村の中で最も高く、1人当たりの平均所得額が郡内で最も高かった与那国町=3月23日午後、同町祖納市町村内総生産で前年度増加率が全市町村の中で最も高く、1人当たりの平均所得額が郡内で最も高かった与那国町=3月23日午後、同町祖納
陸自駐屯地建設工事で大幅増
 県がことし3月に発表した2014年度の「市町村民所得」によると、本島北、中、南部と那覇、宮古、八重山で分けた地域別1人当たりの平均所得で八重山は前年度から2万8000円(1.3%)増の220万5000円で、那覇の248万5000円に次いで2番目に高い所得となった。市町村別1人当たりの平均所得は、同年度から陸上自衛隊沿岸監視隊の駐屯地建設工事が始まった与那国町が270万2000円で、前年度より1...
本文を読む

計画素案を答申 移住・定住支援協議会

中山義隆市長に移住・定住支援計画素案を答申する本村真会長(左)=21日夕、市長室中山義隆市長に移住・定住支援計画素案を答申する本村真会長(左)=21日夕、市長室
不足分野で担い手確保
 石垣市移住・定住支援協議会(会長・本村真琉球大学教授、20人)は21日、石垣港ターミナルビル会議室で開いた第4回の会議で、向こう5年間の支援計画素案をまとめ、本村会長が中山義隆市長に答申した。人口が減少している地域コミュニティーの維持・存続、人材が不足している分野での担い手確保|の観点から移住・定住支援に取り組む基本方針を盛り込んでいる。市は近く計画を決定、計画に基づく施策を展開していく。 ...
本文を読む

管・電気工事 地元業者の最優先指名を

県発注の公共工事の地元業者最優先指名などを要請した石垣管工事事業協同組合の嵩原督理事長ら=21日県発注の公共工事の地元業者最優先指名などを要請した石垣管工事事業協同組合の嵩原督理事長ら=21日
八重山3団体が要請
県、考慮の考え示す
 【那覇】石垣管工事事業協同組合(嵩原督理事長)、八重山電気工事業協同組合(新城永一郎理事長)、県電気管工事業協会八重山分会(粟盛哲夫分会長)の代表らが21日、県土木建築部(宮城理部長)を訪れ、八重山圏域の公共工事の早期着工、分離・分割発注、地元業者の最優先指名などを要請した。要請団は、沖縄総合事務局開発建設部も訪れた。  嵩原理事長は、建設物価や労務単価の上昇、急激な需要状況の変化により経...
本文を読む

直売・休憩所が完成 船越漁港

船越漁港直売所兼休憩所落成式でテープカットをする関係者ら=20日午後、船越漁港船越漁港直売所兼休憩所落成式でテープカットをする関係者ら=20日午後、船越漁港
新たな観光名所に
「海の駅」で地域活性へ
 石垣市が整備を進めていた伊原間・船越漁港の直売所兼休憩所が完成、落成式が20日午後、行われた。市内の漁港に直売所ができるのは初めて。北部地域の漁業者やプレジャー業者で組織する北部漁友会(丸山秀貴会長、会員14人)が管理運営を行う。北部地区では近年、平久保灯台や玉取崎を訪れる観光客が多くなっていることから、直売所で水産物や水産加工物、地域の特産品を販売、北部の新名所として観光客の取り込みを図る。...
本文を読む

不正薬物など密輸防止を 地区税関

税関の取締強化期間をPRする磯辺敏雄支署長(右)と知念勝政統括監視官(左)税関の取締強化期間をPRする磯辺敏雄支署長(右)と知念勝政統括監視官(左)
空と海で取り締まり強化
 沖縄地区税関石垣税関支署(磯辺敏雄支署長)は20日から5月8日までを「取締強化期間」とし、不正薬物や銃器類、テロ関連物資などの密輸防止に取り組んでいる。海外旅行先で現地の人などから不正薬物の荷物を預かり、知らずに国内に持ち込んでしまうケースが増加していることから、同支署では「ゴールデンウイークに海外旅行の予定者は、不正薬物などの運び屋として利用されないため、現地での荷物は絶対に預からないでほし...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム