八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

市有地取得、市長に調整依頼 石垣陸自

石垣市有地 取得計画範囲石垣市有地 取得計画範囲
防衛局、計画範囲を確定
 石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、防衛省沖縄防衛局は、取得計画範囲が確定したとして市有地の取得に向けた調整を石垣市長に依頼していることが分かった。市が15日、同局の13日付依頼文書をホームページで公表した。中山義隆市長は配備計画に協力する考えを示しており、今後、防衛局側と調整を進め、12月議会にも市有地の処分案を提出する可能性がある。  市有地は12筆合計約22・4㌶。防衛局が...
本文を読む

枝肉最優秀に仲大盛さん JA石垣牛共励会

第28回JA石垣牛肥育部会枝肉共励会で最優秀の仲大盛吉幸さん(中)、優秀の金嶺畜産の金嶺秀良さん(左)、優良のとー家ファーム司の多宇翔司さん=16日午前、八重山食肉センター第28回JA石垣牛肥育部会枝肉共励会で最優秀の仲大盛吉幸さん(中)、優秀の金嶺畜産の金嶺秀良さん(左)、優良のとー家ファーム司の多宇翔司さん=16日午前、八重山食肉センター
15頭出品、上物率93%
 第28回JA石垣牛肥育部会枝肉共励会が16日、八重山食肉センターで行われ、15頭が出品された。4等級以上が14頭で上物率は93%。日本食肉格付協会九州支所の有村修支所長は「前回春(第27回)に劣らず優秀な成績だった」と高く評価した。最優秀賞に仲大盛吉幸さん、優秀賞に金嶺ゆかりさん、優良賞に農業生産法人㈱とー家ファーム司(多宇司代表)の枝肉がそれぞれ選ばれた。  15頭(去勢9頭、雌6頭)は...
本文を読む

陸自配備計画 21日に説明会

防衛局 平得大俣の4地区に通知
住民反発「業務中止が先だ」
 平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、防衛省沖縄防衛局が、開南・於茂登・嵩田・川原の周辺4地区住民に対し、21日に石垣市健康福祉センターで説明会を開催すると通知していたことが分かった。14日付で各戸に「お知らせ」を配布した。来年2月ごろの着工を目指し測量など各種業務を進めている中での説明会に、4地区からは「業務を進めるためのアリバイづくり。説明会を開催するなら、まず業務を止めるべきだ」と反発...
本文を読む

着水型ドローンでサンゴを撮影

㈱Nanseiが開発した着水型ドローン・水上着水機「Aqua」㈱Nanseiが開発した着水型ドローン・水上着水機「Aqua」
海洋環境の調査、保全に
㈱Nanseiが開発
 海岸に近い浅瀬に生息するサンゴ礁の調査や保全に役立てようと、㈱Nansei(砂川哲男代表取締役、本社・那覇市)が開発した着水型ドローン・水上着水機「Aqua」のデモフライトが14日午前、白保海岸域で行われ、市や環境省石垣自然保護官事務所の職員らが立ち合った。  サンゴ礁の画像を三次元で図面化し、サンゴの保全や研究、海岸の工事の際の環境調査などに役立てようというもの。同社がドローン製造大手の...
本文を読む

来月1日から試験運行へ 八重山病院線

来月1日から八重山病院線を運行予定の29人乗りマイクロバス=14日午後、バスターミナル来月1日から八重山病院線を運行予定の29人乗りマイクロバス=14日午後、バスターミナル
東運輸 新規バス路線を申請 
来年2月末までを予定
 ㈱東運輸が新規バス路線として沖縄総合事務局に許認可を申請している八重山病院線(八病線)は、来月1日から試験運行を開始する見通しだ。同事務局への取材で14日までに分かった。試験運行の期間は来年2月末までの3カ月間を予定。同事務局は現在、認可手続きを行っており、早ければ来週にも路線を運行する東運輸に通知する。同社は並行して、新規バス停設置など準備も進めている。石垣市地域公共交通協議会事務局の市商工...
本文を読む

沖夢紫ソフトクリーム開発 地元など3社が連携

ジャージー牛乳と沖夢紫をドッキングさせた新商品のソフトクリームを共同開発したANAFESTA㈱九州沖縄支店、上地ジャージー牧場、八重山南風堂の代表ら=14日午後、八重山毎日新聞社ジャージー牛乳と沖夢紫をドッキングさせた新商品のソフトクリームを共同開発したANAFESTA㈱九州沖縄支店、上地ジャージー牧場、八重山南風堂の代表ら=14日午後、八重山毎日新聞社
島産紅イモと牛乳コラボ 
あすから石垣空港内で販売
 石垣島産紅イモ「沖夢紫」と上地ジャージー牧場(上地猛代表)=新川=のジャージー牛乳を使用したソフトクリームが開発され、「いもの日」の16日、南ぬ島石垣空港内ANAFESTA石垣ゲート店で販売をスタートさせる。県農林水産戦略品目として拠点産地に認定されている沖夢紫がソフトクリームに加工されるのは初めて。牛乳と紅イモを組み合わせた石垣島産100%の新商品に生産農家は「ローカルブランドとして有望では...
本文を読む

ヒアリに目を光らせて 環境省

環境省のヒアリに関する秋季調査を実施する一般財団法人沖縄県環境科学センターの職員=14日朝、石垣港環境省のヒアリに関する秋季調査を実施する一般財団法人沖縄県環境科学センターの職員=14日朝、石垣港
石垣港で秋季調査
集団確認されず
 有毒の特定外来生物「ヒアリ」の侵入を防ぐため、環境省は10月から、全国68港湾でことしのヒアリ秋季確認調査を行っている。このうち石垣市浜崎町の石垣港では14日朝、委託を受けた一般財団法人沖縄県環境科学センターの職員3人が調査した結果、ヒアリの集団は確認されなかった。アリの入ったトラップを持ち帰り、ヒアリの個体が紛れ込んでいないか顕微鏡で確認する。  同日はスナック菓子を餌に使ったトラップを...
本文を読む

陸自配備住民投票 与党の一部も理解

「民意を問うこと」
地域住民との合意形成も
 地方自治法に基づく直接請求に向け、石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)が署名活動を展開している平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例の制定について、配備推進の保守系与党にも意義を認める向きがあることが13日までに分かった。仲間均氏が本紙の取材に「異議はない。民意を問うことは良いことだ」と述べ、条例案が議会に上程された場合の対応について「賛成する」と明言した。平得大俣への配...
本文を読む

トイレ情報の発信を

バリアフリー観光について意見を交わすパネリストら=13日午後、大浜信泉記念館バリアフリー観光について意見を交わすパネリストら=13日午後、大浜信泉記念館
受け入れ対応方法
離島版観光バリアフリー
 高齢者や障がい者らが観光を楽しめるよう受け入れや対応方法のポイントを学ぶ離島版観光バリアフリーセミナー(県主催)が13日、大浜信泉記念館で開催された。講師やパネリストらが関係機関や事業所の情報共有と連携強化の必要性を指摘、NPO法人バリアフリーネットワーク会議代表の親川修氏は「高齢者や障がい者らにとって一番大切な情報はトイレ。トイレを中心としたまちづくりをしないとバリアフリー社会には耐えられな...
本文を読む

エプロンルーフ導入へ 雨よけなど対応

雨天時などに不便を強いている新港地区国際クルーズ船専用バース。市が来年3月末までにエプロンルーフを導入する予定だ=8月16日午前、南ぬ浜町雨天時などに不便を強いている新港地区国際クルーズ船専用バース。市が来年3月末までにエプロンルーフを導入する予定だ=8月16日午前、南ぬ浜町
クルーズ船専用バース 来年3月末までに 市議会臨時会
 新港地区国際クルーズ船専用バースに移動式伸縮通路「エプロンルーフ」を導入するため、石垣市は12日、市議会(平良秀之議長)の臨時会を招集し、財産の取得案を上程した。公共下水道西浄化センターで、し尿の搬入に対応する施設の建設工事委託協定案も提出した。両議案とも建設土木委員会(我喜屋隆次委員長)で審議、可決された。13日の本会議でも同様の結果になる見通し。エプロンルーフについて市は来年3月末までの導...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム