八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

客も店員も大忙し 商戦ピーク、きょう旧盆入り

旧盆用の商品を買い求める地元客らでにぎわった=12日午前、ゆらてぃく市場旧盆用の商品を買い求める地元客らでにぎわった=12日午前、ゆらてぃく市場
 13日(旧暦7月13日)の旧盆(ソーロン)入りを前日に12日、石垣市内のスーパーなどで旧盆商戦のピークを迎え、客も店員も大忙し。店内は仏壇に備える果物や花、菓子などを買い求める客でにぎわった。台風の影響で貨物船が欠航していたが、同日午後には店舗への商品配送が始まった。  このうち、JAファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」(山根聡店長)では、午前中から多くの客が訪れ、供え物用の葉...
本文を読む

女性分団が3年連続優勝 地区消防操法大会

練習の成果を発揮し小型ポンプ操法で優勝した石垣市消防団女性分団=11日午後、市消防本部構内練習の成果を発揮し小型ポンプ操法で優勝した石垣市消防団女性分団=11日午後、市消防本部構内
7分団27人が消防技術競う
 第42回八重山地区消防操法大会(沖縄県消防協会八重山地区支会主催)が11日午後、石垣市消防本部構内で開かれ、消防7分団27人が消防技術を競った。小型ポンプ操法は石垣市消防団女性分団、ポンプ車操法は同中部分団、応用操法は同登野城・真栄里分団がそれぞれ優勝し、10月の県大会へ派遣を決めた。会場には、団員の関係者らも駆けつけ大きな拍手を送った。石垣市消防団は分団名が字・地区名になって初めての大会、竹...
本文を読む

波照間航空路線 21年9月再開目指す

波照間航空路線の早期再開に向け竹富町と包括連携協定を結んだ、佐和田寿代表取締役社長(左から2人目)、持丸幸生執行役員・整備部長(左)=6日午後、竹富町役場町長室波照間航空路線の早期再開に向け竹富町と包括連携協定を結んだ、佐和田寿代表取締役社長(左から2人目)、持丸幸生執行役員・整備部長(左)=6日午後、竹富町役場町長室
竹富町とスカイサンタ協定 不定期チャーター
 運休状態が続く波照間航空路線の早期再開に向け竹富町は6日午後、航空運送事業の準備を進める㈱スカイサンタアビエーション(佐和田寿代表取締役社長、本社・那覇市)と包括的連携に関する協定を締結した。今後は、航空機使用のための許可を取得後、水陸両用機2機を調達し、2021年9月に不定期チャーターで航路再開を目指す。沖縄振興開発公庫や「石垣|波照間航空路復活プロジェクト」に賛同する県内企業から出資を受け...
本文を読む

県平均の2倍以上 八重山地区の脳内出血死亡率

八重山保健所館内の脳内出血死亡率八重山保健所館内の脳内出血死亡率
高血圧の未治療などが要因
 八重山3市町の脳内出血による死亡率が県の2013~17年の調査で男女とも県平均の2倍以上と高く、県内5保健所管内で最も悪くなっていることが5日、分かった。血圧や生活習慣に問題を抱えていることが発症数の増加要因と指摘されており、八重山保健所では生活習慣の改善とともに「健康診断を受け、高血圧などがあれば治療し重症化を防いでほしい」と呼びかけている。  八重山保健所によると、1980年代後半ごろ...
本文を読む

八重山の魅力って何? キャッチフレーズ募集

八重山を表すキャッチフレーズの募集をPRする八重山ビジターズビューローの金城徹専務理事(右)ら=5日午後、同事務所八重山を表すキャッチフレーズの募集をPRする八重山ビジターズビューローの金城徹専務理事(右)ら=5日午後、同事務所
八重山ビジターズビューロー
 一般社団法人八重山ビジターズビューロー(中山義隆会長)は5日午後、同事務所で会見を開き、八重山の魅力や見どころを表したキャッチフレーズを募集すると発表した。今月31日まで。  「住んでよし、訪れてよし」の地域づくりの実現に向け、八重山諸島の来訪者に対して八重山の魅力や見どころをキャッチフレーズとして募集するもの。  ▽海洋▽動植物▽文化・芸能▽食▽島の人々・島々の個性▽風情▽工芸・陶芸...
本文を読む

八重山の新交通利用 サービス実証実験へ

沖縄総合事務局の石谷俊史運輸部長(左から3人目)から交付決定通知書を受け取る琉球銀行の松原知之代表取締役専務ら=1日午前(同事務局提供)沖縄総合事務局の石谷俊史運輸部長(左から3人目)から交付決定通知書を受け取る琉球銀行の松原知之代表取締役専務ら=1日午前(同事務局提供)
沖縄総合事務局が交付決定通知書
 【那覇】石垣市と竹富町の船舶、バス、タクシーを一体的につなぐ新たな交通利用サービスの実証実験を行う「八重山MaaS化事業」の連携体代表者に1日午前、沖縄総合事務局で石谷俊史運輸部長から交付決定通知書が手渡された。  実証実験はことし11月から来年2月までの4カ月間。公共交通の乗車・乗船券を電子チケット化し、スマートフォン決済を可能にすることで、利用者の利便性や公共交通分担率の向上につなげる...
本文を読む

離島のバリアフリー体験 車いすモデル、日置有紀さん

水牛車の出発を楽しみに待つ車いすモデルの日置有紀さん(左)=1日午前、竹富島水牛車の出発を楽しみに待つ車いすモデルの日置有紀さん(左)=1日午前、竹富島
 県は、障がいを持つ人の視点から沖縄の魅力や情報を発信してもらおうと、車いすモデルとして活躍する日置有紀さんを招き、7月31日から8月2日まで県内の観光地を回った。2日、竹富島を訪れた日置さんは、島内のビーチや水牛車を体験し、島の文化・自然に触れた。今回の観光地巡りは、2019年度おきなわ観光バリアフリー推進事業(県主催)の一環。  モデル活動以外に商品プロデュースも手掛ける日置さんは、イン...
本文を読む

命のリレー3000回無事故 海保石垣航空基地 

第十一管区海上保安本部石垣航空基地の平原文基基地長(右)と保安官=1日、南の美ら花ホテルミヤヒラ第十一管区海上保安本部石垣航空基地の平原文基基地長(右)と保安官=1日、南の美ら花ホテルミヤヒラ
関係機関 急患空輸の尽力に感謝
 離島から無事故による緊急患者3000回空輸の功績をたたえ、第十一管区海上保安本部石垣航空基地(平原文基基地長)、県立八重山病院(篠﨑裕子院長)、県立宮古病院(本永英治院長)、石垣市消防本部(大濵安久消防長)への謝恩会(県離島振興協議会主催)が1日午後、市内ホテルで開かれた。県や先島の関係者ら約100人が参加し、これまでの尽力に感謝した。  同基地は1972年3月5日、西表島から1回目の空輸...
本文を読む

竹富島入域料 島内で9月徴収開始へ

竹富島を訪れる観光客。入域料の導入が計画されているが、船会社の合意が得られず、島内で徴収することになっている(資料写真)竹富島を訪れる観光客。入域料の導入が計画されているが、船会社の合意が得られず、島内で徴収することになっている(資料写真)
船会社の合意得られず
 【竹富】地域自然資産法に基づき、竹富島への来島者から任意の協力金300円を徴収する「入域料」をめぐり、竹富町は、徴収業務の委託先とする船舶会社と調整を重ねてきたが、最終的な合意を得られなかったことが30日までに分かった。これを受け、島内で徴収する方法に方針転換し、9月1日から開始する予定だ。8月中に開催する竹富島地域資産協議会で徴収方法を決める。  入域料導入は2018年5月、島の自然環境...
本文を読む

竹富町 全国初の実施に協力を

町が観光事業者を対象に開いた地域自然資産法の事業実施に向けた説明会=23日、竹富島まちなみ館町が観光事業者を対象に開いた地域自然資産法の事業実施に向けた説明会=23日、竹富島まちなみ館
入域料の徴収方法 観光業者と意見交換
 【竹富】竹富町政策推進課(小濱啓由課長)は23日夜、観光事業者を対象に地域自然資産法の事業実施に向けた説明会を竹富島まちなみ館で開き、入域料の徴収方法などについて意見交換した。観光事業に携わる関係者約50人が参加した。  町は昨年5月、竹富公民館の要請を受け、竹富島地域自然資産地域計画案を策定。これに基づき、島内入域料の徴収を目指している。公民館は5月末、町の事業委託先として竹富島地域自然...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム