八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「災害・事件・事故」の検索結果は以下のとおりです。

与那国島で記録的大雨 3時間276.5㍉、観測史上最大

祖納を通る県道約200㍍にわたって冠水、川と化した=13日午前10時すぎ祖納を通る県道約200㍍にわたって冠水、川と化した=13日午前10時すぎ
全世帯に避難勧告、けが人なし
 与那国島地方は13日、東シナ海に発生した前線の影響で湿った空気が流れ込んで雨雲が発達、記録的な大雨に見舞われた。与那国空港では午前9時10分までの3時間に276・5㍉、同10時10分までの6時間に393・5㍉の雨が降り、いずれも観測史上最大となった。町役場によると、同日午後6時半現在、9軒で床上浸水、18軒で床下浸水が確認された。ケガ人はいない。島内の至るところで道路が冠水、通行止めが相次いだ...
本文を読む

人、道路慣れ対策討論 シンポで事故防止考える

イリオモテヤマネコ保護に求められることを討論するパネリストら=14日夜、離島総合振興センターイリオモテヤマネコ保護に求められることを討論するパネリストら=14日夜、離島総合振興センター
イリオモテヤマネコの日 町条例でルール構築へ
 【西表】4月15日の「イリオモテヤマネコの日」を記念したシンポジウム(竹富町、JTEF西表島支部やまねこパトロール共催)が14、15日に西表島で開かれ、これまでのヤマネコ交通事故対策を振り返るとともに、今後の保護活動で求められることについて考えた。パネルディスカッションで、道路飛び出し防止柵などのハード面やドライバーに事故防止の普及啓発をするソフト面強化のほか、ヤマネコの人・道路慣れについて討...
本文を読む

12件発生し6人死亡 18年水難事故

八重山地区の水難事故態様八重山地区の水難事故態様
救命胴衣未着用が7件
 2018年中の八重山圏域における水難事故発生件数は12件(前年対比6件減)で、このうち6人(同2人減)が亡くなっていることが2月28日、開かれた八重山地区水難事故防止推進協議会総会で報告された。事故のうちシュノーケルや遊泳中のライフジャケット(救命胴衣)未着用が7件と多く、同会は着用率の低さを「喫緊の課題」と位置づけた。このほか、事故の特徴として観光客によるプライベートビーチ(穴場ビーチ)の利...
本文を読む

市内火災 2週間に3件

何らかの原因で燃えたごみ。石垣市消防本部が消し止めた=2日夜、舟蔵公園何らかの原因で燃えたごみ。石垣市消防本部が消し止めた=2日夜、舟蔵公園
原因不明 市消防「火の取り扱い注意を」
 石垣市内で1月20日から2月2日までに3件の火災が立て続けに発生した。いずれも4日現在、出火原因は不明。石垣市消防本部は「空気が乾燥する時期なので、火の取り扱いには細心の注意を。ストーブやコンロ、たばこの消し忘れがないよう心掛けて」と呼びかけている。  1月20日午後7時15分ごろ、新川の唐真商店近くで市内の男性が倉庫として所有するプレハブ小屋が全焼した。同本部によると、小屋に電気は通って...
本文を読む

4被告全員に有罪判決 那覇地裁

「強い意志の犯行」と認定
市長職務強要事件
 【那覇】伊原間地区でのゴルフ場建設計画をめぐり、市有地の貸し付けなどを求めて中山義隆石垣市長を脅迫したとして職務強要の罪に問われた前市議の今村重治と伊良皆高信ら4被告の判決公判が28日、那覇地方裁判所であり、柴田寿宏裁判長は全被告に執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。被告側代理人の一人は、控訴するかどうかは今後協議して決めるとした。  柴田裁判長は「市長に対して3カ月以上にわたり、ゴルフ場...
本文を読む

カンムリワシ事故懸念 ドライバーに注意喚起

34350.png
石垣・西表 秋から春に多発傾向 ことし10件の事故死
 例年、秋から春にかけ、カンムリワシの交通事故が多発する傾向にあることから、環境省那覇自然環境事務所は、ドライバーに注意を呼び掛けている。交通事故とみられる救護・事故死の個体回収がことし10月18日現在、石垣島で5件(うち事故死5件)、西表島で6件(同5件)と多発していることから、さらなる輪禍を懸念している。  カンムリワシは秋から春にかけ、幼鳥の独立期、成鳥の交尾・造巣期を迎えるため、道路...
本文を読む

八重山署管内 人身事故が増加傾向 9月末で69件の発生 

幹線道路を走行していた軽自動車と農道から出てきた大型トラックとの衝突事故。ことしは幹線道路での事故が増えている=9月5日午後、石垣市浄水場北方の県道87号幹線道路を走行していた軽自動車と農道から出てきた大型トラックとの衝突事故。ことしは幹線道路での事故が増えている=9月5日午後、石垣市浄水場北方の県道87号
対前年同期比で7件増 交差点での衝突44件 左右の安全確認の徹底を
 八重山署管内の人身事故件数は過去4年間、減少傾向にあったが、ことしは9月30日現在、69件(速報値)と前年同期を7件も上回っている。観光トップシーズンの7月以降に事故が多発、増加傾向に転じた。63%に当たる44件が交差点での事故。幹線道路に交差する場所での、一時不停止や安全不確認による出合い頭の事故が多い。同署交通課は「幹線道路はスピード超過で走る車が多く、衝突は重傷事故につながりかねない。確...
本文を読む

「子ども110番の家」296カ所に 3事業所に委嘱状交付

「子ども110番の家」の委嘱を受けた、右列手前から米盛建材㈲の赤嶺幸一工場長、喫茶店「人魚の里」の東内原夫婦、「石垣島海のもの山のもの」の曽我潮丸代表=27日午後、星野公民館「子ども110番の家」の委嘱を受けた、右列手前から米盛建材㈲の赤嶺幸一工場長、喫茶店「人魚の里」の東内原夫婦、「石垣島海のもの山のもの」の曽我潮丸代表=27日午後、星野公民館
八重山署
 八重山署(与那嶺一文署長)は27日、石垣市桃里の3事業所へ、声掛け事案発生時などに子どもが緊急避難できる「子ども110番の家」を新たに委嘱した。同家は管内296カ所、伊原間駐在所管内(伊原間、桃里、野底、平久保)では8カ所目となる。  同日午後、同署生活安全課の比嘉義泰課長らが星野公民館を訪ね、米盛建材㈲(米盛博和代表)、喫茶店「人魚の里」(東内原稔代表)、農業組合法人「石垣島海のもの山の...
本文を読む

県道沿い斜面で崩落 人的被害の報告なし

大雨の影響で、西表島古見—美原区間の県道215号線ガードレール外側の斜面が崩落した(竹富町防災危機管理課提供)=18日午前大雨の影響で、西表島古見—美原区間の県道215号線ガードレール外側の斜面が崩落した(竹富町防災危機管理課提供)=18日午前
西表島
 15日から降り続く雨の影響で18日、竹富町西表島古見—美原の県道215号線沿い斜面で崩落が発生した。崩落による人的被害は報告されていない。石垣島地方では南からの湿った空気の影響で、16日午前10時9分に大雨警報が発令され、土砂災害などへの警戒を呼びかけていた。  町防災危機管理課によると18日午前11時ごろ、「美原方面に向かう県道215号線ガードレール外側の斜面が崩れている」と地元消防団か...
本文を読む

7月から交通事故が急増 八重山署管内

交通事故で大きく損傷した車両=6月19日、新川交通事故で大きく損傷した車両=6月19日、新川
帰宅時間帯事故が多発 65%が交差点で発生
夏休み、安全確認の徹底を
 7月に入り13件の人身事故が発生するなど、八重山管内の交通事故が急増中だ。人身事故は直近4年間は減少傾向にあったが、同署がまとめた今年8月3日時点の発生件数(速報値)は50件と、前年同期を4件上回った。午後4時から7時にかけての帰宅時間帯の事故が多く、65%が交差点で発生している。例年夏場に交通事故が増えることから同署は「交差点での一時停止、徐行、安全確認の徹底を。制限速度を守り、無理な追い越...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム