八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「芸能・文化」の検索結果は以下のとおりです。

豊年祭オンプールは8月4日 新川字会総会

祝賀会であいさつをする新役員ら=15日午後、新川公民館祝賀会であいさつをする新役員ら=15日午後、新川公民館
新会長に入嵩西さん選出
 新川字会(黒島健会長)は15日、2017年度の通常総会・新年祝賀会を新川公民館で開き、ことしの豊年祭の日程を8月4日(金)にオンプール、5日(土)にムラプールと決めた。役員改選では入嵩西純氏を会長に選任した。任期は2年。  17年度の活動計画では、台風被害や老朽化に伴い損傷が激しい真乙姥御嶽拝殿の改築を建設期成会(入嵩西正治会長)を中心に進めることなどを盛り込んだ。  総会では、25年...
本文を読む

各地域の芸能継承を 後継者の育成で座談会

研究者と実演家らが意見を交わした「八重山芸能後継者を育成する上での諸課題」の座談会=25日午後、石垣市老人福祉センター集会室研究者と実演家らが意見を交わした「八重山芸能後継者を育成する上での諸課題」の座談会=25日午後、石垣市老人福祉センター集会室
 八重山芸能の後継者を育てる上での諸問題を考える「公開座談会」(白保企画主催)が25日午後、石垣市老人福祉センターで開かれた。琉球大学の大城學教授を座長に八重山芸能史研究家の大田静男氏、沖縄県立芸術大学名誉教授の波照間永吉氏、沖縄国際大学教授の狩俣恵一氏の4人の研究者と、県指定無形文化財八重山古典民謡技能保持者の糸洌長章氏、同八重山伝統舞踊技能保持者の與那國久枝氏の2人の実演家が八重山芸能の本質...
本文を読む

琉球舞踊などを熱演 野村流支部唄と踊りの夕べ

三線や箏、踊りが披露された琉球古典音楽野村流保存会八重山支部の「野村流 唄と踊りの夕べ」=3日夜、竹富島まちなみ館三線や箏、踊りが披露された琉球古典音楽野村流保存会八重山支部の「野村流 唄と踊りの夕べ」=3日夜、竹富島まちなみ館
 【竹富】「野村流 唄と踊りの夕べ」(琉球古典音楽野村流保存会八重山支部主催)が3日夜、竹富島まちなみ館で開かれ、総勢40人余りが三線や箏、太鼓、笛に琉球舞踊を熱演した。会場には住民や観光客ら約130人が詰めかけ、盛んな拍手を送った。  同支部はこれまで石垣市内で地域公演を催してきたが離島の公演は今回が初めて。高嶺方祐支部長は「初の離島公演は私の生まれ島『竹富島』で開催することになりました。...
本文を読む

島人観光秋ツアー開始 八商工商業科の生徒企画

少人数で川平の集落を回る秋ツアーに参加する人たち=10日午前、高嶺酒造所少人数で川平の集落を回る秋ツアーに参加する人たち=10日午前、高嶺酒造所
10年目迎え市民から大好評
 八重山商工高校商業科観光コース(17人)は、ことしで10年目を迎えた市民向けの「島人観光ツアー」を、7月の夏ツアーに続き秋、冬の各シーズンで実施することにしており、10日から秋ツアーを開始した。「のんびり歩くことで普段は気づかないところにも気づくことができるのではないか」と地域を散策しながら見どころや観光地を巡る企画。生徒たちは「観光スポットだけでなく、周辺の街並みも知ってもらいたい」と意気込...
本文を読む

西表青年会創立95周年 祝賀会で多彩な芸能発表

西表青年会の創立95周年記念芸能発表会で踊りを披露する会員ら=11月23日、祖納公民館西表青年会の創立95周年記念芸能発表会で踊りを披露する会員ら=11月23日、祖納公民館
   【西表】西表青年会(星光会長)の創立95周年の節目を祝う記念式典・祝賀会、芸能発表会が11月23日、祖納公民館で行われた。芸能発表会は役員ら9人による「慶来慶田城七つ星古典太鼓」で華やかに座開き。会員らが「干立口説」「下原節」「まるま盆山」「干立村節」「西表口説」と祖納・干立集落の舞踊の演目を次々と披露。「五福の舞」は踊り手5人の所作が美しく、大きな拍手が送られた。  「...
本文を読む

地域性豊かに芸能披露 八老連、多彩な演目で発表会

14演目が発表された第38回老人芸能大会。白保老人クラブは日舞「出世街道」を演じる=27日午後、市民会館大ホール14演目が発表された第38回老人芸能大会。白保老人クラブは日舞「出世街道」を演じる=27日午後、市民会館大ホール
 健康で活力ある長寿社会づくりに寄与することを目的に八重山地区老人クラブ連合会(東田盛正会長)の第38回老人芸能大会が27日午後、石垣市民会館大ホールで行われ、3市町の老人クラブから総勢125人が地域性豊かな郷土芸能や趣向を凝らした演芸を発表した。会場いっぱいに詰めかけた観客から惜しみない拍手が送られた。(3面に写真特集)  老人クラブの歌を来場者全員で斉唱した後、八老連、祖納、宮良、黒島、...
本文を読む

創立20周年の節目祝う 歴代役員らに感謝状贈呈

登野城獅子保存会の創立20周年記念祝賀会で座開きを披露する役員ら。両端には獅子も飾られた=27日午前、ホテル日航八重山登野城獅子保存会の創立20周年記念祝賀会で座開きを披露する役員ら。両端には獅子も飾られた=27日午前、ホテル日航八重山
 登野城(とぅぬすく)獅子保存会(黒島弘会長)の創立20周年を祝う記念式典が27日、石垣市内のホテルで盛大に開かれ、同会の指導などに携わってきた歴代役員らに感謝状が贈られた。関係者ら約90人が参加し、節目を喜びながら集落と同会の発展を願った。同会は、1996年に結成。地域の結願祭や豊年祭だけでなく、全島獅子舞フェスティバル、国立劇場おきなわ公演、石垣島まつりへの出演など幅広く活動している。現在は...
本文を読む

竹富小中、児童生徒ら狂言初体験 文化庁の育成事業

狂言「茸(くさびら)」で自作の面とかさに身を包んで出演し、キノコ役を堂々と演じる竹富小中学校の児童生徒たち=22日午後、同校体育館狂言「茸(くさびら)」で自作の面とかさに身を包んで出演し、キノコ役を堂々と演じる竹富小中学校の児童生徒たち=22日午後、同校体育館
キノコ役を熱演し拍手喝采
 【竹富】竹富小中学校(島仲信秀校長、児童生徒38人)の児童生徒13人と教員1人の計14人が22日、同校体育館で行われた三宅狂言会=東京都=の「茸(くさびら)」にキノコ役で出演、狂言を体験した。文化庁の「文化芸術による子供の育成事業」の一環で、日本伝統芸能を守る会(中坪眞代表取締役)が実施。事前のワークショップで狂言師から指導を受けて本番に。装束と自作の面(おもて)、かさを身に着けた児童生徒たち...
本文を読む

小浜島で盛大に結願祭

小浜島の結願祭で、演者たちを引き連れて登場した北集落のミルク=14日午前、嘉保根御嶽小浜島の結願祭で、演者たちを引き連れて登場した北集落のミルク=14日午前、嘉保根御嶽
島の多彩な伝統芸能奉納
 【小浜】国の重要無形民俗文化財に指定されている小浜島の結願祭が14日、嘉保根御嶽で行われ、北集落のミルク、南集落の福禄寿をはじめ、両集落が太鼓や獅子、棒術、狂言など多彩な伝統芸能を交互に奉納した。会場には地域住民や郷友、観光客など多数が訪れ、島の一大行事を堪能した。結願祭はことしの豊作に感謝し、来年の五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統行事。2007年にソーラ(旧盆)、種子取祭も含めて「小浜島の芸...
本文を読む

祖納・干立 古式ゆかしく節祭 厳かにアンガー行列

国の重要無形民俗文化財に指定されている「節祭」。祖納で厳かに奉納されたアンガー行列。海上には「まるま盆山」も見える=14日午後、祖納の前泊海岸国の重要無形民俗文化財に指定されている「節祭」。祖納で厳かに奉納されたアンガー行列。海上には「まるま盆山」も見える=14日午後、祖納の前泊海岸
国指定の重文 ひょうきんな「オホホ」も登場
 【西表】国の重要無形民俗文化財に指定されている祖納と干立の「節祭」(シチ)が14日、両集落で行われた。これまで1年間の豊作に対する感謝と翌年の五穀豊穣(ほうじょう)、住民、集落の繁栄を祈願する西表で最大の祭事で500年以上の歴史があるとされている。ことしは、1991年に同文化財指定を受けてから25周年の節目となった。両集落とも住民総出で独特な芸能を次々と奉納した。会場には大勢の観光客らが訪れ、...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム