八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「芸能・文化」の検索結果は以下のとおりです。

「母の日」多彩な舞踊楽しむ

出演者がモーヤーで会場を盛り上げた=13日午後、石垣市民会館大ホール出演者がモーヤーで会場を盛り上げた=13日午後、石垣市民会館大ホール
郷土芸能の夕べが特別公演
 「母の日」の13日、各地で母親に感謝するイベントがあり、石垣市民会館大ホールでは、郷土芸能の夕べ「母の日特別公演」(郷土芸能の夕べ運営委員会主催)が開かれた。13舞踊研究所から約100人の踊り手が出演し、八重山舞踊や琉球舞踊を披露。会場に詰めかけた「お母さん」たちを楽しませた。   幕開けは、光扇会大浜治子八重山民俗舞踊研究所による「鷲ぬ鳥節」。第1部は、「真南風乙節・とーすぃ」(八重山舞...
本文を読む

真乙姥嶽の新拝殿未来へ

大勢の市民らが詰めかけ関心の高さをうかがわせた講演会=12日夕、新川公民館大勢の市民らが詰めかけ関心の高さをうかがわせた講演会=12日夕、新川公民館
住民ら祭祀や歴史学ぶ 100年以上使用可
2氏の講演と座談会に150人参加
 新川にある真乙姥嶽の拝殿建て替え事業を進める真乙姥嶽拝殿新築事業期成会(入嵩西正治会長)は12日夜、新川公民館で「真乙姥嶽の歴史と四箇字豊年祭」~未来へつなげる百年新拝殿にむけて~をテーマに講演会を開いた。建て替えを機に御嶽や豊年祭に関して多くの質問が寄せられていることから、祭祀(さいし)や歴史に詳しい石垣博孝氏(81)が、御嶽の歴史や時代背景について講話したほか、新拝殿の設計にあたった新川出...
本文を読む

造形美を熱心に鑑賞 八重山盆栽展

第33回八重山盆栽展が開幕。初日は作品の講評も行われた=12日午前、石垣市民会館展示ホール第33回八重山盆栽展が開幕。初日は作品の講評も行われた=12日午前、石垣市民会館展示ホール
8種類24点を展示
「ミニ園芸講習会」も初開催
 第33回八重山盆栽展(主催・日本盆栽協会八重山支部、八重山毎日新聞社)が12日から2日間、石垣市民会館展示ホールで開かれている。会場には、会員が丹精込めて育てたハマシタンやアデクなど8種類24点を展示。自然の風景を切り取り、植木鉢の中で作り出された雄大な造形美を一目見ようと、初日から多くの人が訪れた。  オープニングセレモニーの主催者あいさつで本社の黒島安隆社長は「盆栽は日本独特の芸術文化...
本文を読む

円熟のコーラスで魅了 ボニージャックス

結成60周年を記念した沖縄コンサートで円熟した歌声を披露するコーラスグループ「ボニージャックス」=11日夜、市民会館大ホール結成60周年を記念した沖縄コンサートで円熟した歌声を披露するコーラスグループ「ボニージャックス」=11日夜、市民会館大ホール
結成60周年コンサート
円熟の歌声で会場を包む
 日本を代表するコーラスグループ「ボニージャックス(BONNY JACKS)」の結成60周年記念沖縄コンサート(石垣市公演実行委員会主催)が11日夜、石垣市民会館大ホールであり、懐かしい昭和の歌謡曲と円熟した歌声が会場を包んだ。  メンバーの玉田元康、鹿島武臣、西脇久夫、吉田秀行さんの4人は、代表曲の童謡「ちいさい秋みつけた」など19曲を披露。曲の合間には冗談を交えたトークで観客の笑いを誘っ...
本文を読む

平良さんのハマシタンが金賞

第33回八重山盆栽展に出展された作品。新城弘志顧問(左)と黒島安隆社長が審査する=11日午後、石垣市民会館展示ホール第33回八重山盆栽展に出展された作品。新城弘志顧問(左)と黒島安隆社長が審査する=11日午後、石垣市民会館展示ホール
八重山盆栽展、19点から選出
市民会館展示ホールで13日まで
 第33回八重山盆栽展(日本盆栽協会八重山支部、八重山毎日新聞社主催)の審査が11日午後、石垣市民会館展示ホールで行われ、対象作品19点の中から平良和男さんのハマシタンが金賞に選ばれた。同展は12日から2日間。  同展は、同支部(東大浜賢哲支部長)の会員が丹精込めて育てた作品を展示し、市民の盆栽への関心を高めることを目的に毎年開催。ことしはハマシタンやアデク、ガジュマルなど、特別出展を含め計...
本文を読む

荒天に負けず音楽祭 鳩間島音楽祭

悪天候の中、第21回鳩間島音楽祭に集まった人たち。ゆったりと舞台の音楽を楽しんだ=3日午後、鳩間島公民館前野外ステージ悪天候の中、第21回鳩間島音楽祭に集まった人たち。ゆったりと舞台の音楽を楽しんだ=3日午後、鳩間島公民館前野外ステージ
来場者200人、多彩な演目楽しむ
 【鳩間】第21回鳩間島音楽祭(同実行委員会主催)が3日午前、公民館前野外ステージで開かれ、住民や出身者、鳩間小中学校の児童生徒ら9組が出演した。悪天候で同島へのフェリーが欠航になっため、この日来島する予定だった参加者は西表島上原港から小型船で荒波を乗り越え鳩間島へ。来場者は約200人と例年と比べて少なかったが、ゆったりと語り合いながら数々の歌を楽しんだ。(12面に写真特集)  到着の遅れる...
本文を読む

郷土芸能の夕べ子どもの日芸能公演

子どもだけの芸能公演に臨み、日頃の練習の成果を示した光扇会・田場絹枝舞踊道場=29日午後、市民会館中ホール子どもだけの芸能公演に臨み、日頃の練習の成果を示した光扇会・田場絹枝舞踊道場=29日午後、市民会館中ホール
元気いっぱいに芸能披露
子どもら160人が24演目
 5月5日の「こどもの日」を前に、子どもだけで八重山芸能の舞台に臨む「郷土芸能の夕べ子どもの日芸能公演」(同運営委員会主催)が29日午後、石垣市民会館中ホールで2部構成で開かれ、八重山の小中学生160人余が「鳩間節」「こっこーまめどれー」など計24演目で日頃の練習の成果を示した。  同公演は八重山芸能のすそ野を広げ、後継者育成につなげることを目的とした恒例イベント。  舞台は八重山古典民...
本文を読む

春の叙勲 八重山から3氏が受章

左より前泊英光氏、茅原南龍氏、松川秀盛氏左より前泊英光氏、茅原南龍氏、松川秀盛氏
松川秀盛氏 茅原善元(南龍)氏 前泊英光氏
 内閣府は29日付で、2018年春の叙勲受章者を発表した。八重山関係者では元石垣市議会議員の松川秀盛氏(70)=石垣市字石垣=が地方自治功労で旭日小綬章、元県書道美術振興会理事長の茅原南龍氏(79)=糸満市、石垣市字新川出身=が地方文化功労で旭日双光章、元県警生活安全部長の前泊英光氏(77)=宜野湾市、石垣市平得出身)が警察功労で瑞宝小綬章を受けた。   ■旭日小綬章 地方自治...
本文を読む

大型連休スタート 多くの観光客が続々来島

ゴールデンウイーク初日、南ぬ島石垣空港に到着した家族連れ=28日午後、同空港ゴールデンウイーク初日、南ぬ島石垣空港に到着した家族連れ=28日午後、同空港
 5月6日までで最大9連休となることしのゴールデンウイークが始まった28日。南ぬ島石垣空港には、多くの観光客が胸を弾ませ降り立った。市内のホテルでは満室が相次いでおり、期間中、観光名所や離島は家族連れや観光客でにぎわうとみられる。初日は好天に恵まれ、行楽地には観光客や地元客らが繰り出した。気象庁の週間天気予報によると、向こう一週間の始めと終わりは、高気圧に覆われておおむね晴れる見込み。  石...
本文を読む

盛大にアカハチ祭り 600人来場、勇壮な棒術披露

たいまつが照らす特設ステージで、堂々と棒術を披露する子どもたち=28日夕、崎原公園たいまつが照らす特設ステージで、堂々と棒術を披露する子どもたち=28日夕、崎原公園
大浜公民館
 大浜村の英雄・オヤケアカハチの勇敢な精神を後世に伝えるとともに、地域活性化を図ろうと大浜公民館(大濵俊士館長)主催の第16回アカハチ祭りが28日夕、崎原公園で開かれた。地域住民ら約600人が地元の英傑の遺徳をしのび、伝統棒術などの多彩なプログラムを思い思いに楽しんだ。  同祭りは2000年にアカハチ銅像が建立されたのを機に、02年から毎年開催。今回は棒術の人材育成を目的に、子どもたちに豊年...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム