八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

今年に入って飼い犬が次々死んでしまった。…

 今年に入って飼い犬が次々死んでしまった。10余年の付き合いで最期は家族で見守ることが出来た▼火葬場の車が来る前に、硬直した犬の死骸を庭の草花で覆っていた娘が「十分構ってやれなかったけど2頭とも我が家の飼い犬でよかったのかな」とポツリ「餌を忘れたり、散歩に連れて行けない日も多かったのに、顔合わせると甘え尾を振り続けたけなげさは、飼育責任者のお父さんに似ていたね」と話は思わぬ方へ▼「そういえばお父...
本文を読む

「沈黙の時代」「証言の時代」「風化の時代」

 「沈黙の時代」「証言の時代」「風化の時代」▼第2回潮平正道デッサン展を取材した際、主催する団体の一つ、八重山戦争マラリアを語り継ぐ会会長の玉城功一さん(81)が語ってくれた、戦争体験の継承をめぐるキーワードだ▼沈黙の時代は、戦後から復帰までの間を指す。いとしい家族をマラリアその他で失った遺族にとって、その体験は思い出したくないもの。記憶の底にとどめたい。だから沈黙する。その後もつらい過去を一人...
本文を読む

夏の甲子園出場をかけ熱戦が展開されている…

 夏の甲子園出場をかけ熱戦が展開されている第101回全国高等学校野球選手権沖縄大会は2回戦が終わり、ベスト16が出そろった▼八重山勢は、八重山農林高校との地元対決を制した八重山高校が、2回戦で豊見城高校に逆転勝ちし、16強に駒を進めている▼しかし、今回の八重高は雨にたたられ、ここまで苦難の日程だった。初戦が雨天で2日間中止され翌週に延期。さらに、7日の豊見城戦はリードしながら七回途中の降雨で、中...
本文を読む

梅雨が明け、陽の光がさんさんと照りつける。…

 梅雨が明け、陽の光がさんさんと照りつける。夏に向けて日増しに暑さが本格的になる小暑も過ぎ、連日の酷暑をみると八重山はまさに夏本番である▼今年も自然豊かな美しいコバルトブルーの海を求めて、国内外から多くの観光客が八重山を訪れている。休暇を利用して、家族らとリフレッシュする楽しい旅行の陰で心配されるのが水難事故である▼八重山では今年に入り、マリンレジャーによる死亡者が5人(6月30日現在)となり、...
本文を読む

7月に入ったとたん…

 7月に入ったとたん九州南部を中心に記録的豪雨が降り、100万人を超える避難指示が出る暴れ梅雨となった。そのニュースで目を引いた地名が鹿児島は薩摩川内市の八重山。薩摩に八重山とは、と気になった方もあるのではないか▼さっそく検索してみた。八重山は標高676mの山。「やえやま」と読む。急こう配が少なく手軽に登れるファミリー登山向きで、鹿児島を代表する人気の山▼他にもあった。宮崎県美郷町の八重山は、「...
本文を読む

評判の診療所があると聞いて、行ってきた。

 評判の診療所があると聞いて、行ってきた。ここ2年ほど続く肩の痛みを治したかった。「中医」と呼ばれる伝統的な医療サービスを提供するクリニックのひとつ。「五十肩を治したい」と説明し、針治療を希望した▼担当医は私の左肩を押したりしてから「骨がずれている」との結論を下し、まず、左腕を何度か思い切り引っ張った。五十肩の痛みを誘発することはなく、1分かそこらで終了。よくは分からないが、ずれが元の位置に戻っ...
本文を読む

たまたま聴いていたラジオ番組が、ヒントを…

 たまたま聴いていたラジオ番組が、ヒントをもとにイエスかノーかで答えられるような質問を続け、解答を導き出すというクイズをやっていた。早速子どもを誘ってみたが、意外とおもしろい。でも難しい。質問力と記憶力が問われる遊びである▼試しにどうだろう。おつきあいを。では、筆者が思い浮かべていることを当ててください。質問どうぞ▼「それは物ですか」。いいえ。「人ですか」。イエスだけど、何かをする人。「何を」。...
本文を読む

九州南部で猛烈な雨が振り続き…

 九州南部で猛烈な雨が振り続き、降り始めからの雨量が1000㍉を超えた。総雨量が昨年の西日本豪雨を越える可能性もあり、気象庁が緊急会見で住民に「命を守る早めの避難」を呼び掛ける事態となっている▼豪雨被害は県内でも去る5月に与那国島で記録的な集中豪雨が発生、祖納集落などで冠水し、家屋の浸水が発生するなど住民生活に大きな影響を及ぼした▼先月26日には沖縄本島中南部でも非常に激しい雨が降った。石垣市内...
本文を読む

注目された6月定例石垣市議会における与野党…

 注目された6月定例石垣市議会における与野党の論戦を、主権在民の主役である石垣市民はどのように評価するのだろう▼平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例案の採決はどうか。配備推進派からすれば「これで良いのだ」と評価、反対派は「否決には納得いかない」ということになろうか。配備の是非を問う市民の明確な意思表示は議会によって奪われてしまった▼議会の一般質問の中で、住民投票を求めた1万40...
本文を読む

何たる言いぐさだろう。普天間飛行場を

 何たる言いぐさだろう。普天間飛行場をめぐるトランプ大統領発言である。「世界で最も危険な基地」普天間返還について、米国からの土地収奪とみなし日本に金銭的補償を求める考えという。そもそも普天間飛行場は戦中、住民が避難、収容されている間に、米軍が土地を強制接収して造った▼大統領発言は、日米安保体制をてこに通商交渉を優位に運ぼうという「トランプ流交渉術」との観測がある一方で、安保条約の片務性に不満と伝...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム