八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

与那国島にある唯一の特別養護老人ホーム

 与那国島にある唯一の特別養護老人ホーム「月桃の里」が、入所者の減少と介護保険報酬のマイナス改定の影響で経営の危機に立たされている▼特養は、自宅での介護が困難なお年寄りらを入居対象とする、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的施設。民間の老人ホームと比べて低料金だ▼市町村にとってなくてはならない施設だからこそ、外間守吉町長も3月定例町議会で「必要不可欠の施設」との認識を示した▼月桃の里を運営する...
本文を読む

今月9日の韓国大統領選で9年ぶりに政権を奪還した…

 今月9日の韓国大統領選で9年ぶりに政権を奪還した革新系の文在寅(ムンジェイン)氏は勝利宣言でこう語った▼「明日から私は国民みんなの大統領になります。私を支持しなかった人たちにも仕える統合大統領になります。正義が直ちに通じ、原則を守り、常識が常識として通じる国らしい国を必ずつくります」と▼しかしそれは言うは易しで現実は容易でない。一方でそれは誰もが望むリーダー像、国家像であり、ぜひそうあるべきだ...
本文を読む

パインアップルの新品種「サンドルチェ」が…

 パインアップルの新品種「サンドルチェ」が去る3月17日に商標登録されたという▼名称はSun(太陽:英語)とDolce(甘い、甘美な:イタリア語)を組み合わせた造語。糖度が19度以上と、従来品種の15度前後より大幅に高く、収穫期も5~10月と長いのが特徴▼パインアップルはマンゴーと並び県を代表する夏の味覚。ボゴールやソフトタッチ、大玉で高級パインとして流通するゴールドバレル。そして、6~7月に食...
本文を読む

世界的にみてもすごい発見と言わざるを得ない…

 世界的にみてもすごい発見と言わざるを得ない。南ぬ島石垣空港の敷地内にある白保竿根田原洞窟遺跡から出土した人骨群が、人の手によって埋葬された国内初確認の旧石器時代の墓地だったことが分かった▼発見された人骨の一つ「白保4号人骨」は、想像もつかないはるか約2万7千年前の国内最古の全身骨格であり、那覇市の「港川人骨」(2万2千年前)の記録を塗り替えた▼4号人骨は、推定身長165・2㌢の成人男性だった。...
本文を読む

独りぼっちは、宗派や寺に属さない「独り法

 独りぼっちは、宗派や寺に属さない「独り法師」に由来する。転じて現代では一人寂しい男性を「ぼっち」という。飲食店に行くことを「ぼっち飯」や「ぼっち飲み」などとからかう。これが女性だと「おひとりさま」と呼ばれる。社会学者・上野千鶴子女史の一連の著作による▼男性4人に1人、女性7人に1人が50歳まで一度も結婚しない「生涯未婚」だそうだ。沖縄県は男性26.2%で全国一、女性も16.3%で全国5位と▼人...
本文を読む

白い小さなチョウが川辺に集まっている…

 白い小さなチョウが川辺に集まっている光景を見ていて、こちらまで自然と一体になったような気分になれた。ときどき何頭かがひらひらと舞い飛んだりする▼旧知のチョウ愛好家が知人と来台し、一緒に山に入った。カルミモンシロチョウという、日本では迷チョウ扱いのこの生き物に出合ったのは日本人にもよく知られた観光ポイントの近く ▼ 梅雨時だったこともあり、愛用のカメラは置いていった。ダメ元でスマートフォンのカ...
本文を読む

梅雨の最中。成長を競っている草木。…

 梅雨の最中。成長を競っている草木。空港入り口から大浜までの国道ヤラブ並木の側枝新芽は先月摘んだばかり。なのに早くも新たな芽が出始めているので有志が見回り、次回日程を見計らう▼その有志から「並木の芽ぶき観察をしていて気になるのが植栽マスの芝草。昨年、植え替えたのに定着後の管理がなく再び雑草がはびこりだしている。役所は、なぜ同じことを繰り返すのか。通年管理を組み込んだ事業にできないか」と電話が▼見...
本文を読む

中山義隆石垣市長は、国防や安全保障にかかわる…

 中山義隆石垣市長は、国防や安全保障にかかわる陸自配備計画は国の「専権事項」という。専権とは「権力をほしいままにすること。思うままに権力をふるうこと」(広辞苑)。つまり、国が専ら判断や決定を下せる事項のこと▼裏を返せば、配備の是非を、地方自治体の首長が判断することはできない、してはならない、そんな権限すらない、ということだ▼若宮健嗣防衛副大臣が17日、石垣市役所に中山市長を訪ね、陸自石垣駐屯地の...
本文を読む

久しぶりに革新系候補が勝利との報道に接した。…

 久しぶりに革新系候補が勝利との報道に接した。韓国大統領選のことだ。親北朝鮮、日韓合意否定の文在寅(ムンジェイン)氏が保守、中道両候補に圧勝して9年ぶりに政権を奪還したのだ▼この政権交代で韓国がまず変わりそうなのが労働者の雇用と対北朝鮮関係だ。文大統領は経済成長を促すため5年の任期中に、公共企業の31万人の非正規職員を正規社員に転換する新経済政策を打ち出したのだ▼韓国は1%弱の財閥が富を握り、大...
本文を読む

流行は回り、回ってくる、というが…

 流行は回り、回ってくる、というが、バブル期の派手な衣装が、若者の間ではやり始めている、という。先日、民放テレビが報じていた▼バブル期の衣装といえば代表されるのが、ワンレグ、ボディコン。派手な柄物のジャンパーやセーターなど。現代の若者にとってこれらが、斬新に見えるようだ。古着屋で購入したり、親のお下がりを着ている、という▼バブル経済の波に乗り当時の衣装は、縫製や生地にも十分なコストが掛けられ、高...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム