八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

元県土建部長らの過失認定 7177万円請求 知事に求める

当時の県土木建築部長として賠償命令の判決が出た後、記者団の質問に答える漢那政弘副市長=19日午後、市役所副市長室当時の県土木建築部長として賠償命令の判決が出た後、記者団の質問に答える漢那政弘副市長=19日午後、市役所副市長室
識名トンネル訴訟で那覇地裁判決
 【那覇】識名トンネル建設の虚偽契約問題をめぐり、県内在住の住民11人が仲井真弘多前知事や当時の県土木建築部長、南部土木事務所長、工事を請け負ったJVの4者で国への補助金返還額のうち利息分の7177万円余りを連帯して支払わせるよう翁長雄志県知事に求めた住民訴訟の判決が19日、那覇地裁(剱持淳子裁判長)であった。剱持裁判長は、建設工事契約の一部の違法性を認め、元県土木建築部長で現石垣市副市長の漢那...
本文を読む

原水調整池 5基確保へ 第7次拡張事業で実施

5基計画されている白水の原水調整池の完成イメージ5基計画されている白水の原水調整池の完成イメージ
直近5年 2回の断水重視
市水道部
 石垣市は、白水の原水調整池を当初計画通り5基建設することを盛り込んだ2017年度以降の第7次拡張事業(2035年度まで)を、公共事業の再評価を行う市公共事業評価監視委員会(我喜屋隆委員長、委員4人)に諮問した。市水道部はこれまで1号池(6万立法㍍)を整備。残りの4基については2007年の前回評価で、多額の財政負担や水道料金への影響があるとして見直しを求められていたが、直近5カ年で2回の断水が発...
本文を読む

石垣市 新庁舎基本設計を公表

「みんなが集う市役所」1階に市民利用空間を確保
 石垣市は新庁舎建設計画の基本方針や配置計画、防災計画などを盛り込んだ基本設計を終え、11日から新庁舎建設室のホームページで公表している。来庁者の利用頻度が高い1階に窓口業務を行う各部課を配置したほか、市民広場、売店、食堂、市政情報コーナー、エレベーター、市民のコミュニティールームを設けるなど、「みんなが集う市役所」を目指している。  計画では市消防本部と建設中の県立八重山病院の間の敷地3万...
本文を読む

島人カーニバル開幕 音楽で島の魅力発信

夏川りみさんのステージに熱狂する人たち=15日夜、新栄公園夏川りみさんのステージに熱狂する人たち=15日夜、新栄公園
石垣市 観客5000人と70周年祝う
 石垣市制施行70周年記念事業「島人カーニバル(同実行委員会主催)」が15日、新栄公園で開幕した。2日間にわたり、国内外で活躍する島出身のアーティストが「音楽の都」としての魅力を発信する。初日は新良幸人&サンデー、トレモノ、八重山民俗舞踊保存会ら10組のアーティストや団体が出演し、詰め掛けた観客延べ5000人(主催者発表)と70周年を祝った。  カーニバルは午前11時にスタート。この日の石垣...
本文を読む

中学生が観光シンポ 自然の重要性など強調

これからの八重山の観光について意見を交わすパネリストたち=13日午後、市民会館大ホールこれからの八重山の観光について意見を交わすパネリストたち=13日午後、市民会館大ホール
石垣市制施行70周年記念 人材育成や語学力の必要性も
 石垣市制施行70周年記念事業「中学生がこれからの観光について考えるシンポジウム」(石垣市教育委員会主催)が13日午後、市民会館大ホールであり、市内の中学3年生4人や観光に関わる有識者らが基調講演やパネルディスカッションを通して、八重山の観光のあり方を探った。中学生は今後の石垣市を見据えて自身が目指す人物像なども発表した。石垣島の観光や歴史に関するクイズ、東洋大学大学院国際観光学部客員教授の丁野...
本文を読む

食文化の発信拠点に 公設市場の今後のあり方

今後のあり方調査報告書で「石垣島の品質の標準」「八重山の食文化の発信拠点」のコンセプトが提起されている石垣市公設市場=8日午後今後のあり方調査報告書で「石垣島の品質の標準」「八重山の食文化の発信拠点」のコンセプトが提起されている石垣市公設市場=8日午後
石垣市 検討調査報告書で提言
 石垣市はこのほど、公設市場の今後のあり方を検討するための調査報告書をまとめた。公設市場が質・サービスのスタンダードをけん引していく使命を持ち、八重山の食文化の発信拠点となるよう提言している。具体的なキーワードとしては▽気軽に立ち寄れる雰囲気と店構え▽地場特産品の取り扱いの強化▽「その場で食べたい」ニーズへの対応|などを挙げている。  公設市場は、地下1階の生鮮売り場で入居店の減少や入居者の...
本文を読む

市制70年 発展誓う 中山市長「新たな一歩に」

中山義隆市長から表彰状を受ける功労者ら=10日午後、市民会館大ホール中山義隆市長から表彰状を受ける功労者ら=10日午後、市民会館大ホール
記念式典 市政功労141人表彰
 石垣市は10日、市制施行70周年記念式典を市民会館大ホールで開き、70年の歩みを振り返るとともにさらなる市政発展を誓った。自治や市政に功労のあった141人を表彰。中山義隆市長は先人の功績をたたえながら、「新たな石垣市政の第一歩に全身全霊で取り組んでいく」と決意を述べた。  功労者は、4期16年にわたって市長に在職した大濵長照氏ら自治功労で5人、観光産業など地域経済振興に尽力した宮平康弘氏ら...
本文を読む

竹富町が産学官協定締結 元気なふるさとづくり推進

包括的な連携に関する協定を交わした西大舛町長、大城学長、花城理事長、上勢頭会長(左から順)包括的な連携に関する協定を交わした西大舛町長、大城学長、花城理事長、上勢頭会長(左から順)
琉球大学、沖縄美ら島財団、竹富町商工会と連携
 竹富町は10日、「日本最南端の大自然と文化の町 竹富町」づくりの推進を目的に、琉球大学(大城肇学長)、沖縄美ら島財団(花城良廣理事長)、竹富町商工会(上勢頭保会長)の4者で、包括的な連携に関する協定を締結した。同町が産学官包括連携協定を結ぶのは初めて。期間は2018(平成30)年3月31日まで。西大舛髙旬町長は同協定を「地域資源を活用し、広域的、そして効果的に特色あるまちづくりを実現するために...
本文を読む

当地ナンバープレート交付開始 原付バイクと小型特殊自動車

中山義隆市長(右)から「石垣市A・・70」の記念ナンバープレートの交付を受け、原付バイクに取り付けてもらった波平吉次さん=10日午前、市役所ピロティ中山義隆市長(右)から「石垣市A・・70」の記念ナンバープレートの交付を受け、原付バイクに取り付けてもらった波平吉次さん=10日午前、市役所ピロティ
石垣市 市制施行70周年記念 「石垣市A・・70」波平さん当選
 石垣市は10日午後1時から、市制施行70周年を記念して作製した「ご当地ナンバープレート」を「1」から順に交付を開始した。交付対象は原付バイク(50㏄以下、90㏄以下、125㏄以下の3種類)と小型特殊自動車(農耕作業用)。プレートの新規登録、交換の申請は税務課で受け付けている。  これに先立ち市役所1階ロビーで交付開始セレモニーが行われ、中山義隆市長が、市制施行70周年にちなんだ「石垣市A・...
本文を読む

旧空港跡地計画 一体的市街地を形成 八重山圏域の中核に

石垣市策定の旧石垣空港跡地利用計画ゾーニング案石垣市策定の旧石垣空港跡地利用計画ゾーニング案
石垣市 中心市街地、新港地区と連携
 石垣市はこのほど旧空港跡地の利用計画をまとめた。これまでの「港を中心とした市街地により、八重山圏域の中心的機能を保有する」との都市構造の方向性を、「中心市街地・新港地区・旧空港跡地が有機的に連携した八重山圏域の中核を成す一体的市街地を形成する」に再編した。跡地では市街地再編の受け皿となる新たな機能の導入、市街地では都市機能の集積、整備中の新港地区では船舶輸送力の増大を期待する。  計画によ...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム