八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「自然・科学」の検索結果は以下のとおりです。

陸自配備計画 水質汚染回避へ環境アセス実施を

「宮良川水系の水量や水質への影響を回避するために環境アセスメントが不可欠」と訴える右から桜井国俊、渡久山章名誉教授。左は東田盛善氏=1日午後、陸自配備予定地近くの民有地「宮良川水系の水量や水質への影響を回避するために環境アセスメントが不可欠」と訴える右から桜井国俊、渡久山章名誉教授。左は東田盛善氏=1日午後、陸自配備予定地近くの民有地
市に防衛省への要求を提言 県内大学の名誉教授2氏 水系調査で予防訴え
 琉球大学の渡久山章(陸水学、環境化学)、沖縄大学の桜井国俊(環境学)両名誉教授が8月31日午後から1日午前にかけ、防衛省陸上自衛隊の配備先予定地となっている平得大俣地区を起点に、表流水と地下水が流下する宮良川水系の地形・地質・水文環境の調査を実施した。1日午後、予定地近くで会見し、「宮良川水系の表流水、地下水に及ぼす影響を回避するため環境アセスメントが不可欠」として石垣市に対し防衛省にアセスの...
本文を読む

新星の発見を目指す 美ら星研究体験開始

「美ら星研究体験」に参加する高校生ら。新たな星発見を目指す=13日午後、国立天文台VERA石垣島観測局(石垣島天文台提供)「美ら星研究体験」に参加する高校生ら。新たな星発見を目指す=13日午後、国立天文台VERA石垣島観測局(石垣島天文台提供)
地元と県外高校生11人
 高校生が電波望遠鏡を使った天体観測やデータ解析などを体験する「美ら星研究体験隊」(同実行委員会主催)が13日、県立石垣少年自然の家で始まった。地元や県内外の高校生11人が15日まで3日間の日程で、国立天文台VER石垣島観測局と石垣島天文台で、最新観測装置を使い新たな星の発見を目指す。  同プロジェクトは、高校生らに研究を身近に感じてもらおうと2005年から行われており、ことしで13回目。日...
本文を読む

ヤエヤマシタンに薬剤散布 平久保

指定木(左側)周辺の幼木に薬剤を散布するスタッフ=9日午前、石垣市平久保指定木(左側)周辺の幼木に薬剤を散布するスタッフ=9日午前、石垣市平久保
市教委の対策保護増殖事業
固有の害虫を駆除
 国の天然記念物に指定されている平久保のヤエヤマシタンの樹勢が衰えた原因調査と対策を検討する保護増殖事業(石垣市教育委員会主催)で、固有の害虫シタンヒメヨコバイを駆除する薬剤散布が9日から2日間、現地で行われている。  ヤエヤマシタンのみに寄生するといわれるシタンヒメヨコバイは、葉から葉緑素を吸い取って樹勢を衰退させる害虫。市教委文化財課によると、6月下旬ごろに指定木2本の周辺で同虫の成虫が...
本文を読む

白化率、石西礁湖中央51% 環境省

補足調査で白化現象などが確認された石西礁湖のサンゴ礁(上野光弘氏撮影)補足調査で白化現象などが確認された石西礁湖のサンゴ礁(上野光弘氏撮影)
県内海域などサンゴ調査
ホワイトシンドロームも発生
 【那覇】環境省が6月6日から7月4日まで石西礁湖や西表島周辺、奄美大島、沖縄島の海域で実施したサンゴ白化現象の補足調査によると2017年度と比較した平均サンゴ被度率は奄美大島で10ポイント以上の減少が確認されたが、それ以外の地域で減少は確認されなかった。白化現象は石西礁湖と西表島周辺海域の全調査地点と沖縄本島の一部で確認されたが、奄美大島では確認されなかった。同省が7日、発表した。  調査...
本文を読む

クワガタの育て方助言 「採る」から「増やす」へ

クワガタの産卵セットの作り方を学ぶ児童ら=29日午後、バンナ公園世界の昆虫館クワガタの産卵セットの作り方を学ぶ児童ら=29日午後、バンナ公園世界の昆虫館
夏休み子供昆虫教室
 バンナ公園世界の昆虫館主催の夏休み子供昆虫教室パートⅠ「クワガタムシをふやしてみよう」が29日午後、同館で開かれ、山田守館長(73)がサキシマヒラタクワガタの幼虫やサナギを示しながら、小学生ら25人に自宅でのクワガタの育て方を助言した。  同教室は、島内開発などで生息地が減少しつつあるのを受け、クワガタを「採る」から「増やす」に発想を転換した企画。山田館長によると、順調に育てばメス1匹から...
本文を読む

与那国でナスミバエ確認 八重山郡内で初めて

幼虫がナス科野菜を食害するナスミバエ(県提供)幼虫がナス科野菜を食害するナスミバエ(県提供)
ナス科植物果実に寄生 島外移動の自粛を
 トウガラシやピーマン、ナス、トマトなどナス科植物の果実に寄生する害虫ナスミバエが、県の2018年度寄主果実調査で与那国島で確認された。八重山では初めて。ナスミバエは、移動規制対象害虫のミカンコミバエなどとは異なり、急激にまん延して大きな農業被害をもたらすことはなく、通常の防除でほとんど被害はないと判断されているため、県は農家らに対し防除対策の徹底を求めている。石垣市、竹富町は未発生地域となって...
本文を読む

台風8号、農作物に被害 3市町

1億円余りの被害が確認されたサトウキビ。特に春植えで被害が大きかった=11日午前、石垣島北部1億円余りの被害が確認されたサトウキビ。特に春植えで被害が大きかった=11日午前、石垣島北部
総額1億4393万円に
サトウキビ春植えで拡大
 非常に強い台風8号の襲来に伴い、八重山では主にサトウキビなど農作物に被害が出ており、3市町のまとめによると、11日時点の被害額(速報値)は計1億4393万円となっている。サトウキビだけで1億円余り。石垣市内では、株出しとともに増加傾向にある春植えで被害が拡大。JAおきなわ八重山地区営農振興センターによると、サトウキビの被害率は約6%だが、春植えは19%にのぼった。成育する前に折損するなどした。...
本文を読む

3市町で99人避難 台風8号

暴風雨と高波で大きく揺れる船舶=10日午後5時ごろ、石垣漁港暴風雨と高波で大きく揺れる船舶=10日午後5時ごろ、石垣漁港
市と竹富町で2060戸停電
西表島で最大瞬間風速42・4㍍
 非常に強い台風8号は10日、沖縄の南の海上を西北西に進み宮古島を直撃、石垣島地方には午後8時から午後9時にかけて最接近した。与那国島地方には同日夜遅く最も近づいたとみられる。石垣島地方気象台によると、午後9時までの最大瞬間風速は西表島で40・3㍍、石垣市伊原間で40・1㍍、登野城で39・8㍍を記録した。3市町によると、午後8時現在、計59世帯99人が避難している。人身被害の報告は入っていないが...
本文を読む

台風8号 停電に住民、不安な一夜

台風8号の被害を恐れ、石垣市健康福祉センターに避難し、不安な時を過ごす住民ら=10日午後2時ごろ、同センター台風8号の被害を恐れ、石垣市健康福祉センターに避難し、不安な時を過ごす住民ら=10日午後2時ごろ、同センター
3市町で99人が避難
暴風に憔悴、横になる人も
 非常に強い台風8号の接近に備え、八重山3市町は10日朝から各地に避難所を開設した。同日午後8時までに石垣市では54世帯91人、竹富町黒島で1世帯2人、与那国町では4世帯6人が避難した。最大瞬間風速が、石垣島で3年前に記録した観測史上最大の71㍍に匹敵する70㍍と予報されたため、住民らは「怖い思いをしたくない」と避難所を訪れ、「被害がないことを願う」と祈るような気持ちで台風の通過を待った。石垣島...
本文を読む

台風8号 八重山きょう暴風域

台風8号の接近に伴い、漁船をロープで固定するなど厳重に警戒する漁業者ら=9日午前、登野城漁港台風8号の接近に伴い、漁船をロープで固定するなど厳重に警戒する漁業者ら=9日午前、登野城漁港
最大70㍍、大雨も警戒
 非常に強い台風8号は9日午後6時現在、南大東島の南約360㌔の海上を時速30㌔で西北西に進んでいる。中心気圧は935ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は50㍍、最大瞬間風速は70㍍。10日午後6時には、勢力を保ったまま石垣島の東北東約90㌔の海上に達する見込み。石垣島地方は昼すぎ、与那国島地方は夜から暴風となる見込み。夜には最接近し、最大瞬間風速は西の風70㍍、同50㍍が予想される。中心付近に...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム