八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「自然・科学」の検索結果は以下のとおりです。

台風8号、農作物に被害 3市町

1億円余りの被害が確認されたサトウキビ。特に春植えで被害が大きかった=11日午前、石垣島北部1億円余りの被害が確認されたサトウキビ。特に春植えで被害が大きかった=11日午前、石垣島北部
総額1億4393万円に
サトウキビ春植えで拡大
 非常に強い台風8号の襲来に伴い、八重山では主にサトウキビなど農作物に被害が出ており、3市町のまとめによると、11日時点の被害額(速報値)は計1億4393万円となっている。サトウキビだけで1億円余り。石垣市内では、株出しとともに増加傾向にある春植えで被害が拡大。JAおきなわ八重山地区営農振興センターによると、サトウキビの被害率は約6%だが、春植えは19%にのぼった。成育する前に折損するなどした。...
本文を読む

3市町で99人避難 台風8号

暴風雨と高波で大きく揺れる船舶=10日午後5時ごろ、石垣漁港暴風雨と高波で大きく揺れる船舶=10日午後5時ごろ、石垣漁港
市と竹富町で2060戸停電
西表島で最大瞬間風速42・4㍍
 非常に強い台風8号は10日、沖縄の南の海上を西北西に進み宮古島を直撃、石垣島地方には午後8時から午後9時にかけて最接近した。与那国島地方には同日夜遅く最も近づいたとみられる。石垣島地方気象台によると、午後9時までの最大瞬間風速は西表島で40・3㍍、石垣市伊原間で40・1㍍、登野城で39・8㍍を記録した。3市町によると、午後8時現在、計59世帯99人が避難している。人身被害の報告は入っていないが...
本文を読む

台風8号 停電に住民、不安な一夜

台風8号の被害を恐れ、石垣市健康福祉センターに避難し、不安な時を過ごす住民ら=10日午後2時ごろ、同センター台風8号の被害を恐れ、石垣市健康福祉センターに避難し、不安な時を過ごす住民ら=10日午後2時ごろ、同センター
3市町で99人が避難
暴風に憔悴、横になる人も
 非常に強い台風8号の接近に備え、八重山3市町は10日朝から各地に避難所を開設した。同日午後8時までに石垣市では54世帯91人、竹富町黒島で1世帯2人、与那国町では4世帯6人が避難した。最大瞬間風速が、石垣島で3年前に記録した観測史上最大の71㍍に匹敵する70㍍と予報されたため、住民らは「怖い思いをしたくない」と避難所を訪れ、「被害がないことを願う」と祈るような気持ちで台風の通過を待った。石垣島...
本文を読む

台風8号 八重山きょう暴風域

台風8号の接近に伴い、漁船をロープで固定するなど厳重に警戒する漁業者ら=9日午前、登野城漁港台風8号の接近に伴い、漁船をロープで固定するなど厳重に警戒する漁業者ら=9日午前、登野城漁港
最大70㍍、大雨も警戒
 非常に強い台風8号は9日午後6時現在、南大東島の南約360㌔の海上を時速30㌔で西北西に進んでいる。中心気圧は935ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は50㍍、最大瞬間風速は70㍍。10日午後6時には、勢力を保ったまま石垣島の東北東約90㌔の海上に達する見込み。石垣島地方は昼すぎ、与那国島地方は夜から暴風となる見込み。夜には最接近し、最大瞬間風速は西の風70㍍、同50㍍が予想される。中心付近に...
本文を読む

記録的大雨、住民生活に影響 石垣島地方

猛烈な雨で国道390号は深い所で水位が約80㌢まで達した=5日午後3時4分、真栄里北交差点猛烈な雨で国道390号は深い所で水位が約80㌢まで達した=5日午後3時4分、真栄里北交差点
登野城で最高212㍉の雨量
床上浸水、車両水没など被害
 石垣島地方は5日午前10時から午後5時ごろにかけて、南からの暖かく湿った空気の影響で大気の状態が不安定となり、登野城で同日午後0時30分~3時30分までの3時間の雨量が7月としては1977年の観測開始以降最高の212㍉を記録するなど、市街地を中心に激しい雨が降った。人的被害はなかったが、各地で道路の冠水や床上・床下浸水、車両の水没被害が発生したほか、交通規制による渋滞も起きた。子どもたちの下校...
本文を読む

彗星会議、八重山初開催 全国から天文学者や愛好家

全国からアマチュア天文愛好家や天文学者が参加した第48回彗星会議in石垣島=16日午後、市民会館展示ホール全国からアマチュア天文愛好家や天文学者が参加した第48回彗星会議in石垣島=16日午後、市民会館展示ホール
 全国からアマチュア天文愛好家や天文学者が集い、彗星(すいせい)について話し合う「第48回彗星会議in石垣島」(同実行委員会主催、八重山星の会共催)が16日午後、市民会館展示ホールで初めて開かれた。昨年の開催地は旭川市。  全国からの愛好家約50人を前に、八重山星の会の通事安夫代表は「石垣島は北緯24度にあり、国内でも赤道に近いことから、多くの天体観測に適した地域。88星座のうち84星座を見...
本文を読む

川平景観 訴訟取り下げへ 市都市計画

高嶺善伸館長らに川平景観地区変更手続きの中止方針を伝える中山義隆市長(中央)=13日午前、市長室高嶺善伸館長らに川平景観地区変更手続きの中止方針を伝える中山義隆市長(中央)=13日午前、市長室
住民ら市に変更中止確認
 川平地区の都市計画景観地区の変更に反対し、石垣市を相手に手続きの中断を求めて行政処分差し止め訴訟を起こしている川平公民館の高嶺善伸館長らが13日、中山義隆市長と市役所で面談、変更手続きの中止方針をじかに確認した。これを受け、高嶺館長らは、19日に第1回の公判が予定されていた訴訟を取り下げる意向を明らかにした。  中山市長は「都計審でも結論が出たので川平地区については見直しを取りやめ、中止と...
本文を読む

野性動植物との共存考える いきものトークカフェ

八重山の固有種保全に向けて、外来種の駆除について意見を交わす参加者ら=8日夜、環境省国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター八重山の固有種保全に向けて、外来種の駆除について意見を交わす参加者ら=8日夜、環境省国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
外来種駆除の是非も議論
 南西諸島のみに生息する野生動植物と人との共存を考えようと、世界自然保護基金(WWF)ジャパン・トラフィック主催の「いきものトークカフェ」が8日夜、環境省国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで開かれた。意見交換では地域住民33人が学識者らと外来種駆除の是非を議論。兵庫県立大学自然・環境科学研究所の太田英利教授は「(外来種を持ち込んだ)人間が悪いのは当たり前で、だからこそ責任を持って駆除する」と...
本文を読む

3日連続で恵みの雨 八重山地方

3日連続の雨でサトウキビも潤った=3日午後、石垣市新川3日連続の雨でサトウキビも潤った=3日午後、石垣市新川
伊原間で63.5㍉
農家「まだほしい」と期待
 ことし2月から少雨傾向が続き、5月8日の梅雨入り後もまとまった雨が降らず、水不足と農作物などへの影響が懸念されている八重山地方で1日以降、降雨が観測されている。石垣島地方気象台によると、3日は、午後6時までに伊原間で63・5㍉、与那国で36・5㍉、登野城で8・5㍉。まとまった降雨は登野城で69・5㍉を記録した5月8日以来。約1カ月ぶりの恵みの雨となった。  向こう一週間の予報によると、梅雨...
本文を読む

環境管理を官民一体で 土屋氏が応援シンポで講演

基調講話の中で世界自然遺産推薦地域の概要について紹介された=2日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ基調講話の中で世界自然遺産推薦地域の概要について紹介された=2日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ
西表島の世界自然遺産登録
西表島に生息、ニイニイゼミ推薦書に追加へ
 奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島世界自然遺産登録応援シンポジウム(JALグループ主催、沖縄県・竹富町後援)が2日午後、市内ホテルで開かれた。同世界自然遺産候補地科学委員会委員長で琉球大学名誉教授の土屋誠氏による基調講話「世界自然遺産と八重山の自然」の中で、登録の推薦取り下げに関する内容や、推薦地域に選定するための指標も紹介された。今後、国際自然保護連合(IUCN)からの指摘事項に対応し、...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム