八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

母校訪問、在学時振り返る

 ▽…自ら手掛ける格闘技イベントの観戦チケットを、母校の大浜中学校の生徒たちにプレゼントした元キックボクシング世界王者の廣虎さん。卒業生を温かく出迎えた島仲信秀校長は、廣虎さんが在学当時、同じ学年で別のクラスの担任を務めていた。卒業アルバムを開き、現在とは印象が違う細身の廣虎さんを見て懐かしそう。「こんなファイタータイプではなかった」と当時を振り返った。  ▽…世界遺産登録推進事業として県が...
本文を読む

ぜひ双方で議論交わして

 ▽…県民投票を求める市民集会では「民主主義の根本である投票の権利を、投票で選ばれた政治家が奪ってはならない」との指摘が相次いだ。主催した石垣市民の会は今後、決議文をもって中山義隆市長らに要請することになるが、まだ日程は決まっていない。直接、会って手渡したいと考えている。ぜひ双方で議論を交わしてほしいものだ。  ▽…県内の高校球児が身体能力を競う県高校野球部対抗競技八重山地区大会が14日、行...
本文を読む

多田浜パークで初の大会

 ▽…天候が危ぶまれた新春凧あげ大会だったが、午後1時ごろの終了まで雨が降ることもなく、時折太陽も顔を見せた。会場を多田浜パークに変更して初めての大会。少し狭かったのか、たこ同士の距離が近くて糸が絡まったり、風で会場外に追いやられてやぶに入ったりするケースも。八重山凧愛好会の平田正明会長によると、来年も同じ場所の予定とのこと。今後の課題となりそう。  ▽…黒島、八重山両家畜市場で13日、相次...
本文を読む

波及効果高める手立てを

 ▽…中国を発着港に石垣島と宮古島を周遊するクルーズ観光が始まり、初日から多くの中国人観光客が訪れた。この日のバス予約台数はなんと51台。暫定供用した石垣港新港地区旅客船ターミナルでは過去最多の台数となった。これが2月までにあと7回続く。クルーズ客はバス観光が主流だが、経済効果は限定される。民間による知恵で、観光消費の波及効果を高めてほしい。  ▽…川平小学校の恒例のもちつき大会が11日、同...
本文を読む

離島間交通の課題解消を

 ▽…フェリーはてるまの代船が波照間に到着し、給油所の燃油が搬入された。ガソリンは8日に底をつき、供給が停止。車を仕事の足として使う配送業の島民はガス欠寸前で配送を行っていたという。修理されたフェリーは12日に運航を再開。製糖工場にたまった製品がパレットに積まれ輸送されるだろう。今回の件で離島間交通の課題がまた一つ表面化した。  ▽…JA石垣牛肥育部会の枝肉初セリで、キロ当たりの最高値を付け...
本文を読む

若者の取り組みに感心

 ▽…石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表ら3人から、平得大俣地域への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例案について早期審議の要請を受けた平良秀之議長。若者の取り組みに感心し、話は3人の仕事にも及んだ。マンゴー、畜産、ハーブと生産物は違うが3人とも農家。6次産業化の取り組みも聞くなど、農業談議に花を咲かせていた。  ▽…110番の日に合わせて八重山署は広報活動を行った。同署は、生活...
本文を読む

愛らしさに交通安全の期待

 ▽…フェルト生地の手触りと2色を組み合わせて目立つ配色に仕上げた交通安全マスコット「蝶~止まって左右確認」の愛らしさに交通安全の期待が膨らむ。石垣市交通安全母の会が、毎年恒例で製作しているが、毎年、完成度の高さに感心する。交通安全のお守りとして、ことし小学校に入学する新1年生に配布されるが、可能であれば、レンタカー業者にも配布してほしい。  ▽…1日付で人権擁護委員に委嘱された西表大原の宇...
本文を読む

黒島牛まつり前に少しでも

 ▽…黒島の島内に壊れて動かなくなった車や漁船の放置が目立っている。一歩茂みの奥に入ると、何十年も放置されていると見られる自家用車やさびつき修理不可能と思われる軽トラックが居座っていた。ほとんどが所有者自身の土地に放置していると見られる。来月は黒島牛まつりで多くの観光客が来島するだろう。少しでも片付ける事はできないものか。  ▽…3市町は昨年11月の観光入域客数を発表した。正式には県八重山事...
本文を読む

待ち遠しい新工場建設

 ▽…石垣島製糖は4日の操業再開を予定していたが、原料が確保できなかったため先送りした。雨天で地盤がぬかるんだ状態だと、ハーベスタによる機械刈りができないためだが、一方で機械刈り原料の割合は年々上昇している。これからも減ることはない。課題である製糖期間の短縮には処理能力のアップしかなさそう。新工場の建設が待たれる。  ▽…3学期の始業式が7日、郡内の小中高校であり、宮良小学校の仲間一史校長は...
本文を読む

子牛価格、ことしの動きはいかに

 ▽…八重山、黒島両家畜市場で2018年中に取り引きされた子牛の平均価格はそれぞれ60万円台後半となった。前年の70万円台を割り込んだが、繁殖農家は「それでも良いセリ値」と満足している。一方、肥育農家にとっては子牛のセリ値の高止まりは頭の痛いところ。共存共栄できる価格がベストだが、需要と供給で決まるのが相場。さてことしはどうなるか。  ▽…年末年始のUターンラッシュもピークを過ぎ、多くの郡内...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム