八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

サイクリング継続化に期待

 ▽…「空の日」・「空の旬間」に併せ初めて行われた「天空のランウェイサイクリング」。八重山自転車競技連盟は、旧石垣空港の閉鎖当時から滑走路を活用したイベントの要請を行ってきた。ことし、市制70周年と南ぬ島石垣空港の開港5周年を記念し、開催が決まった。自転車愛好家らは、これを機に同サイクリングの継続化に期待を寄せていた。  ▽…15年ぶりに開催される市民大運動会。第1回は36年前の1981年に...
本文を読む

今後の活躍に期待

 ▽…高円宮杯中学校英語弁論大会八重山地区大会が23日、八重山合同庁舎で開かれ、郡内の代表9人が熱弁を振るった。出場者は日本語で文章を考えて英語に訳し、覚えて発表。内容もさることながら発音やイントネーションなどが素晴らしく、練習を重ねてきたことを感じさせた。最優秀賞を受賞した後呂友紀君は唯一の1年生。周りは上級生ばかりで「緊張した」と話す。今後のさらなる活躍に期待がかかる。  ▽…二輪車安全...
本文を読む

受け入れ態勢万全か?

 ▽…白と緑の機体が印象的な韓国の格安航空会社、㈱ジンエアーが30日から仁川国際空港と南ぬ島石垣空港を結ぶチャーター4便を運航する。アジアを拠点に就航を展開してきた同社が石垣に乗り入れるのは初めて。韓国人観光客はまだまだ夏の八重山観光を楽しみ、国内観光地としての認知度を韓国で広げてほしい。新たな客層に対応可能な受け入れ態勢は万全か?  ▽…赤い羽根共同募金運動の戸別募金説明会では、昨年度の達...
本文を読む

19回投票にくたくた

 ▽…9月定例石垣市議会最終本会議には、追加議案として中山義隆市長が農業委員会委員19人を任命する人事案件が上程された。1件1件諮らなければならず、宮良操氏ら4人の要求で無記名投票が採用され、19回も行われることに。市議会史上最多。これに1時間余りを要し、終わったころにはくたくただった。  ▽…本年度の秋の交通安全運動がスタートした。沖縄本島では上半期、二輪車事故が頻発、八重山管内では小学生...
本文を読む

やゆするような表現で批判

 ▽…自衛隊配備に反対する署名運動に対し、石垣亨氏が20日、市議会一般質問で、具体的な事例を示しながら署名集めの方法に疑問を呈した。その上で、署名活動に参加した人たちを「お花畑に住む平和ボケの皆さん」とやゆするような表現で批判した。石垣氏らしい独特の言い回しだが、さすがに反発を招くだろう。  ▽…開会中の竹富町議会で、2018年夏の世界自然遺産登録を目指す西表島でのガイド事業の利用ルールに質...
本文を読む

愛される灯台に期待

 ▽…昨年7月に日本ロマンチスト協会と日本財団が平久保崎灯台を「恋する灯台」に県内で初めて認定後、石垣市観光交流協会が19日に認定看板を設置した。ハート形の認定看板を囲むように記念写真を撮影するカップルや夫婦の姿が相次いだ。認定を周知する看板の設置は訪れる人々に対して分かりやすい効果だ。これがSNSなどで広がれば「絶景でプロポーズ」もある。愛される灯台に期待だ。  ▽…世界一過酷な障害物レー...
本文を読む

「いいピッチャーになりたい」 

 ▽…八重山初の女子野球チームで主将を務める佐藤楓さん。以前はバスケット部に所属していたが、「体育館から見る野球部がかっこよかった」と野球を始めた。当初はルールも分からず、サインも理解できなかったという。女子チームではピッチャーとサード、ショートを経験。「いいピッチャーになりたい」と日々練習に励んでいる。  ▽…ケアセンターむつみ系列施設の合同敬老会が18日、市内ホテルで盛大に開かれた。料理...
本文を読む

芸能の絆よ、末永く

 ▽…琉球大学八重山芸能研究会創立50周年感謝の宴が17日夕、アートホテル石垣島で開かれ、約140人のOB、OG、現役学生や関係者が参加。このためにパプアニューギニアから一日だけ石垣に来た仁井勇佑さん(36)は「先輩たちから受けた恩を少しでも返しに来た。10年以上ぶりに八重山民謡を舞台で歌い、現役を思い出した。舞台での一体感は宝」と話した。卒業後も続く芸能の絆よ、末永く。  ▽…島言葉劇団「...
本文を読む

スィマムニ普及へ継続を

 ▽…石垣市文化協会演劇部会の旗揚げ公演「松金物語」が16日、市民会館大ホールであり、大勢の市民がスィマムニの八重山史劇を楽しんだ。出演者は八重山出身者や在住者ら約40人。5月の配役決定から約4カ月間、稽古を重ねてきただけあってせりふに詰まる場面もなく、笑いあり涙ありの舞台に観客も大満足の様子。スィマムニの普及のためにもこのような公演の継続を。  ▽…富士山静岡空港から全国各地にチャーター便...
本文を読む

状況知ること支援の一歩

 ▽…2011年3月に当時3歳だった娘、心ちゃんを殺害された清水誠一郎氏が被害者支援公開講座で講演した。最後には心ちゃんが生きた3年間の写真も映像で紹介し、「『心』という字を見た時に娘を少しでも思い出してほしい」と声を詰まらせた。遺族は事件後も直接的な被害だけでなくさまざまな困難に直面して苦しむ。まずは被害者やその家族が置かれる状況を知ることが支援への第一歩だ。  ▽…八商工商業科観光コース...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム