八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

石垣選抜、初戦は「長男」と

 ▽…石垣島で初開催される離島甲子園。過去最多24チームが出場する。地元開催で初優勝を目指す石垣島選抜だが、過去2度優勝経験のある島根県の隠岐の島あんやらーずと初戦で当たる。「あんや」とは隠岐の方言で長男のことで、同チームが初めて出場した第3回大会は、全員長男であったことから名づけられたという。第3回大会はあんやらーずが優勝している。  ▽…樹勢に衰えがみられる国の天然記念物のヤエヤマシタン...
本文を読む

子どもたちの成長実感

 ▽…4泊5日の日程で台湾蘇澳鎮を訪れた小中学生が映像と写真を交え報告会を開いた。蘇澳冷泉で現地の児童らとハシャいで水を掛け合う姿には参加した保護者らも笑顔。東京よりも近い台湾とはいえ、親にとっては長い派遣期間だったことだろう。国籍や母国語にとらわれない「言葉が分からなくても思いやりがあれば大丈夫」の感想に、きっと大きな成長を感じたに違いない。  ▽…石垣公民館で初めて行われたタッチプール。...
本文を読む

走り高跳びあっぱれ日本一

 ▽…日清食品カップ第33回全国小学生陸上競技交流大会の女子走り高跳びで144㌢を跳び優勝した石垣島アスリートクラブの比嘉桃花。2012年大会の走り幅跳びで優勝した福地貴斗以来の快挙を遂げた。147㌢の大会記録に挑戦したが、惜しくも届かなかったが、陸上競技場が改修工事で使用できない中、勝ち取った日本一。限られた環境でもしっかりと結果を出す。脱帽。  ▽…郡内の中学生9人が出場し、熱弁を振るっ...
本文を読む

国際感覚を肌で実感

 ▽…竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに23日間滞在した中学3年生3人が帰ってきた。島仲さんは「ご飯を残してしまった時に謝ると、謝らなくていいんだよと言われ驚いた。もったいないという感覚の違いか」、玉代勢君は「野球観戦で地元チームが負けると地元民が激怒し物を散らかしていた。自己主張力や清潔意識など違いを感じた」と肌感覚で語れる思い出がたくさん。  ▽…石垣パイン加工場でインターンシップを...
本文を読む

初の九州大会「結果出す」

 ▽…初めて九州大会に出場する真喜良サンウエーブ。大会に向け課題の守備に重点を置いて取り組んできた。高良真助監督は常に子どもたちに「成果を出して結果も出す」と言い聞かせてきた。練習でやってきた成果をきっちり出し、なおかつ優勝という結果も持ち帰る。高良監督は「真喜良は島外の大会は準優勝どまり。絶対に優勝して帰りたい」と意気込んだ。  ▽…㈱五藤光学研究所によるプラネタリウムを楽しむイベントが1...
本文を読む

沖縄と世界のつながり知る機会

 ▽…10月30日の「世界のウチナーンチュの日」に向けて、NPO法人沖縄NGOが市こどもセンターで沖縄移民について学ぶワークショップを行った。「本島での開催が多いが、ことしは離島での活動に力を入れたい」と同スタッフ。山里館長は「石垣だけでなく竹富町や与那国町にもつなげたい」と意気込む。沖縄と世界のつながりを体験する貴重な機会。少しでも多くの子に提供されてほしい。  ▽…18日から福岡県で開か...
本文を読む

先人の思い、後世につないで

 ▽…「終戦の日」の15日、西表南風見田で忘勿石之碑慰霊祭が行われた。主催する同保存会の平田一雄会長が昨年12月に亡くなり、ことしの慰霊祭では後世への継承という課題が浮き彫りに。八重山郡民を苦しめた「戦争マラリア」。戦後72年たったいま、「どうか忘れる勿れ」と涙した人々の思いを引き継ぐ岐路に立たされている。  ▽…昨年度の八重山の有効求人倍率が1・44倍で過去最高を更新した。ハローワーク八重...
本文を読む

結果的に継続審議扱いに

 ▽…石垣市が14日、臨時議会に提出した2017年度一般会計補正予算案は、美ら星ゲート構築事業に対する疑問が解消されず、総務財政委員会の審議で継続審議が決まった。補正には、一般廃棄物処理基本計画見直し事業費1234万円も含まれており、これに異論はなかったが、結果的に継続審議扱いに。とばっちりを受ける格好となった。  ▽…第8回八重山地区婦人の主張大会で最優秀賞を獲得した大川婦人会の宇根悦子さ...
本文を読む

ライトダウン今後に課題

 ▽…南の島の星まつりは12日午後8時半から30分間、石垣島一斉ライトダウンを行った。海側の空には多くの星が見えたが、市街地側は”光害“の影響で見えにくかった。サザンゲート側の星空を解説しようとすると、会場から「明るい」との声。バンナ公園展望台から見たライトダウン前後も、大きな変化がみられず、今後に課題。  ▽…恒例の大原祭りが、盛大に行われた。地域住民が協力し、一つになることを目的に始まっ...
本文を読む

高校生の頑張りたたえる

 ▽…2日間にわたり高校生が天体を観測する美ら星研究体験隊は11日、成果発表会があった。観測で得られたデータを解析したところ、新発見はなかったが、国立天文台水沢VLBI観測所の廣田朋也助教授は「一つのことに集中して取り組むきっかけになれば、この企画は成功。今回も大成功だった」と高校生の頑張りをたたえた。  ▽…第34回読売書法展で茅原書藝會八重山支局の会員7人が入賞、入選した。同展は日展、毎...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム