八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

島の将来担う人材に

 ▽…石垣市民憲章推進協議会主催の健康づくりウオーキングで完歩したことが評価され、市民憲章精神の模範者として最年少で表彰された松川未来ちゃん(3)。母親とけなげに歩く元気な姿に感動した浦内克雄会長が推薦したという。浦内会長はあいさつで「10年20年後は未来ちゃんたちが石垣市を担う人材になってほしい」と期待。  ▽…竹富町商工会が、持続した観光地と地域ブランドを構築する事業を打ち出した。今夏に...
本文を読む

産業まつり、開催が楽しみ

 ▽…昨年の開催が中止となった八重山の産業まつりは、ことし11月の石垣島まつりと同時開催される見通しとなった。県と市が再開に調整を進めており、今後、関係団体も交えて協議していく。過去に同時開催されており、一昨年の石垣島まつりでも同様の形態をとっていることから、ノウハウはある。あとは運営主体をどうするかだ。  ▽…中学校副読本の継続発刊を求める要請書について、市教委の定例会で教育委員らが話し合...
本文を読む

委員の座席配置がユニーク

 ▽…「南の島の星まつり2017」の日程や概要などを確認した実行委員会は、委員たちの座席配置がユニークで、記号の星印のような形になっていた。会議室に入ってきた委員たちは「もしかして星の形?」「ただのジグザグだと思った」「面白い」など反応はさまざまだったが、ちょっとした話題に。本番を前に早くも星一色となっている。  ▽…2018年度で設立30周年の節目を迎える世界平和の鐘の会県支部。顧問の中山...
本文を読む

贈った苗は700本近く

 ▽…竹富町蝶「ツマベニチョウ」を増やす取り組みとして、前田建設工業株式会社が5年間続けた食草となるギョボクの贈呈は、住民に惜しまれつつも今回が最後。苗作りを行っているところは少なく、苦労も多かったという。ノウハウを蓄積してつくり、贈った苗は700本近く。美しい景観を支える縁の下の力持ちとなった。  ▽…新たに新品種登録、商標登録されたパインアップル「サンドルチェ」。十数年かけて作り出された...
本文を読む

仲地君、県高校総体に弾み 

 ▽…全沖縄高校ボウリング選手権大会で276点を挙げハイゲーム賞をとった八商工定時の仲地一紀君。順位も8位で29、30日の県高校総体に弾みをつけた。顧問の宮城和正教諭によると、仲地君の活躍は関係者の間でも話題。一日仕事を終え、そこから学校。ボウリングのゲーム代や遠征費も働いたお金でまかなう。まだあどけなさの残る17歳。見た目以上にしっかりしていた。  ▽…石垣市消防署伊原間出張所新庁舎の起工...
本文を読む

夏期講座派遣、東大生に人気

 ▽…与那国町営学習塾を視察に訪れた鶴保庸介沖縄北方担当相と、テレビ会議を通じてやりとりした委託運営会社フィオレ・コネクションの松川来來仁(らいと)代表。東大生を講師にしていることについて「遠い存在のようなイメージがあるが、子どもたちに身近に感じてもらい、視野を広げてもらいたい」と説明。東大生にとっても、夏期講座で現地に派遣されることから与那国町は人気とか。  ▽…美崎町自治公民館の悲願だっ...
本文を読む

絶賛の記念誌、気になる内容

 ▽…平得婦人会の創立90周年記念誌「卆寿の足跡」が発刊された。辻野ヒロ子委員長によると、これまで記念誌の発刊が全くなく、手探り状態だったという。歴代会長は初めのころの7人を除いて全員の顔写真を掲載。活動紹介ではカラー写真をふんだんに使い、読みやすいように工夫も。印刷で協力した崎山用照さんは記念誌委員会の7人を“七人の侍”にたたえ、「素晴らしい内容。参考書として大事に活用してほしい」とPR。 ...
本文を読む

大会当日の天気はいかに

 ▽…29日に開催される石垣市爬龍船競漕大会を前に行われた出場チームの組み合わせ抽選会。ことしは出場枠と応募の数が同数となり、事務局からその旨が伝えられると会場からは拍手がわき起こった。気になるのは本番当日の天気で、石垣島地方気象台のホームページによると、平年の梅雨明けは6月23日ごろ。好天を願うばかりだ。  ▽…本年度から3年間推進する学力向上推進計画などを確認した市学力向上推進委員会の総...
本文を読む

いきなりの公表に戸惑い

 ▽…若宮健嗣防衛副大臣が17日提示した陸自石垣駐屯地施設配置案は、民有地の地権者に事前説明がなく公表されたものだった。調査には協力したが、いきなり公にされて戸惑っている地権者も多いだろう。「値段も分からず、今後の流れも分からないのに、全面的に同意している人はいるのか」といぶかる声も出始めている。  ▽…5月29日から始まる移動献血。八重山地区は県内でも毎年目標達成率が高く、昨年度の献血人数...
本文を読む

農家へ思い入れ強く

 ▽…八重山地区農業機械士協議会が創立30周年の節目を迎えて開いた式典。来賓あいさつを述べた竹富町の西大舛髙旬町長は、長らく農業に携わり、指導農業士の一人でもある。農家に対する思い入れはひとしおで、あいさつの最後には「石垣市とも連携して農家にトラクターを買ってあげたい」と力を込めてリップサービス。会場の笑いを誘いつつも万雷の拍手を受けていた。  ▽…17日午後、石垣市役所玄関前でのぼり旗やプ...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム