八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「地域・教育」の検索結果は以下のとおりです。

自然と経済の両立を サンゴ礁フォーラム

八重山が誇るサンゴ礁生態系との共存を目指し、「サンゴ認定(仮称)」導入の展望を議論する有識者ら=19日午後、環境省国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター八重山が誇るサンゴ礁生態系との共存を目指し、「サンゴ認定(仮称)」導入の展望を議論する有識者ら=19日午後、環境省国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
サンゴ認定制度で議論 事業者が認識共有
 八重山が誇るサンゴ礁生態系との共存を目指し、持続可能な産業への転換を考えるフォーラム「サンゴ礁保全・再生に向けたローカル環境認証のアプローチ」(WWFジャパン、NPO法人石西礁湖サンゴ礁基金共催)が19日午後、環境省国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで開かれた。パネル討論では、有識者らが各事業者のサンゴ礁保全の取り組みを認定する制度「サンゴ認定(仮称)」導入の展望を議論。認定制度を一方的な...
本文を読む

デンサ節大会43人出場 来月24日鳩間開催

第17回竹富町デンサ節大会をPRする冨里保雄会長(中央)=19日午前、町役場2階大ホール第17回竹富町デンサ節大会をPRする冨里保雄会長(中央)=19日午前、町役場2階大ホール
公募枠は一般5人、子ども3人 来月3日離島ターミナルで予選
 来月24日に鳩間島で初開催となる第17回竹富町デンサ節大会(竹富町民俗芸能連合保存会主催、竹富町・町教育委員会共催、竹富町公民館連絡協議会・鳩間公民館後援)の主催団体が19日午前、町役場で会見し、大会内容を発表した。本選枠は子どもの部(中学生以下)16人、一般の部(高校生以上)27人の計43人。このうち一般の部で5人、子どもの部で3人をそれぞれ公募する。  「でんさ節」は1768年ごろ、宮...
本文を読む

豊年祭での奉納楽しみ 親子で締め太鼓づくり

締め太鼓をつくる緑ヶ丘保育園の親子=19日午前、同園締め太鼓をつくる緑ヶ丘保育園の親子=19日午前、同園
緑ヶ丘保育園
 社会福祉法人ゆがふ福祉会(池城孝理事長)が運営する緑ヶ丘保育園(池城かおる園長、園児80人)は19日午前、園内で親子締め太鼓づくりを行い、4、5歳児35人と保護者ら合わせて約100人が参加した。  地域行事をより深く身近に感じてもらおうと初めて企画。石垣字会文化部長の玉代勢秀孝さん(63)と、次男でいしゃなぎら青年会長の秀弥さん(30)がひもの締め方で音が変わることや、音の高さを統一させて...
本文を読む

川平景観地区の変更案 手続きの中断求め提訴へ

公民館長ら住民12人 見直しありき市政に決意 司法の判断が注目
 高さ制限の緩和策を盛り込んでいる石垣市の景観計画・都市計画景観地区の変更案をめぐり、川平景観地区の変更案に反対している川平公民館(高嶺繕伸館長)は17日、手続きの中断を求める行政処分差し止め請求訴訟を那覇地裁に起こす。高嶺館長は「見直しありきのスケジュールが明らかになったので、手続きを中断して議論を深めるため訴訟を決意した」と話しており、司法の判断が注目される。市都市建設課によると、21日の景...
本文を読む

バニラエア7月から運航へ 石垣―那覇路線2往復

石垣路線新規就航の報告で謝花喜一郎副知事を訪ねたバニラ・エアの五島勝也社長=14日午後、県庁石垣路線新規就航の報告で謝花喜一郎副知事を訪ねたバニラ・エアの五島勝也社長=14日午後、県庁
五島社長が謝花副知事に報告
 【那覇】格安航空会社(LCC)、バニラ・エア㈱(本社・千葉県成田市)の五島勝也代表取締役社長らは14日、県庁に謝花喜一郎副知事を訪ね、7月1日から石垣—那覇便と石垣—東京便の2路線3便の新規就航を開始すると報告した。  バニラは、2013年の就航初便、東京 — 那覇路線以来、低価格な運賃設定で大手航空会社と差別化。コンセプトを「リゾート」として首都圏から沖縄本島や奄美大島など観光需要のあ...
本文を読む

不審者対応で訓練 竹富小中学校

竹富小中学校の不審者対応訓練で正しい対応を学ぶ職員ら=14日午前、同校竹富小中学校の不審者対応訓練で正しい対応を学ぶ職員ら=14日午前、同校
足止めや避難など学ぶ
 【竹富】八重山署(与那嶺一文署長)は14日午前、竹富小中学校(黒島善一校長)で不審者対応避難訓練を行った。駐在員がいない同島で、児童生徒31人、教員18人が本番さながらに不審者の足止めや避難などを行い、非常時の正しい対応を学んだ。  不審者が学校に侵入すると、男性職員らが間合いを計りつつ、代わる代わる話しかけ足止め。不審者侵入を知らせる暗号の校内放送や、同署と消防団への通報を手分けして実施...
本文を読む

過去最多、小中学生39人が熱戦 八重山毎日杯ジュニア将棋

八重山毎日新聞社杯・第5回八重山ジュニア将棋選手権大会に真剣な表情で挑む子どもたち=13日午後、大浜信泉記念館2階八重山毎日新聞社杯・第5回八重山ジュニア将棋選手権大会に真剣な表情で挑む子どもたち=13日午後、大浜信泉記念館2階
當銘君(大浜中1年)初優勝
 八重山毎日新聞社杯・第5回八重山ジュニア将棋選手権大会(主催・日本将棋連盟八重山支部、共催・八重山毎日新聞社)が13日午後、大浜信泉記念館で開かれ、小学1年から中学3年まで過去最多の39人が腕を競い、當銘征三郎君(大浜中1年)が選手権の部で初優勝に輝いた。  将棋歴4年の當銘君は「優勝を狙っていたのでうれしい。簡単な勝負も、難しい勝負もあった。県大会では3位以内に入りたい」と喜びを語った。...
本文を読む

入賞者59人を表彰 お母さんの図画コンクール

「第26回素敵なお母さんの図画コンクール」で入賞した子どもたち=12日午後、石垣市民会館中ホール「第26回素敵なお母さんの図画コンクール」で入賞した子どもたち=12日午後、石垣市民会館中ホール
感謝の気持ち伝える
郡内幼稚園、小学校から1329点の応募
 第26回素敵なお母さんの図画コンクール(八重山毎日新聞社主催、イオン琉球㈱特別協力、八重山教育事務所など後援)の表彰式が12日午後、石垣市民会館中ホールで行われ、最優秀賞・優秀賞・審査員特別賞・佳作の59人に八重山毎日新聞社の黒島安隆社長から表彰状が贈られた。  コンクールは13日の「母の日」に合わせ、お母さんの姿を思い描いてもらおうと、郡内の幼稚園(保育所含む)36園、小学校29校から1...
本文を読む

「政治的利用好ましくない」 大本小PTA

陸自配備意見交換会
体育館使用中止求める
 石垣市が大本小学校体育館で16日午後7時半から開催を予定している「陸上自衛隊配備計画に係る地域住民との意見交換会」について、同小PTA(宮良裕乃会長)は12日、2018年度定期総会前に話し合いを持ち、「賛成、反対とは別に、子どもたちの学びの場である学校を政治的な目的で利用することは好ましくないと考え、体育館の使用の中止を要請する」との意見で一致、同席した知念克治校長に伝えた。今後、学校と教育委...
本文を読む

2017年度児童虐待相談、過去最多39件

2017年度児童虐待相談件数2017年度児童虐待相談件数
前年度を9件上回る
心理的虐待が最も多く24件
 中央児童相談所八重山分室(平美千子分室長)が2017年度に対応した児童虐待相談件数が前年度比を9件(30%)上回る39件となり、2007年4月の分室設置以降、過去最多を更新したことが11日、県八重山福祉事務所のまとめで分かった。児童相談総件数は同比53件(30・3%)減の122件で過去2番目に低く、同所担当者は「児童相談に対する市民の理解は拡大しているが、児童虐待の相談や通告が急激に増えた因果...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム