八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「地域・教育」の検索結果は以下のとおりです。

石垣市 懐メロと映像で敬老会

BEGINの比嘉さんも登場
 長年の社会貢献に感謝し長寿を祝う石垣市敬老会が12日午後、市民会館大ホールで行われた。ことしは趣向を凝らし、石垣島の懐かしの映像とともに懐メロを楽しんでもらおうと「うたごえ喫茶」を企画。来場者は、字幕の歌詞を見ながら手拍子をとり、舞台と一緒に歌った。懐かしさに落涙する人も。BEGIN、夏川りみさんからビデオメッセージが寄せられ、比嘉栄昇さんが飛び入りで舞台に登場すると、盛り上がりは最高潮に達し...
本文を読む

IUCNが西表島調査 区域編入指摘の浦内川など

環境省職員から浦内川について説明を受けるウルリーカ・オーバリ氏(左)とウェンディー・アン・ストラーム氏(左から3人目)=11日午後、浦内川環境省職員から浦内川について説明を受けるウルリーカ・オーバリ氏(左)とウェンディー・アン・ストラーム氏(左から3人目)=11日午後、浦内川
世界自然遺産登録 地元住民と意見交換も
 【西表】2020年夏の世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島県、沖縄県)について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)による現地調査が11日、西表島で行われた。IUCNの専門家2人が、緩衝地帯から推薦区域に編入した浦内川中流部分を動力船で上流へ進み、動植物について環境省の職員や有識者から説明を受けた。  県内最長18・...
本文を読む

忘勿石之碑 刻銘版など剥離

マラリア犠牲者の刻銘版や大理石が剥がれた忘勿石之碑(竹富町教育委員会提供)マラリア犠牲者の刻銘版や大理石が剥がれた忘勿石之碑(竹富町教育委員会提供)
台風18号影響で破損
 【西表】9月30日〜10月1日に八重山地方へ接近した台風18号の影響で、西表島南風見田海岸にある忘勿石之碑が、破損していることが分かった。前面部分の大理石や戦争マラリアで犠牲になった85人の名を刻んだ刻銘版が剥離し、コンクリートがむき出しの状態になっている。忘勿石之碑保存会の金武正会長代行(71)=石垣市登野城=は「誠に残念。期成会関係者と相談して修復や今後の管理について検討したい」とショック...
本文を読む

石垣島天文台協 施設有料化の検討開始

有料化に向けた議論がスタートした石垣島天文台=9日午後、同天文台有料化に向けた議論がスタートした石垣島天文台=9日午後、同天文台
人件費、維持費に課題
 国立天文台石垣島天文台運営協議会が、無料公開を行っている石垣島天文台の施設利用について有料化を検討している。近年、来場者が増加傾向にあることから、施設公開にかかる維持費や人件費などが課題となっている。有料化することで経費捻出のほか、サービス向上も可能になるという。  2019年度運営協議会が8日午後、同天文台で開かれ、有料化のメリットとして▽予算増でサービス向上が可能▽利用者の視点に立った...
本文を読む

税の期限内納付を 滞納一掃で処分強化

35798.jpg
八重山3市町国・県と連携
 「八重山から税の滞納を一掃しよう」をスローガンに納税意識の向上と自主納税推進を図り、滞納者には税の公平公正の観点から差し押さえなどの滞納処分を強化する2019年度「税の滞納一掃キャンペーン」が1日から始まっている。八重山地区個人住民税徴収対策協議会(会長・川満誠一石垣市副市長)と八重山地区税務協議会(会長・水川幹朗石垣税務署長)が12月までの3カ月間、納期内納付の呼び掛けと差し押さえやタイヤロ...
本文を読む

どなん乗合バス 12月16日まで実証実験

実証実験が始まった「どなん乗合バス」=9月19日午後、久部良の待機所実証実験が始まった「どなん乗合バス」=9月19日午後、久部良の待機所
交通サービス拡充へ デマンド交通実証
 住民や観光客の交通サービス拡充を目的としたデマンド交通実証事業「どなん乗合バス」が9月17日から与那国島で始まっている。町によると7日までに延べ400人余りが利用、1日20人前後が乗車した。島民のほかにも島外から訪れた観光客やビジネス客などの利用もあったという。利用状況など1カ月ごとに集計し、想定される需要や経費などを分析。結果をもとに本格運用をするかどうかの判断も含め検討する。  現在、...
本文を読む

なごみの塔 保存修繕工事へ

20、21日の種子取祭後に修繕工事が始まるなごみの塔=2019年8月2日撮影20、21日の種子取祭後に修繕工事が始まるなごみの塔=2019年8月2日撮影
利用制限検討も 国指定登録有形文化財
 【竹富】国指定登録有形文化財「なごみの塔」の保存修繕工事が、20日と21日に行われる種子取祭後に行われることが7日までに分かった。工期は2019年度末。同塔は老朽化で2016年9月から昇降できない状態が続いているが、文化財の価値を維持するため建て替えはできず、補修レベルでしか手を加えることができない。過去に塔を調査した国や県は「修繕後、以前のように不特定多数の人の利用は難しい」と意見しており、...
本文を読む

バリ島短期留学実施へ アイランダーサミット閉会

アイランダーサミット閉会式で感想を述べるバリ島グリーンスクールの生徒ら。「ごみに責任はない。人間に責任がある」と呼び掛ける=6日午後、フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズアイランダーサミット閉会式で感想を述べるバリ島グリーンスクールの生徒ら。「ごみに責任はない。人間に責任がある」と呼び掛ける=6日午後、フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズ
人材開発PJ発表
 島目線で地球の未来を考えていくプロジェクト、アイランダーサミット石垣(市主催)は6日午後、フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズで閉会式を行い、サミットでの出会いを機に、学生を対象としたバリ短期留学の実施などを内容とする、新たな時代の人材開発プロジェクトに取り組むと発表した。  サミットには、インドネシアのバリ島にある持続可能な世界の未来のリーダーを育てる学校「グリーンスクール」から生徒ら2...
本文を読む

アロハフェスで友好の輪

トロイ氏(手前)のフラレッスンを楽しむ参加者ら=5日、石垣市新栄公園トロイ氏(手前)のフラレッスンを楽しむ参加者ら=5日、石垣市新栄公園
15団体がフラダンス発表
 KINIアロハフェスティバル2019in石垣島(同実行委員会主催)が5日、新栄公園であり、石垣市の姉妹都市、ハワイ州カウアイ郡とフラダンスを通して絆を強めた。  石垣島内外から15団体約160人の愛好者がフラダンスを発表。カウアイ生まれのフラダンサー、トロイ・A・H・ラザーロ氏のスペシャルステージやワークショップ、八重山芸能とフラのコラボレーションも行われ、来場者を楽しませた。  スペ...
本文を読む

島から環境と未来考える 12分科会でセッションへ

アイランダーサミット石垣の意義について語り合う基調セッション=3日午後、フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズアイランダーサミット石垣の意義について語り合う基調セッション=3日午後、フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズ
アイランダーサミット石垣 4日間の日程で開幕
 世界各国の島国の有識者約50人を招き、島の視点から地球の環境問題や未来について考える石垣市初のプロジェクト「アイランダーサミット石垣」(石垣市主催)が3日、4日間の日程でフサキビーチリゾートホテル&ヴィラズで開幕した。テーマ別に12の分科会を設け、国内外の専門家らが次世代人材育成、持続可能な開発目標(SDGs)行政、環境と開発、各国島しょ地域の連携、音楽文化や食文化などについてセッションし、課...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム