八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「地域・教育」の検索結果は以下のとおりです。

与那国島 日本最南端の海びらき

「日本最南端!八重山の海びらき2019in与那国島」で先陣を切って海に駆け込む男の子たち=24日午前、ナーマ浜「日本最南端!八重山の海びらき2019in与那国島」で先陣を切って海に駆け込む男の子たち=24日午前、ナーマ浜
宝探しなど初泳ぎ満喫 無事故で楽しめる1年に
 【与那国】「日本最南端!八重山の海びらき2019in与那国島」(一般社団法人八重山ビジターズビューロー主催)が24日午前、与那国島久部良のナーマ浜で行われた。この日の天気は曇り、午前8時32分に最低気温17・8度を記録し、時折小雨も降るなど肌寒い気候となったが、約500人(主催者発表)の地元住民や観光客が参加し、海上収穫祭や与那国馬の乗馬体験、海上宝探しなどで初泳ぎを満喫した。特設ステージでは...
本文を読む

じょーとーむん祭り 北部の魅力たっぷり

北部給食食堂の味を楽しみながらテーブルを囲む来場者ら=24日午前、栄公民館北部給食食堂の味を楽しみながらテーブルを囲む来場者ら=24日午前、栄公民館
多くの来場者でにぎわう
 石垣市北部農村集落の活性化を目的に第2回石垣北部じょーとーむん祭り(同協議会主催、市花き拠点産地協議会共催)が24日、野底栄公民館周辺で開催された。北部地域で採れた野菜をふんだんに使い、北部地域の学校給食メニューを再現した「北部給食食堂」が一日限定でオープン。行列ができるほど人気を集めた。サバニや島花ブーケ作り、命草講習会などの体験も味わえ、来場者たちは北部の魅力が詰まった催しを楽しんだ。 ...
本文を読む

県柔道連盟八重山支部 創立55周年の節目祝う

沖縄県柔道連盟八重山支部創立55周年記念祝賀会で功労者表彰などを受けた皆さん=24日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ沖縄県柔道連盟八重山支部創立55周年記念祝賀会で功労者表彰などを受けた皆さん=24日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ
功労者や役員を表彰
 沖縄県柔道連盟八重山支部創立55周年記念祝賀会が24日夜、石垣市内のホテルで開かれ、支部会員や関係者らが共に佳節を祝うとともに、八重山柔道界のさらなる発展を誓った。  同支部は1963年12月、八重山高校柔道部の顧問を務めるなど青少年の指導に当たっていた新垣禎三初代支部長を中心に結成された。  源河達徳支部長は「平成最後の年に節目を迎えられて喜びに堪えない。これからも柔道の神髄である『...
本文を読む

市民総合文化祭が開幕 石垣市文化協会

アトラクションで民踊愛好部会が「稲しり節」など2演目を披露して始まった市民総合文化祭=23日午後、市民会館玄関前広場アトラクションで民踊愛好部会が「稲しり節」など2演目を披露して始まった市民総合文化祭=23日午後、市民会館玄関前広場
絵画など会員の力作展示
今夜は舞台発表も
 「育てよう文化の心 文化のまち」をスローガンに第24回石垣市民総合文化祭(主催・石垣市文化協会、共催・市、市教育委員会)が23日午後2時、市民会館で開幕した。展示の部の書道や絵画、写真、木工など市民が製作した芸術や工芸作品の数々が中ホールなどで展示され、訪れる人びとの目を楽しませている。同文化祭は24日までの2日間。最終日は午後6時30分から大ホールで舞台の部の発表がある。  同祭は文化活...
本文を読む

自然環境保全呼び掛け 石垣自然保護官事務所

希少種が多く生息している島々の自然環境の保全を呼び掛けた細谷和海氏(左)と鈴木寿之氏=23日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター希少種が多く生息している島々の自然環境の保全を呼び掛けた細谷和海氏(左)と鈴木寿之氏=23日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
淡水魚の生態系など学ぶ
 八重山の希少な淡水魚と多様化する生態系について学ぶ「守ろう日本の淡水魚~八重山へのメッセージ~」(環境省石垣自然保護官事務所主催)が23日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで開かれ、細谷和海氏(近畿大学名誉教授、日本魚類学会会長)と鈴木寿之氏(大阪市立自然史博物館外来研究員、日本魚類学会自然保護委員)が希少種が多く生息している島々の自然環境の保全を呼び掛けた。  自然保護と外来生...
本文を読む

空港で自治体結ぶ

ドームシアターに映し出された資料を基に事例紹介が行われた「空港のある地域八重山石垣会議2019」=22日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル内ドームシアターに映し出された資料を基に事例紹介が行われた「空港のある地域八重山石垣会議2019」=22日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル内
全国空港のあるまち連絡協議会
「隣まち」の交流連携を
 空港がある自治体を圏域連携として結ぶ取り組みを推進している全国空港のあるまち連絡協議会(赤崎隆三郎事務局長)は21日午後、「空港のある地域八重山石垣会議2019」を石垣市で開催。ユーグレナ石垣港離島ターミナル内で整備が進んでいる最新のプラネタリウムを映し出すドームシアターで、各地の事例を紹介して自治体の空港間でつながる「隣まち」による交流連携を呼び掛けた。八重山で会議が開かれるのは初めて。 ...
本文を読む

科学の面白さに触れる OIST

OISTのサイエンストリップで、科学の面白さなどを紹介するイェカテリナ・ステマーさん(左)ら=22日午後、八重高体育館OISTのサイエンストリップで、科学の面白さなどを紹介するイェカテリナ・ステマーさん(左)ら=22日午後、八重高体育館
八重高で出前講座
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)が離島在住者を対象に定期的に行っている出前講座「サイエンストリップ」が22日午後、八重山高校であり、1、2年生が科学の面白さや英語の大切さに触れた。  広報ディビジョン地域連携セクションのミラー・メリアさんが同大学の概要を説明した後、大学院博士課程2年で植物ウイルスについて研究しているイェカテリナ・ステマーさんと、イカとタコを研究している物理生物学ユニット...
本文を読む

小学校の卒業式ピーク 八重山

白保小学校の卒業式で卒業証書を受け取る6年生=20日午前、同校体育館白保小学校の卒業式で卒業証書を受け取る6年生=20日午前、同校体育館
保護者らが巣立ち祝福
 八重山郡内の小学校の卒業式が20日ピークを迎え、23校で、たくましく成長した卒業生らが保護者や在校生、地域住民の祝福を一身に受け、学びやを巣立った。21日に式を行う大浜小と海星小を加え、ことしは市内31校544人(八重山特別支援学校小学部含む)、竹富町9校41人、与那国町3校21人、計606人が卒業する見込み。このうち、白保小学校(仲皿利治校長、113人)では20日午前、男女各9人計18人の6...
本文を読む

「八重山プライド」を提唱 石西礁湖サンゴ礁基金

「持続可能な海の観光への眼差し」をテーマに講演する海津ゆりえ氏。「八重山プライド」を提唱した=17日午後、大浜信泉記念館「持続可能な海の観光への眼差し」をテーマに講演する海津ゆりえ氏。「八重山プライド」を提唱した=17日午後、大浜信泉記念館
稀有な豊かさ伝える誇りを
観光と海の保全フォーラム
 サンゴ礁保全につながる活動を認定するローカル環境認証(サンゴ認定)制度の創設を目指しているNPO法人石西礁湖サンゴ礁基金(入嵩西正治理事長)は17日、「八重山の持続可能な観光と陸と海の保全」をテーマにしたフォーラムを大浜信泉記念館で開き、研究者が「世界的にも稀有(けう)な生態系の豊かさと美しさを持つ八重山の海を伝える観光業の誇りを『八重山プライド』として高らかに掲げてほしい」と提言した。 ...
本文を読む

「SOSキャッチして」 自殺対策強化事業

若者の気持ちについて討論する参加者ら=17日午後、市健康福祉センター若者の気持ちについて討論する参加者ら=17日午後、市健康福祉センター
10代ピア会員が体験談
 石垣市の2018年度自殺対策強化事業(若年層対策事業)で「思春期・若い人たちのこころについて、みんなで考えよう」をテーマにした講演会が17日午後、市健康福祉センターで開かれた。NPO法人LovePeerPriceやいまの10代のピア会員3人が不登校や自傷行為をする若者が抱える心の問題を紹介、「大人に相談できない現状もある。声なき声に気づき、SOSをキャッチしてほしい」と若者の立場からメッセージ...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム