八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タクシーと離島航路値上げ 来月の消費増税で運賃改定

一般旅客航路事業者の上限運賃変更

一般旅客航路事業者の上限運賃変更

タクシー運賃改定

沖縄総合事務局

 10月の消費税増税を受け県内のタクシーや離島航路などの運賃が改定される。沖縄総合事務局が2日までに発表した。タクシーは普通車で初乗り(上限)が460円から470円へと10円引き上げられるほか、加算運賃も341㍍から336㍍で60円と、5㍍短くなる。一方、石垣と竹富町内の各離島を結ぶ離島航路も航路により10~30円、石垣ー与那国は60円引き上げられる。

 

【離島航路】

 運賃10~30円高く 与那国は60円の引き上げ

【那覇】沖縄総合事務局は2日、10月1日からの消費増税に伴う県内の一般旅客定期航路事業者の運賃上限の変更について、8月28日付で認可したことを発表した。

 旅客運賃で㈲安栄観光は石垣ー竹富が450円(10円高)、小浜が750円(同)、黒島が840円(20円高)、大原が1120円(同)、上原と鳩間が1450円(30円高)、鳩間ー上原が490円(10円高)にそれぞれ値上げする。

 八重山観光フェリー㈱は石垣ー竹富が530円(10円高)、小浜が880円(20円高)、黒島が980円(同)、大原が1300円(同)、上原と鳩間が1690円(30円高)、鳩間ー上原が570円(10円高)、小浜ー竹富が620円(同)へと変更される。

 (資)福山海運は与那国ー石垣が3550円から3610円、㈲船浮海運は船浮ー白浜が510円から520円へそれぞれ60円、10円、値上げする。

 

【タクシー】

初乗り470円 普通、大型車ともに10円高

 【那覇】沖縄総合事務局は8月30日、10月の消費増税に伴うタクシーの運賃改定を発表した。離島地区の初乗り運賃(上限値)は普通車が460円から470円、大型車が540円から550円、特定大型車が580円から590円に各10円値上がりする。初乗り運賃で乗車できる距離は1167㍍で変更はない。

 初乗り後、走行距離に応じて運賃が増える加算運賃(上限値)は、普通車は60円加算される距離が341㍍から336㍍になる。大型車と特定大型車は距離ごとの加算は80円で、大型車は283㍍から279㍍、特定大型車は248㍍から244㍍になる。

  • タグ: 消費税タクシー離島航路
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム