八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

世界自然遺産への理解促進

飛行機にラッピングされた池村愛音さん(右から2人目)の作品=8月31日午前、那覇空港内JTAメンテナンスセンター

飛行機にラッピングされた池村愛音さん(右から2人目)の作品=8月31日午前、那覇空港内JTAメンテナンスセンター

JTA 航空機などラッピング 池村愛音さんらデザイン

【那覇】県は8月31日、那覇空港内JTAメンテナンスセンターで、世界自然遺産登録推薦地域の小中学校に通う児童生徒を対象に行った図画コンクールで最高賞に当たる県知事賞を受賞した池村愛音さん(上原小6年)と知念芽生さん(奥間小6年)のデザインをラッピングした航空機とトラックを披露した。

 世界自然遺産に対する理解促進を目的とした県世界自然遺産普及啓発事業(世界自然遺産号プロジェクト)の一環。図画コンクールでは推薦地域の西表島と大宜味村、国頭村、東村から534点の応募があった。県によると、対象児童生徒数は約1000人で、半数以上が応募。県知事賞の作品は航空機をはじめ、モノレールや船舶などの片面にそれぞれラッピングする。

 池村さんはイリオモテヤマネコを中心にカンムリワシやセマルハコガメ、サガリバナ、マングローブなど西表島の希少動植物を、クレヨンと絵の具で色鮮やかに描いた。「西表島は希少な生き物が生息していて自然豊かな島。都会とは違う西表の景色のよさや魅力を知ってもらえたらうれしい」と話した。同席した母親の優子さん(37)は「これを機に西表島に関心を持ってもらえたら」と期待した。

 富川盛武副知事は「県内外の多くの人に見ていただくことで、世界自然遺産登録に向けて理解と機運醸成につなげるとともに、沖縄の自然について考える機会になれば」と玉城デニー知事のあいさつを代読、JTAの青木紀将代表取締役社長は「産官学、県、県民の一体となった取り組みを発信し、来年の登録に向けて進めていきたい」とあいさつ。

 県によると、八重山では船舶会社3社の船や西表島内の路線バス、日本郵政㈱の小型トラックにもラッピングを施す予定という。

  • タグ: 世界自然遺産
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム