八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

観光客、川平湾で海水浴

グラスボート近くで海水浴をする外国人観光客ら=7月27日午後撮影、川平湾

グラスボート近くで海水浴をする外国人観光客ら=7月27日午後撮影、川平湾

「遊泳危険」と記された看板。川平公園駐車場側から湾に通じる小道に、たった1枚しかない=7月31日午後撮影、川平湾

過去に死亡事例も 外国人への周知課題

 「川平ブルー」と称され、国内外から人気が高い観光スポット川平湾で、異変が起きている。外国人観光客が悠々と海水浴を楽しんでいるのだ。関係者からは「ことしは特にひどい」との声も。川平湾は一般的に「遊泳禁止」と思われているところ。何が起こっているのか。(玉津盛昭記者)

 海パンにゴーグル

 7月27日午後、川平湾に続々と観光バスが到着した。外国人観光客のある一行が砂浜に着くと、子ども2人が海水パンツにゴーグルを装着、海に潜って海水浴を始めた。保護者風の男性も海パン姿で後から続いた。

 「ここは遊泳禁止区域なのに」。観光業の男性は眉間にしわを寄せ、「外国人観光客の海水浴がことしは特にひどい」と不満を漏らす。注意すると、「どこで泳げばいいんだ」(中国系)「海はみんなのものだ」(欧米系)などと言い返されることも。

 一方、日本人観光客に話を聞くと、「川平湾は泳げないものと思っている」と一定の周知はされているよう。たまに水着姿で川平湾を訪れる者もいるが、観光業のスタッフたちが注意して止めている。

 実は…泳げる?

 川平湾はそもそも「遊泳禁止」なのだろうか。

 川平公園駐車場側から湾に入る小道に「遊泳危険」と記された、たった1枚の看板。泳ぐ人のイラストを添え、「遊泳危険」「DANGER」と2カ国語で表示している。沖縄県消防協会八重山地区支会が石垣市消防本部に贈呈し、2007年に設置されたものだ。

 市消防によると、当初は「遊泳禁止」と書いていたが、設置直後にクレームがあったため、数カ月後に「遊泳危険」に書き換えた。県海岸防災課によると、海岸法には直接、遊泳禁止の規定がないため規制はできない。

 看板も遊泳に注意を呼び掛けるもの。つまり、川平湾は自己責任で海水浴が可能となっているのだ。

 過去に死者も

 とはいえ、川平湾は海水浴に適したところなのか。

 石垣市観光交流協会は、過去に酒に酔った遊泳者が死亡した事例を紹介した上で「潮流が速く、最大9ノット(時速約16㌔)は流れる」と危険性を指摘。「突然深くなる所もあるので、安全な場所で楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 市の観光文化課も「泳ぐには危険な所なので、周知が必要。どう周知するかは関係所管と調整したい」と話す。

 関係者の話をまとめると、川平湾は▽潮流が速い▽急に深くなる▽グラスボートにひかれる▽黒真珠養殖への影響がある|。これだけでも、海水浴に適しているとはいえない。

 昨年18年の八重山入域観光客数は137万人余りを記録し、外国人観光客も増加傾向にある。川平湾が危険な海であるということを、多言語看板で周知することが必要ではないか。

  • タグ: 川平湾
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム