八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

西表西部で660世帯停電 台風9号

徐々に風が強まり、海上も荒れ出した=8日午後3時ごろ、大浜海岸

徐々に風が強まり、海上も荒れ出した=8日午後3時ごろ、大浜海岸

空・海の便、終日欠航

 大型で非常に強い台風9号(レキマー)は8日午後4時には石垣島の東南東140㌔にあり、石垣島地方などを風速25㍍以上の暴風域に巻き込みながら時速20㌔の速さで北北西へ進んでいる。台風の接近で竹富町大原で同日午後4時44分に最大瞬間風速24.4㍍を観測した。竹富町西表で8日午後5時時点で660世帯が停電している。石垣市、竹富町は8日午後3時半までに避難勧告を発令。3市町が開設した避難所に午後4時45分時点で87人が避難している。  石垣島地方気象台によると、石垣島地方は8日正午ごろに暴風域に入り、同日夜遅くから9日未明にかけ最接近し、抜けるのは9日昼すぎと見られている。  8日午後4時時点の中心気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速50㍍(最大瞬間風速70㍍)。中心から全域190㌔で風速25㍍以上の暴風域を伴う。  台風の接近で、8日夕方から翌朝まで最大1時間に80㍉の激しい雨が予想され、低い土地での浸水、河川の増水に注意が必要になる。  8日は空の便や離島を結ぶ定期船は終日欠航。航空各社によると、石垣、与那国空港を離着陸する33便が欠航、予約ベースで7000人以上の利用客に影響が出た。路線バスは午前中の一部を除き運休。9日は各社とも今後の台風の状況をみて判断する。船舶は全便欠航。  沖縄気象台では、16年前に宮古島で最大瞬間風速74.1㍍を記録した台風に匹敵する規模の台風として厳重な警戒を呼び掛けている。

  • タグ: 台風9号停電
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム