八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島の星空を満喫 南の島の星まつり

ライトダウンにより浮かび上がった満天の星空。天の川を中心に無数の星が広がった=3日午後9時28分、南ぬ浜町緑地公園(30秒露光)

ライトダウンにより浮かび上がった満天の星空。天の川を中心に無数の星が広がった=3日午後9時28分、南ぬ浜町緑地公園(30秒露光)

観望会や夕涼みライブ

 石垣島の星空を楽しむイベント、「南の島の星まつり2019」(同実行委員会主催)が3日午後、南ぬ浜町緑地公園で開かれ、石垣市民や観光客など9000人(主催者発表)が星空観望会や夕涼みライブなどを満喫した。午後9時に一斉消灯されると雲の隙間から星空が顔をのぞかせ、会場の参加者から歓声。星空の下で石垣島の夜を楽しんだ。

 会場となった緑地公園は午後5時に開場。午後6時に夕涼みライブがスタートした。会場には天体望遠鏡が設置され、多くの家族連れや観光客が、望遠鏡をのぞいて太陽や恒星を確認。

 長崎県から参加した大島裕貴君(12)は、太陽望遠鏡で太陽を確認。「長崎では黒点が見えたが、きょうはプロミネンスがきれいに見えた」と感想を述べた。この時期には見られない南十字星については、「次の機会に南十字星を見てみたい」と話した。

 夕涼みライブではケイスケサカモトさん、夏川りみさん、Skoop On Somebodyが登場。夏川さんとそれぞれコラボするなど、歌声で会場を盛り上げた。このほか、石垣島のご当地アイドル「ゆいイシガキ88(パチパチ)!」などがゲスト出演。最後はアーティスト全員で、坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」を合唱した。

 午後9時のライトダウンを前に、全員でカウントダウン。石垣島一斉ライトダウンが始まり星空が見えると、会場から「わあ、きれい」など歓声が上がった。NPO八重山星の会が星空を解説した。この日の夜空は若干雲がかかったものの、土星や牛飼い座のアークトゥルスなどが見られた。

 同まつりは、全88星座のうち84星座を観望できる、石垣島の星空の魅力をPRするイベントで、旧暦の七夕(8月7日)に近い週末に合わせて毎年開催。星まつりをスタートに12日までを「星空ウィーク」と位置付け、各地で関連イベントが催される。

  • タグ: 南の島の星まつり
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム