八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

食育充実で実践発表 学校給食研

八重山地区学校給食研究協議大会で、講演に聞き入る参加者=8日午後、白保中体育館

八重山地区学校給食研究協議大会で、講演に聞き入る参加者=8日午後、白保中体育館

“食”は社会人基礎力(生きる力)に繋がる」の演題で講演する前川美紀子氏=8日午後、白保中体育館

朝食チェックなど紹介
担当校白保中

 八重山地区学校給食研究協議会(会長・﨑山晃白保中学校長)主催の第22回八重山地区学校給食研究協議大会が8日午後、白保中体育館であり、出席者が研究実践発表や講演などを通して、食育の充実について考えた。

 大会では、石垣市内の小中学校が1年単位で交代して、各校の給食実践を発表している。今年度は担当校の白保中が「生涯にわたって、心豊かにたくましく生きる力を育む学校給食の推進」を主題に①健康観察簿を活用した朝食チェック②食育講話と簡単料理講習③おにぎりの日④エプロンと帽子の導入—などに取り組んできた。

 報告した同校の石垣沙耶養護教諭は「睡眠や栄養、運動の健康3本柱がそろってはじめて健康な生活が送れる。今後も朝食欠食率の調査を続け、学校全体の共通認識で生徒の食への興味関心を喚起したい。家庭や地域と連携し、基本的な生活習慣の確立を図っていきたい」と述べた。同校の川村貴志教諭は県健康教育研究大会の参加報告を行った。

 終了後、名桜大学人間健康学部上級准教授の前川美紀子氏が「“食”は社会人基礎力(生きる力)に繋がる」の演題で講演。

 前川氏は社会人基礎力として▽前に踏み出す力(アクション)▽考え抜く力(シンキング)▽チームで働く力(チームワーク)—を挙げ、つけるために▽知識を理解し活用する力(リテラシー)▽人と自分にベストな状態をもたらそうとする力(コンピテンシー)—が重要だと強調。

 県の中学2年生の朝食摂取状況や、大学生を対象に実施したアンケート結果、ジャンクフードの弊害なども紹介し、「生徒自身が食生活の心と体に及ぼす影響を認識し、自身で自分の身体をつくる意識を高めることが必要。家庭や学校、地域での食育充実のために連携を取りながら進めることが大事」と述べた。

 会場では同校PTA手作りのジューシーやユヌクもち、サーターアンダギーなどが用意され、参加者に振る舞われた。

 冒頭、﨑山会長は「食育を通じて、食に関する知識と食を選択する力を習得させ、健全な食生活を実現できる児童生徒を育てていきたい」とあいさつした。

  • タグ: 学校給食
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム