八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

飛躍誓い新たな門出 石垣市成人式

晴れ着に身を包み、友人らと喜びを分かち合う新成人ら=4日午後、石垣市民会館大ホール

晴れ着に身を包み、友人らと喜びを分かち合う新成人ら=4日午後、石垣市民会館大ホール

華やかな振り袖姿で会場へ向かう新成人ら=4日午後、石垣市民会館大ホール

465人を祝福

 正月帰省に合わせた、一足早い石垣市主催の成人式が4日午後、石垣市民会館大ホールで開かれ、家族や親戚、知人らが着物やスーツなど晴れ着に身を包んだ成人者465人の新たな人生の門出を祝福した。会場で成人者は思い出話に花を咲かせ、旧交を温めるとともに、互いに今後の飛躍を誓い合った。ことしの郡内成人者数は約560人。

 新成人を代表して新村駿さんが「今まで育ててくれた家族や両親、先生方、地域への1番の恩返しは一人一人が強く優しい立派な大人になること。社会の一員としての自覚と責任、自信を持って一歩一歩、歩んでいく」、宮良ひかりさんが「周りと比べず本当に自分がしたいことを考え、人生をつくっていくことが本当の自立であり、大人になること。石垣市で生まれ育った誇り、成人としての決意を胸に、今後の人生を歩いていく」と誓った。

 中山義隆市長は「どこにいても島を忘れることなく誇りとし、市の活性化に寄与する人材になれるよう、若い力を発揮していただきたい」と式辞。石垣市議会の平良秀之議長が祝辞を述べた。

 新成人が市民憲章を唱和したほか、いしがき少年少女合唱団が石垣市歌と「島人ぬ宝」を歌った。

 第2部のアトラクションは石垣市青年団協議会(大底翔会長)が進行し、同協議会と3高校郷土芸能部の卒業生による「鷲ぬ鳥節」で幕開け。同協議会のユーモアあふれる「満月太鼓囃子」のほか、地元バンド「R.S.B」と歌手のリカ・トゥモールさんがパワフルな歌声と演奏で「おいでおいでおいで」など4曲を披露し、成人者を後押しした。

 小学6年から中学3年まで石垣市で過ごし、現在は筑波大学で図書館情報学などを学んでいる船越大輝さん(20)=南風原町出身=は「あっという間の20年だった。将来はシステム構築系の職業に就き、ゆくゆくはフリーランスで会社を立ち上げて石垣で仕事ができたら」、琉球大学で地域振興を勉強している根間友紀乃さん(同)=真栄里出身=は「20歳になったことを実感した式だった。地域振興に興味があり、公務員を目指している。いずれは八重山に戻って貢献したい」とそれぞれ抱負を語った。

 竹富町は2日と3日、与那国町は4日に成人式が行われ、それぞれ46人、21人が大人の仲間入りを果たした。

石垣市成人式写真特集

※pdfファイルが別ウィンドウで開きます。

  • タグ: 成人式
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム