八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

犯罪のない明るい社会を

2018年全国地域安全運動のポスター、標語の公募で入選し、表彰を受ける児童生徒ら=10日午後、海星小学校体育館

2018年全国地域安全運動のポスター、標語の公募で入選し、表彰を受ける児童生徒ら=10日午後、海星小学校体育館

元気いっぱいのエイサーパレードで2018年全国地域安全運動をPRする海星小学校4~6年生=10日夕、新栄公園前

全国地域安全運動
八重山200人で出発式

 犯罪のない明るい社会を地域ぐるみでめざす「2018年全国地域安全運動」が11日、全国一斉にスタートするのを前に、同運動の出発式(八重山署、八重山地区防犯協会主催)が10日午後、海星小学校体育館で開かれ、各地域の自主防犯組織など約200人が安全な地域づくりの機運を高めた。20日までの運動期間中▽女性や子どもを狙う犯罪▽特殊詐欺▽万引き▽自転車盗▽飲酒絡み事案—の被害防止を重点に、広報啓発などを展開する。代表児童生徒の意見発表や、標語やポスターなどの受賞者への表彰もあった。

 八重山署によると、ことしの管内の刑法犯認知件数は、9月末時点(暫定値)で238件(前年同期比14件減)だが、重点項目である万引きと自転車盗は増加傾向。特殊詐欺については、6月に「会員登録の未納料金がある」などとだまされレンタルビデオ店でウェブマネーを購入しようとして店員に止められ、被害が未然に防止された例がある。 

 同署の与那嶺一文署長は「最も大切なことは、自分たちの地域は自分たちで守る、という意識のもと、犯罪に強い地域社会を構築すること」と地域全体の防犯意識を高めることの重要性を強調した。

 八重山市町会副会長の西大舛髙旬竹富町長は「近年の犯罪は極めて巧妙で、個人レベルで高齢者や次世代を守ることは困難。安全で明るく住みよい街づくりに力添えを」とあいさつ。

 意見発表では黄妍寧さん(海星小学6年)が「安心できる社会のためには互いの思いやりが重要」、世持結生さん(白保中学2年)が「インターネットを使う時は画面の向こうに多くの人がいると理解して」、新垣澪奈さん(八重山商工高校1年)が「交通事故の一番の原因は一人一人の意識の低さ」とそれぞれ主張した。

 出発式の後、参加者は青色回転灯パトカーと海星小学校4~6年生46人のエイサーを先頭に市街地をパレードし、運動をPRした。

 ポスター、標語の受賞者は次の通り。

 〈ポスターの部〉

 石垣七海(平真小6年)、日當榮輔(同)、田中友樹也(同)、石垣政翔(同)、佐藤楓(同)

 〈標語の部〉

 辻野聖菜(平真小6年)、辻野愛瑠(大浜中学2年)、辻野ヒロ子、辻野真紀

  • タグ: 全国地域安全運動
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム