八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

上善会が設立20周年

設立20周年を迎えた医療法人上善会の第19回秋祭りを楽しむ人たち=7日午後、かりゆし病院駐車場広場

設立20周年を迎えた医療法人上善会の第19回秋祭りを楽しむ人たち=7日午後、かりゆし病院駐車場広場

特設ステージの座開きで「鷲ぬ鳥節」を披露する勤続20年の職員ら=7日午後、かりゆし病院駐車場広場

秋まつりで住民と節目祝う

 1998年10月1日に設立され、ことし20周年を迎えた医療法人上善会(橋本孝来理事長)は7日、かりゆし病院駐車場広場で第19回秋祭り、市内ホテルで記念式典と祝賀会を開催した。利用者や住民らが訪れ、節目を祝福した。

 同会はかりゆし病院をはじめ介護老人保健施設、認知症対応型共同生活介護グループホーム、認知症対応型通所介護デイサービスなど6施設7事業を運営し、地域の医療・介護・福祉の向上に貢献している。11月からは訪問看護ステーションもスタートさせる。

 橋本理事長は秋祭りでのあいさつで「誰でも安心して暮らせる地域社会の実現、親しまれ頼りにされる病院を目標に、日常生活により近い立ち位置で、皆様の健康の役に立てるようこれからも努力する」と決意を語った。

 祭りは石垣第二中学校の吹奏楽マーチングバンド部の演奏で幕開け。特設ステージでは、勤続20年の職員らの「鷲ぬ鳥節」に続き、ことしのとぅばらーま大会優勝者の玉代㔟秀尚さんの独唱、石垣中学校郷土芸能部の踊りなどが披露された。施設利用者や地域住民らが舞台のほか、屋台のゲームや料理を楽しんだ。

 病院待合室では血圧や身長体重、体脂肪の測定や視力検査のコーナーが設けられ、来場者が健康チェックも行った。

  • タグ: 医療法人上善会かりゆし病院
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム