八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県内外の競技者交流

フライングディスクを飛ばして、ニュースポーツのアルティメットを体験する参加者ら=7日午後、サッカーパークあかんま

フライングディスクを飛ばして、ニュースポーツのアルティメットを体験する参加者ら=7日午後、サッカーパークあかんま

アルティメットフェスタ
一般向け体験クリニックも

 フライングディスク(フリスビー)を使ったニュースポーツ、アルティメット競技、美ら島アルティメットフェスタ石垣島2018(沖縄県フライングディスク協会主催)が7日、サッカーパークあかんまで開催され、県内外のプレーヤーが交流を深めるとともに、一般参加者らが新しいスポーツ競技を体験した。

 アルティメットとは、アメフトとバスケットボールを融合したようなスポーツで、縦100㍍×横37㍍のコート上を、5人以上のチームでディスクをパスしてつなぎ、最後に相手側コート端のエンドゾーンでキャッチして得点となる。

 同フェスタは、石垣島の温暖な気候に加え、広大な人工芝があるサッカーパークあかんまの特性を生かして開催されており、ことしで4年目。

 千葉、神奈川、大阪、福岡など県外から社会人や大学生のほか、ことし県内で初めて誕生した小学生チーム「石垣島アスリートカヤパニーシャ」も参加した。

 一般者向けの体験クリニックも行われ、大人から子供まで50人以上が、ディスクの投げ方などについて指導を受け、新感覚のスポーツを楽しんだ。

 第1回目からフェスタ開催にかかわっている県アルティメット協会の新城秀二会長は、「温暖な気候で観光と合わせられるのが魅力。また、小学生チームの育成に参加しながら交流を楽しめるのは、美ら島フェスタならでは」と継続開催の成果を喜んだ。

  • タグ: アルティメットフェスタフライングディスク
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム