八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

旧水産研究所活用計画を作成 石垣市

石垣市が購入を計画している旧西海区水産研究所石垣支所=2016年5月6日

石垣市が購入を計画している旧西海区水産研究所石垣支所=2016年5月6日

購入費用5億円余り 市議会野党は疑問視

 桴海大田にある旧西海区水産研究所石垣支所の購入を予定している石垣市が、「北西部活性化センター」として北西部に観光の拠点を整備する内容の事業計画書を作成したことが分かった。購入費用は5億3200万円を予定、来年度から2年間の分割購入を視野に入れている。市議会9月定例会に提出した2018年度一般会計補正予算案に、測量と不動産鑑定の委託料246万円を盛り込んでいるが、野党側は「北西部の住民の意見を聞いていない」などと疑問視、修正案を準備する考えだ。

 石垣支所の購入をめぐり、市はことし3月、3月定例会に上程した当初予算案で5億1000万円を計上したが、「購入後の利活用計画が不透明。計画を明確にすることが求められている。購入後の維持管理にも疑問がある」などとして全会一致で予備費に組み替えられた経緯がある。

 市は2日、総務財政委員会に計画書を提出した。それによると、北西部地区の新たな交流拠点の創出と地域活性化を目的に購入する方向性を決定した。

 市が購入し、民間事業者に整備運用を託す考え。施設の活用方針として▽商業複合施設▽サテライトオフィス▽小さな水族館▽簡易宿泊施設▽大学などの研究室誘致▽水産資源養殖事業▽エコツーリズム▽CCRC(継続的なケア付きの高齢者たちの共同体)ーなどを挙げ、これらの活用案の範囲で民間事業者を公募する。

 施設は約2万平方㍍に15棟(計3565平方㍍)を有し、内閣府沖縄総合事務局八重山財務出張所が管理している。

 購入費はことし3月末の鑑定評価額。4億2560万円は沖縄離島活性化推進事業費補助金や沖縄振興特別推進市町村交付金、残る1億640万円は起債を予定する。

 市はことし5月、庁内検討協議会(委員長・漢那政弘副市長、10人)を設置。施設の視察を行い、利活用の方向性や運営方針、資金計画などについて協議を重ねてきた。

 総務財政委では野党側から慎重論が出たため、10日から始まる一般質問での答弁を踏まえた上で採決する。野党側は「住民の意見も聞いていないのに、委託料を認めれば事業着手となる」として委託料を予備費に組み替える修正案を提出する予定だ。

  • タグ: 旧西海区水産研究所石垣支所
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム