八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

優良妊娠牛を導入 竹富町

好調さを維持する子牛セリ。町が、足腰をさらに強化しようと妊娠牛導入を支援する=1月13日午前、黒島家畜セリ市場

好調さを維持する子牛セリ。町が、足腰をさらに強化しようと妊娠牛導入を支援する=1月13日午前、黒島家畜セリ市場

単独は県内市町村で初
本年度5農家に500万円補助

 竹富町は町和牛増頭計画に基づき、本年度から優良妊娠牛の導入を支援する新規事業を開始する。次世代を担う肉用牛畜産農家と農業生産法人の経営安定、繁殖生産基盤の拡充・強化を図るのが狙い。町によると、県内市町村単独での妊娠牛導入は初めて。町は、妊娠牛を導入する農家に上限100万円を交付。額が100万円を下回る場合は、購入額の90%を補助する。本年度は500万円で5農家に補助する。

 若手農家が新たに畜産業を始める場合、機械や設備など初期投資に負担を強いられることから、経営安定に向けた支援策として実施するもの。繁殖には雌牛の種付けから出産、出荷まで通常1年半以上かかるが、優良妊娠牛導入でこの期間が短縮され、早期収入が見込める。

 町は2017年度から補助額や条件整備を進めており、前年度からの一般会計予算繰り越し分300万円に、本年度当初予算180万円と9月定例会補正予算20万円を追加した。

 補助金交付の対象農家は▽石垣島和牛改良組合に自己名義で登録▽申請時の年齢が18歳以上45歳未満―など。ことし4~7月に公募し、8月の選定委員会で選定した。導入牛の売買、譲渡、貸与を禁止し、2産以上の子牛生産に努めるよう求めている。

 5農家は、今月中に鳥取県で優良妊娠牛を買い付ける予定。妊娠牛を海上輸送する際、流産などのリスクも懸念されるため、専用コンテナで運ぶ計画だ。

 畜産業は町の農業生産額全体の約67%を占める。子牛価格が好調な時期に、新規事業で足腰の強化を目指す考え。

 産業振興課の小濵啓由課長は「継続事業を目指したい。若い農家が畜産経営のしやすい環境を整えることで、産業が活性化し、定住促進にもつながる」と話している。

  • タグ: 竹富町優良妊娠牛
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム