八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

共同作業で手作り工作 本社主催

キッズチェアを製作する参加者=5日午前、メイクマン石垣店

キッズチェアを製作する参加者=5日午前、メイクマン石垣店

キッズチェアを製作する参加者=5日午前、メイクマン石垣店

親子121組作品完成

 第31回親子ふれあい手づくり広場(八重山毎日新聞社主催、メイクマン石垣店協賛)が5日、同店で午前と午後、行われ、小学生の親子121組が、DIYや木工、カンカラ三線作りなど五つの工作に分かれて作業に取り組んだ。

 今回初めて、電動工具を本格的に取り入れた工作「電動工具キッズチェアづくり」も実施され、自分で家屋を修繕したり、家具を作ったりするDIYを親子共同作業で楽しんだ。

 このほか、カンカラ三線や木工で「ブック型ボックス」、アクリル工作「開く文具ケース」、しっくい工作「シーサーポット」の四つを行ない、各メーカーの店舗スタッフやメイクマンDIYアドバイザーが丁寧に作り方を指導。

 キッズチェアづくりは、材料のホワイトウッドを寸法に合わせてジグソーでカットし、ネジ止めした後にサンダーで磨いて完成させた。 

 電動工具を手際よく扱いながら工作した嵩原明依さん(10)は「工作が好きなので、作っていて楽しかった。出来栄えは100点。家で使うのが楽しみ」と笑顔を見せた。

 しっくいでシーサーポットを作った砂川心花さん(8)は「色塗りで体にピンクを塗った後に白い斑点をつけた。目もかわいく描けた。学校の宿題に提出したい」と話した。

地図
  • タグ: 親子ふれあい手づくり広
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム