八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

夏の交安運動スタート 出発式で7団体が決意新た

レンタカー事故防止のために作製された3カ国語表記の横断幕=11日夕、市運動公園屋内練習場

レンタカー事故防止のために作製された3カ国語表記の横断幕=11日夕、市運動公園屋内練習場

2018年度夏の交通安全県民運動出発式で無事故の決意を新たにした参加者ら=11日夕、市運動公園屋内練習場

レンタカー事故防止
3カ国語で呼び掛け

 「一杯で 消える未来と 消せぬ罪」をスローガンに夏場、増加傾向にある交通事故と飲酒運転を防止するため「2018年度夏の交通安全県民運動」が11日、県内一斉に始まった。20日まで。運動の出発式(市交通安全推進協議会主催)が11日夕、石垣市中央運動公園屋内練習場で開かれ、出席した関係7団体が決意を新たにした。同協議会など4団体は、年々増加するレンタカー事故の防止に向け3カ国語表記で注意を呼び掛ける横断幕を作製し、出発式で披露した。

 八重山署(与那嶺一文署長)によると、管内の人身事故は6月末時点で前年同数の37件。交差点事故が全体の67%と依然、高い割合を占める。また、歩行者が車両に衝突される事故が約26%。物損事故は昨年より36件増え、762件。レンタカー事故が38%を占め、夏場にかけて増加が懸念されている。

 出発式で、同協議会会長の中山義隆市長は「市民、観光客への交通安全意識の普及、浸透を図り、交通ルールの順守と正しい交通マナーの実践を習慣づけ、交通事故の抑止を図りたい」、与那嶺署長は「主要交差点での街頭指導など、交通事故を減らすための各種取り組みを強力に推進していく」とあいさつした。

 レンタカー事故防止策横断幕は、同協議会、八重山地区交通安全協会、市商工振興課、市観光文化課が共同で作製。同横断幕を観光客の立ち寄りが多い▽南ぬ島石垣空港入口▽ユーグレナ石垣港離島ターミナル▽市役所第2駐車場▽川平公園駐車場—などに設置する。

 アトラクションとして、石垣第二中学校マーチングバンド部(前本彩花部長、部員47人)が力強い演奏で出発式を盛り上げた。

  • タグ: 交安運動
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム