八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【最優秀賞の顔】① 宮良あゆみさん(18)

第44回八重山古典民謡コンクール最優秀賞に合格した宮良あゆみさん

第44回八重山古典民謡コンクール最優秀賞に合格した宮良あゆみさん

第44回八重山古典民謡コンクール
練習の成果が結果に

 優秀賞合格後の1年間を除いて、2014年の奨励普及賞から18年の最優秀賞まですべて初挑戦の“ストレート合格”を果たした。「自信があった。今までの練習の成果が結果につながったと感じた」と笑顔。

 芸能が盛んな川平で生まれ育ったが、三線を始めたのは意外にも中学3年の時。祖母に勧められて大仲進研究所の門をたたいた。それまで興味も触る機会もなかったが、一気にのめり込んだ。

 審査当日は緊張せずに自分らしさを出すことを心がけ、合格発表後は師匠の大仲さんから「出会えてよかった」と最高の褒め言葉も。「信頼関係があってここまで来られた。本当に感謝している」と感慨深げ。

 八重山古典民謡の魅力は「昔の人の生活の中の素直な感情が込められていて、歴史も学びながら歌えること」。歌詞の意味も知る事でより感情が入るという。

 八重山高校時代は郷土芸能部でも活躍。3年生の時にはとぅばらーま大会で優秀賞を獲得した。今後は小浜節大会などへの挑戦も視野に入れている。

 将来について「教室を開く目標がある。4年後の教師、8年後の師範試験に向けて、努力を重ねていきたい」と意気込みを語った。

 みやら・あゆみ=石垣市川平在住、新人賞2015年、優秀賞16年、大仲進研究所

  • タグ: 八重山古典民謡コンクール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム