八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重農3分野で最優秀賞 県学校農業ク大会

各分野で最優秀賞に輝いた左から迎里心穏さん、嶺井泰志君、山根梨里花さん、新垣伊武樹君、富川朝信君、野底紗彩さん=6日午後、市民会館大ホール

各分野で最優秀賞に輝いた左から迎里心穏さん、嶺井泰志君、山根梨里花さん、新垣伊武樹君、富川朝信君、野底紗彩さん=6日午後、市民会館大ホール

九州と全国大会に出場へ

 第66回沖縄県学校農業クラブ連盟大会(主催・同連盟、県高等学校文化連盟)は2日目の6日、石垣市民会館などで意見とプロジェクト発表、平板測量競技を行い、全日程を終えた。その結果、プロジェクト発表の分野Ⅰ類で八重山農林高校フードプロデュース科3年の富川朝信君(18)ら4人、意見発表の分野Ⅰ類で同科2年の嶺井泰志君(16)、フラワーアレンジメント競技でライフスキル科2年の迎里心穏(しおん)さん(同)が最優秀賞に輝いた。プロジェクトと意見発表の5人は8月に宮崎県で開かれる九州大会、迎里さんは10月に山口県で開かれる全国大会に県代表として派遣される。

 八重農からは意見発表で多宇楓香さん(ライフスキル科3年)、家畜審査で仲嵩善希君(フードプロデュース科1年)が優秀賞に選ばれた。

 富川君ら4人は「放牧肥育に関する研究Part3~地域の資源を有効利用した牛肉生産への挑戦~」のテーマで、地元で育つ牧草と副産物を有効利用した褐毛和牛(あか牛)の牛肉生産について発表。富川君は「準備から頑張ってきたので感無量。九州大会までにスライドや記録簿のまとめ、発表原稿の暗記などをしっかり行って1位を取り、全国まで目指す」と抱負。

 「今は、Little 経営者」のテーマで、養鶏農家の課題解決に向けて行った研究を発表した嶺井君は「発表で数秒止まった場面が2回あってダメかと思っていたので、表彰式で名前を呼ばれてうれしかった。昨年は九州で2位だったので、ことしは1位を取って全国まで行きたい」、家族への思いをテーマに作品を作った迎里さんは「まさか自分が選ばれるとは思わなかった。今よりもレベルを上げて、九州では県以上の力を出せるように頑張りたい」と意欲を語った。

  • タグ: 農林高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム