八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

全国安全週間 安全徹底で労災防止を

合同パトロールで労働災害防止策を点検する参加者ら=4日午前、沖縄銀行八重山支店新築工事現場

合同パトロールで労働災害防止策を点検する参加者ら=4日午前、沖縄銀行八重山支店新築工事現場

労基署と建災防分会 建築現場でパトロール

■5月末で労災14件(前年同期比3件の増加)

 労働災害防止活動を推進する「第91回全国安全週間」が1日、全国一斉にスタートした。7日まで。同週間に伴い八重山労働基準監督署(梅澤栄署長)と建設業労働災害防止協会沖縄支部八重山分会(米盛博明分会長)は4日午前、石垣市内の建築現場13箇所で合同パトロールを行い、安全指導員など14人が転落事故や熱中症などの防止対策を確認した。沖縄労働局によると、ことしの八重山管内の労働災害は、5月末時点で14件(前年同期比3件増)で、このうち建設業で5件(同)発生している。

 ことしの同週間のスローガンは「新たな視点でみつめる職場、創意と工夫で安全管理、惜しまぬ努力で築くゼロ災」。

 出発式で米盛分会長は「八重山は建築業を中心に忙しい状況が続いている。高所からの転落や熱中症に気を付けよう」、梅澤署長は「墜落や転落、倒壊や崩壊、クレーンによる被害の三つの労働災害が多い。安全管理の仲間を増やしてほしい」とあいさつした

 パトロールのうち、市内美崎町の沖縄銀行八重山支店新築工事現場では、安全指導員らが3階建ての鉄骨造の作業現場を確認し、建築業界に多い▽墜落▽倒壊▽クレーン事故|などの対策を重点に作業足場の手すりや筋交い、幅木、ネット設置の有無などを点検した。

 2017年度の八重山管内の労働災害件数は50件。分会員は「建築業全体の例に漏れず、八重山も労働者、監督者ともに人手不足。仕事が多すぎるので働きたいと思う人が少ないし、人材の奪い合いが起きている」と厳しい表情をみせた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム