八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

総販売額が1億6552万円 園芸協議会

本年度事業計画などを審議する会員ら=8日午後、大浜公民館

本年度事業計画などを審議する会員ら=8日午後、大浜公民館

達成率は59%にとどまる

 JAおきなわ八重山地区営農振興センター園芸協議会(兼浜秀雄会長、6部会157人)は8日午後、大浜公民館で総会を開いた。2017年度の取り扱い実績は野菜類で255㌧、1億6134万円、花き類で8万4459本、417万、総販売額は1億6552万円で、2億8250万円の販売計画に対し59%の達成率だった。オクラ、カボチャ、西表島カボチャ、ゴーヤ、インゲン、花きのすべての品目で、販売量と販売額が前年を下回った。

 報告によると昨年度は、10月の台風接近や11月の長雨の影響でほ場準備が遅れ、作付けや生育に遅れが生じた。年明け後は寒波や寒暖差の影響、日照不足もあり開花や着果不良が目立ち出荷量が減少した。

 主力のオクラは、天候に恵まれたものの、生育が早すぎて収穫作業の遅れが目立った。また価格低迷で切り戻しが早まり、販売額は前年比32%減となった。

 兼浜会長は「昨年は天候の影響を受け、計画を下回った。今期に期待したい。八重山の野菜は東京でも通用する。もう一歩前進してブランド化を図りたい。良い物を市場に出してゆとりある生活を目指そう」と呼び掛けた。

 総会では、昨年度の活動報告と決算、本年度の事業計画と予算を承認。事業計画では野菜類396㌧、2億3050万円、花き類12万本、540万円の販売目標を設定した。

 優良農家と功労農家は次の各氏。

 ▽優良農家=土橋玄(オクラ)、伊保正明(カボチャ)、豊里笑子(ゴーヤ)、米盛八重(インゲン)、山城保順(西表カボチャ)、宮城順一、照屋朝春(花き)

 ▽功労農家=東政廣(オクラ)、松村剛(カボチャ)、平良光夫(ゴーヤ)、山城吉輝(西表カボチャ)

  • タグ: 園芸協議会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム