八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

賛成住民ら7人出席 陸自配備計画意見交換会

石垣市が開南・於茂登住民に限定し開催した意見交換会。賛成する住民ら7人が出席し、意見を述べた=16日夜、大本小学校体育館

石垣市が開南・於茂登住民に限定し開催した意見交換会。賛成する住民ら7人が出席し、意見を述べた=16日夜、大本小学校体育館

車両で会場に向かう中山義隆市長に抗議の意思を示す住民ら=16日夕、大本小学校正門前

早期配備求める
反対住民は参加せず

 防衛省の平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣市は16日夜、開南・於茂登地区の住民を対象にした意見交換会を大本小学校体育館で開いた。地区外からの出席を認めるよう求める声もあったが、「まず配備先候補地に一番近い住民の意見を聞くことが大事だ」(中山義隆市長)として限定。配備に理解・賛成する住民ら7人が出席したが、反対する住民の姿はなかった。出席者からは「中国の脅威に対する抑止力」として早期配備の要望もあったが、中山義隆市長は石垣島を含む南西諸島の配備に理解を示しつつ「最終判断」の時期については明言を避けた。

 意見交換会には市側から中山市長、漢那政弘副市長、各部長らが出席。配備計画に至る経緯、防衛省が示した施設配置案、石垣島への部隊配置の考え方を紹介した上で意見を聞いた。

 早期の配備を求めた住民は「中国の脅威は日に日に強まっており、抑止力としてどうしても配備が必要。中国は沖縄を日本領と認めていない。取り返すと言っており、圧力を強めている。反対派は対話を大事にと言うが、軍事がないと対話も成立しない」と主張した。

 別の住民からは「地域には少子化などの課題があるが、与那国は配備で活性化した」とメリットを強調する意見もあった。

 車両数、弾薬庫の位置変更、水源地への影響などに関する質問には中山市長は「防衛省に確認して伝えたい。意見交換会は、こういう意見を防衛省に伝え、確認作業をするため」と回答、「きょうに限らず質問があれば担当で受け付ける」とした。

 このほか、反対住民の出席がなかったことについて出席者の1人は「残念。賛成、反対とは別に自分の思いを述べてほしい。意見も言えない人がいっぱいいると感じており、次回は多くの住民が参加できるようにしてほしい」と要望した。

 中山市長は意見交換終了後、「出席した住民から貴重な意見をうかがった。反対する住民はボイコットしたと感じているが、すべてが反対とは考えていない。反対する住民の意見も聞く機会を設けたい」と記者団に語った。川原・嵩田地区住民を対象にした意見交換会も近く開催する意向も示した。

 ■「一方的な開催」と抗議 反対住民や市民ら80人が集会

 開南・於茂登地区住民を対象にした石垣市の意見交換会に先立ち、配備に反対する4地区公民館の住民と石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会のメンバーら約80人が大本小学校校門前で集会を開き、「既成事実をつくろうとしている」「公民館の頭越しでの一方的な開催だ」などと抗議の意思を示した。

 開南公民館の小林丙次館長は「公民館の頭越しでの開催通知に憤っている。市に対する要請も、市からのボランティア依頼も、すべて公民館を窓口にしてやっている。住民自治が無視された」と怒りをあらわにした。

 「子どもたちの学びの場である学校を政治的な目的で利用することは好ましくない」として中止を要請していた大本小PTAの梅田要会長は「賛成、反対ではなく、こういう状況をつくりたくなかった。学校で開催されるのは残念。市には市民の声を聞く規則をつくってもらいたい」と語った。

 集会では、広く市民との意見交換の場の設定を求める要請書を採択、上原秀政、金城哲浩両共同代表が体育館入り口で手渡そうとしたが、中山義隆市長は受け取らず、「今回は、意見交換の場としてセッティングした。要請があれば市役所まで来てもらいたい」と記者団に語った。

  • タグ: 陸自配備計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム