八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ひまわり10万輪開花

川平離島体験委員会が地域住民と植えつけたひまわり畑。満開となっている=11日午後、川平石崎半島入り口沿いの畑

川平離島体験委員会が地域住民と植えつけたひまわり畑。満開となっている=11日午後、川平石崎半島入り口沿いの畑

夏の絶景楽しむ
川平離島体験委員会

 農地の土壌を守るため、川平離島体験委員会(小林日出子会長)が2月末にひまわりの種をまいた川平石崎半島入り口沿いの畑約5万平方㍍に10万輪以上のひまわりが開花、訪れる人が夏の絶景を楽しんでいる。

 植え付けは、同会が2016年から毎年、収穫後のサトウキビ畑で行っている。赤土の流出を防止しながら景観を観光資源とし、開花終了後は畑にすき込んで堆肥にする。

 同会は20日午前10時30から、開花イベント「ひまわり感謝祭」を開く。 

 写真投稿サイト「インスタグラム」でフォトコンテストの写真も募集している。アカウント@kabira_himawariをフォローし、ハッシュタグ#kabira_himawariを付けて写真を投稿することで応募できる。審査結果は6月中旬ごろに同アカウントで発表する。

地図
  • タグ: 川平離島体験委員会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム