八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大本小が「愛鳥の集い」

リュウキュウコノハズクの骨格標本を見せながら、鳥の体の構造などを説明する佐野清貴さん=9日午前、大本小

リュウキュウコノハズクの骨格標本を見せながら、鳥の体の構造などを説明する佐野清貴さん=9日午前、大本小

元気いっぱい「バードウオッチング」の歌を歌う大本小学校の児童たち=9日午前、同校

野鳥観察の仕方など学ぶ
きょうから「愛鳥週間」

 10日から始まる「愛鳥週間」を前に、大本小学校(知念克治校長、児童9人)は9日午前、同校で「愛鳥の集い」を開き、学級の鳥が書かれたプレートを知念校長が児童に手渡したほか、県立石垣青少年の家専門職員の佐野清貴さん(51)が鳥の体の構造や進化、観察の仕方などについて講話した。

 同校では毎年各学級のプレートに鳥の名前を付ける取り組みを行っており、本年度は5・6年生がハヤブサ、4年生がタンチョウ、1・2年生がカルガモ。集いでは児童一人一人が好きな鳥と理由を発表したほか、野鳥観察の歌「バードウオッチング」の斉唱で元気な歌声を響かせた。

 佐野さんはリュウキュウコノハズクの骨格標本や鳥の手足、頭などの骨を見せ、絵を描きながら体の構造や特徴などを分かりやすく解説。人と鳥の腕の骨を比較して「構造はほぼ一緒で、共通点も多い」などと述べた。

 また、野鳥観察で鳥を発見した時は目を離さないことが重要と指摘し、「双眼鏡をそのまま目にかぶせると鳥がよく見える。斑点や模様など特徴を書いて、後で調べるといい」と助言した。

 児童会長の宮良鼓道君(6年、11)は「いろんなことを教えてくれてありがたかった。ダイサギとチュウサギの見分け方が分かってよかった。野鳥観察をしてもっと多くの鳥の種類を知りたい」と意欲を語った。

地図
  • タグ: 愛鳥週間大本小学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム