八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

南の島の星まつり2018 星空の宝庫、石垣島発信へ

「南の島の星まつり2018」の概要などを確認した実行委員会=7日夕、石垣市役所2階会議室

「南の島の星まつり2018」の概要などを確認した実行委員会=7日夕、石垣市役所2階会議室

8月11日~19日まで 魅力の7イベント展開

 旧暦7月7日の時期に例年、開催される石垣島の夏の風物詩イベント「南の島の星まつり2018」(同実行委員会主催)が8月11日から19日までの9日間、島内各地で開かれる。実行委は7日夕の会合で事業概要など4議案を承認し、西表石垣国立公園の「星空保護区」認定を契機に、島内外への″星空の宝庫・石垣島〟の魅力発信につなげることを確認した。同まつりはことしで17回目となる。

 9日間のまつりでは、メインの「ライトダウン星空観望会&夕涼みライブ」のほか、VERA観測局特別公開や短歌コンテスト「美ら星の歌」、保護区認定を受けて竹富町内での撮影写真も応募可能とした「星空フォトコンテスト」など7イベントを展開する。

 これまで午後3時ごろに開場していた観望会&ライブは、熱中症対策と星空をより良く観察してもらおうと、ことしは18日午後5時に開場、同6時開演を予定。場所は南ぬ浜町緑地公園で、ライトダウンは同9時から30分間。

 会合に先立ち、実行委員長の中山義隆石垣市長は「星まつりは年々、盛り上がり、全国からも注目されている。国内初の星空保護区認定もあり、世界に誇る星の島として今後、さらに星に関するイベントを盛り上げていきたい」とあいさつ。

 副実行委員長でNPO八重山星の会の通事安夫会長は「ことしの星まつりはかつてない星空になる。8時半から上弦の月に木星と金星、天の川、土星、いて座。15年ぶりに大接近する火星も見られる天体ショーがある。この日に見られることをワクワクしながら、着々と準備を進めていきたい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム