八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

川平公民館が反対決議 景観地区変更原案

市の風景計画・都市計画景観地区変更原案の見直しと撤回に向け、「頑張ろう」を三唱する参加者=16日夜、川平公民館

市の風景計画・都市計画景観地区変更原案の見直しと撤回に向け、「頑張ろう」を三唱する参加者=16日夜、川平公民館

現行堅持を要求、県に直訴へ

 石垣市がまとめた風景計画・都市計画景観地区(川平・観音堂)の変更原案に対し、景観地区の高さ制限を現行維持するよう求めている川平公民館(高嶺善伸館長)は16日夜、同公民館で原案の見直しと撤回を求める反対集会を開いた。川平の景観を守ろうと、地区内外から約140人が参加。地域の代表者ら6人が「原案見直しは断固反対」などと声を上げ、現行堅持を要求する反対決議を採択した。公民館側は18日、翁長雄志県知事、平敷昭人県教育長、新里米吉県議会議長に直接手渡す予定。中山義隆市長には20日の公聴会までに提出し、意見交換を求める考え。

 決議は、川平半島全域の999㌶の高さを「現行7㍍以下」から「13㍍を超える場合は景観形成審議会の意見を聞く」とする原案が高層建築物を促進させ、島の景観を損なうと指摘。区域内には国指定文化財が分布していることから、川平村の尊厳を損なうとして3回にわたって行った反対要請も無視された、と抗議している。

 決意表明では評議委員、老人クラブ代表、婦人会、移住者、青年会の各代表らが次々とマイクを握り、「市は地元が要望する現行維持を180度変えた」「観光地の乱開発防止を」などと訴え、参加者全員で原案撤回に向け「がんばろう」を三唱した。

 集会の冒頭で高嶺館長は「このままでは市は計画を進める。皆で団結しないと川平の景観は守れない。この集会が行政の良識を取り戻し、石垣島らしい景観は何かを考える機会になってほしい。川平の景観は私たちの宝だ」と強調した。

 変更原案をめぐって市は、3月下旬から4回にわたって住民説明会を開催。川平地域では「地域の意見を聞かずに変更原案をつくった。変更ありきの原案だ」と批判する声が相次いでいた。

 一方、高さ制限の緩和に関連して川平集落北側で高級リゾートホテルの建設を担う業者は、当初計画の2階建て(10㍍以下)から7~8階建て(27~30㍍)の高層化に変更する考えを示している。

 市は19日まで原案の縦覧を行い、20日午後2時から市役所第2会議室で公聴会を予定している。

  • タグ: 川平風景計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム