八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

加屋真島の魅力全国へ 1泊2日で七夕星まつり

「無人島・カヤマ島七夕星まつり」をPRする西大舛髙旬町長(左)と親盛一功社長16日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

「無人島・カヤマ島七夕星まつり」をPRする西大舛髙旬町長(左)と親盛一功社長16日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

 竹富町加屋真島の豊かな自然と星空の魅力を全国に発信しようと、ことし7月7日に1泊2日で「無人島・カヤマ島七夕星まつり」(同実行委員会主催)が開催される。美ら花グループ(親盛一功代表取締役社長)創業65周年記念事業の一環。実行委名誉会長の西大舛髙旬町長、委員長の親盛一功社長が16日、発表した。夏川りみさんらゲストによる星空ライブや星空観望会、翌日はマリンレジャー体験なども楽しめる。

 西大舛町長は「竹富町は加屋真島をはじめ各島々で星空がきれい。町制施行70周年に向けても意義のあるイベントだと思う」とPR。親盛社長は「今後、八重山観光は星に特化した観光も増える。第2回、第3回と継続できるまつりにしたい」と決意を語った。

 参加料は1人3万5000円。朝夕食付きで石垣牛のバーベキューやキャンプもある。定員は150人限定。当日はスタッフ約20~30人態勢で参加者をサポートする。問い合わせは、ホテルミヤヒラ内の三和トラベル(0980-82-6111)。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム