八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

郡内小中高で入学式 緊張を胸に新生活へ喜び

八重山高校の入学式で、割れたくす玉を見上げて笑顔を見せる新入生ら=9日午後、同校体育館

八重山高校の入学式で、割れたくす玉を見上げて笑顔を見せる新入生ら=9日午後、同校体育館

 郡内の小中高校の入学式が9日から始まった。県立3高校(八商工定時制含む)は同日午後2時から各体育館で入学式を行い、計447人が新生活への喜びと緊張を胸に、新たな学びやの門をくぐった。ことしは八重山高校221人、八重山農林高校88人、八重山商工高校全日制121人、定時制17人が入学した。10日は八重山特別支援学校含む小中学校36校で入学式が行われる。

 このうち八重山高校(仲舛盛順校長)では、「邁進(まいしん)」の字を大きく記した垂れ幕や、校是の「師弟同行」の旗頭を掲げ、新入生を歓迎。仲舛校長が入学許可を読み上げると、在校生がくす玉や風船を割って入学を祝福した。

 仲舛校長は式辞で、新入生への願いとして①入学を目指した初志を思い出し、再確認する事②高校生活の出会いを大切にする事③自分の意見、謙虚な姿勢、周囲への感謝を持ち、的確な判断ができる人間を目指す事―の3点を伝えた。

 新入生代表を大道妃夏(ひな)さんが務め「勉強も部活も頑張って有意義な高校生活を送り、どんな事が起きても対応できる知恵と体力と豊かな心を培いたい」とはつらつとあいさつ。

 生徒会の荒谷南登会長は「新たな環境に慣れるまでは不安の方が大きいかもしれないが、これからの出会いを大切にして、たくさんの事を学び、実りのある3年間を過ごしてほしい。一生に一度の高校生活を謳歌(おうか)しましょう」と呼び掛けた。

 PTAの糸数普学会長は「自由にいろんな選択をする権利を持つと同時に、責任を持つという事でもある。悔いの無い3年間を過ごしてほしい」と激励。

 式後、歓迎会で2、3年生代表や郷土芸能部が「ちばり節」を披露して新入生を祝った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム