八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

廃タイヤ大量不法投棄 底原ダム通路沿い

底原ダム通路沿いに大量に投棄されている廃タイヤ。斜面下の川にも落ちている=6日午後

底原ダム通路沿いに大量に投棄されている廃タイヤ。斜面下の川にも落ちている=6日午後

八重山署ら関係3者 悪質犯罪として情報収集

 サッカーパークあかんま近くにある底原ダムの通路沿いに、廃タイヤが大量に投棄されていることが7日までに分かった。100本以上はあるとみられ、何回かに分けて捨てられた可能性が高い。石垣市、県八重山保健所、八重山署の3者が「悪質な投棄」として、現場の状況を確認するなど投棄者の特定に向けた情報収集を行っている。

 市環境課によると、昨年12月上旬、市民から連絡を受け、保健所や署に通報するとともに現地を確認した。

 投棄されている場所は、県道87号線富野大川線からダム通路に入って数十㍍先の右側斜面。斜面下の川にもタイヤが落ちているのが確認できる。エアコンに使うホースやフィルターなども投棄されている。

 廃棄物処理法によると、投棄者には5年以下の懲役か1000万円以下の罰金が科せられる。

 3者は「不法投棄は悪質な犯罪。私たちは不法投棄を許しません」として、不法投棄が行われているところを見かけた場合は八重山署(82−0110)、不法投棄されたものを発見した場合は保健所(82−3240)か市環境課(82−1285)まで通報するよう協力を求めている。

  • タグ: 不法投棄廃タイヤ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム