八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

冬場の観光を提案 石垣プロジェクト

石垣島の冬の観光コンテンツを提案し、観光関連業者の感想を聞く産業能率大の学生と地元高校生ら=6日午前、石垣市役所

石垣島の冬の観光コンテンツを提案し、観光関連業者の感想を聞く産業能率大の学生と地元高校生ら=6日午前、石垣市役所

美容、健康、アウトドア
産業能率大ゼミ学生ら

 地域活性化を目的に石垣市などと産官学民四者間協定(石垣プロジェクト)を結んでいる産業能率大学のゼミ学生が6日午前、市が関係者を招いて市役所会議室で開いたプレゼンテーションで、石垣島の新たな冬場の観光コンテンツとして30~50歳の女性をターゲットに美容と健康、アウトドアスポーツと栄養価の高い特産物をそれぞれ組み合わせたツアーを発表、「今後も石垣島の発展に協力していきたい」と報告した。市の観光人材育成プログラムで学ぶ地元高校生も東周り、西周りの新たな観光コースを紹介した。

 市は2015年3月、同大、自由が丘商店街、㈱ユーグレナと4者間協定を締結。4者はこれまで観光や第6次産業などの分野で問題解決学習を学生に実施。市は今回、学習の成果を披露してもらおうとプレゼンを企画した。

 マーケティング学科1年次「高橋ゼミ」の6人が、年齢にとらわれない健康美をサブテーマにした「AGELESS TOUR」(エイジレスツアー)、現代ビジネス学科1年次「横溝ゼミ」の6人がアウトドアスポーツと栄養価の高い特産物で石垣島の新たなイメージの創造を目指す石垣島ナチュラルアウトドア「IGNO」(イグノ)を提案した。

 具体的には収穫、乾燥を体験してつくるハーブボール、ハーブを使った鍾乳洞でのヨガ、アウトドアに加え石垣島の特産物を使ったエネルギーチャージの開発などを挙げた。

 地元高校生は、漁業と農業を体験する東周りコース、「インスタ映え」するスポットを訪れる西周りコースの内容を説明、午後からは大学生らとともに実際に体験して意見交換した。

 プレゼンを受けた地元観光関係者らは「今後のツアー造成の参考にしたい」「地元業者と調整すれば商品化できる」などと感想を述べた。

  • タグ: 観光産業能率大学
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム