八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

地域防災に決意新た 市消防出初め式

出初め式恒例のカラフルな一斉着色放水=7日午後、石垣市消防本部

出初め式恒例のカラフルな一斉着色放水=7日午後、石垣市消防本部

「はしご乗り」で新年の願いを高らかに掲げる消防団員ら=7日午後、石垣市消防本部

消防団名物「はしご乗り」披露

 2018年消防出初め式(石垣市主催)が7日午後、石垣市消防本部で開かれ、市消防職員や市消防団、女性防火クラブなどが、ことし一年の無火災、無事故、無災害を祈願し、連携して地域防災に努める決意を新たにした。消防団員による県内唯一の恒例アトラクション「はしご乗り」は、ことしも拍手喝采。多くの親子が消防車と救急車の試乗を楽しんだ。式典では火災現場や消防行政に貢献した8個人5団体が表彰された。

 中山義隆市長は「市街地の拡張、建築物の高層化、大型化にともない、災害の形態も複雑かつ多様化の傾向にあると危惧される。公助、自助、共助が連携し機能できるよう、45カ所の自主防災組織で、消火栓操法大会などの各種訓練を充実させ、地域防災力の強化を進めたい」と式辞。宇根規光消防長は「災害のない素晴らしい穏やかな年になるよう祈念したい」とあいさつした。

 同消防団名物「はしご乗り」では、消防団員6人が、高さ5㍍のはしごの上で「館返し」「二本腹亀」「しゃちほこ」などさまざまな技を披露して会場を沸かせ、最後は3人で願いを込めて「火の用心」「無病息災」「家内安全」の垂れ幕を掲げた。

 このほか幼年消防クラブがエイサーを披露、消防隊員と消防団員が、カラフルな一斉着色放水を行い、締めくくった。また女性防火クラブが会場で参加者にぜんざいを振る舞った。 

 7日時点の石垣市消防本部職員は61人(定員62人)、消防団員は82人。

 受賞者は次の通り。

【石垣市長表彰(火災における早期通報等に関する功績)】

 野中英嗣、高那真一郎、豊川将、平田正明、本原正将、前津聡志、波平明男、中川真澄

【沖縄県消防協会八重山地区支会賛助会員表彰】

 崎枝自動車整備工場、(資)八重山自動車商会、狩俣シャッター、㈲安栄観光、㈲稲福酒販

  • タグ: 石垣市消防本部出初め式
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム