八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「経験を生かせるかは自分次第」 中高生に海外体験紹介

「未来は過去の行動が点と点とつながること」と行動力の大切さを訴える阿利斎生さん=29日午後、八重山教育事務所研修室

「未来は過去の行動が点と点とつながること」と行動力の大切さを訴える阿利斎生さん=29日午後、八重山教育事務所研修室

大学生、行動力の大切さ訴え
交流イベントで石垣出身6人

 石垣島出身で、国内外で活動する大学生と郡内中高生の交流イベント「Provisions Chanpuruu 人生の糧のちゃんぷる~!」(同実行委員会主催)が29日午後、八重山教育事務所研修室で初めて開かれた。大学生6人が「海外」をキーワードに掲げ、参加した50人余りの中高生らに自身の学生生活や留学経験などを紹介。「その経験をただの思い出にするか、何かのきっかけにするかは自分次第」と自ら一歩踏み出す大切さを訴えた。

 イベントは、同実行委代表で、沖縄キリスト教短期大学2年の阿利斎生(いつき)さん(20)が発案。現役大学生の声を共有することで、進路選択に悩む中高生らの背中を後押ししようと企画された。

 21カ国巡り世界一周をした沖縄国際大学3年の新嵩用兵衛さん、国立台北教育大学1年の木内美帆さん、文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN」に参加した琉球大学2年の本底曜さん、マーチング世界大会に出場した早稲田大学2年の石垣莉子さんら6人が登壇。

 阿利さんはシンガポールでの10日間の海外短期インターンシップや台湾一人旅経験に触れ、「過去に皆さんがやったことの点と点がつながり、未来はできる。自分の感覚を大事に行動すれば、思い描いた未来がゆかめるはず」と呼び掛けた。

 八重高在学時にアメリカ留学、4月から進学で渡米する久松南さんは「(留学など)行動することで価値観を広げることができた」と振り返った。

 阿利さんの妹で、嘉数中学3年の栞さん(14)は「受験勉強をする中で視野が少しずつ狭くなりがちだったので、海外留学の体験談などは新鮮だった。姉の姿は格好良くて、私もこれからいろんな経験を積んでいきたい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム