八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

刑法犯6減315件 八重山署管内

32792.17刑法犯認知状況.jpg

前年同期比〜窃盗は増加204件
粗暴犯減少、環境浄化奏功

 八重山署管内の刑法犯認知件数(暫定値)は11月30日時点で315件と、前年同期321件を6件下回った。粗暴犯や無銭飲食、無賃乗車など飲酒がらみの事案が減少傾向。年末年始は飲酒の機会が増えるため、同署は1月4日まで総合警戒を実施する。「適度な飲酒と、家や自転車などの施錠を心掛けて」と呼び掛けている。

 刑法犯認知件数のうち、傷害・暴行などの粗暴犯は31件(前年同期比14件減)で、特に美崎町での発生が減少しているという。同署はことし、店舗への立ち入りやキャッチ取り締まりなど、歓楽街の環境浄化活動を強化してきた。

 事務所荒らし、自転車盗、万引きなどの窃盗犯は最多の204件(同8件増)。重点対策項目でもある自転車盗が11件も増えた。無施錠、ワンロックの自転車が狙われやすいため、同署はツーロックの徹底を呼び掛けている。

 殺人や強盗などの凶悪犯は7件(同6件増)と増えている。

  • タグ: 刑法犯八重山署
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム