八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

キングス、石垣で公式戦 来年3月、富山と対戦

初のBリーグ公式戦開催をPRする(左から)中山義隆市長、出雲充社長、安永淳一取締役、八重山バスケットボール協会の安里整会長、太田義彦副会長、漢那憲吉副会長=27日午前、市役所庁議室

初のBリーグ公式戦開催をPRする(左から)中山義隆市長、出雲充社長、安永淳一取締役、八重山バスケットボール協会の安里整会長、太田義彦副会長、漢那憲吉副会長=27日午前、市役所庁議室

Bリーグの離島開催は初

 プロバスケットボールリーグ(Bリーグ)の琉球ゴールデンキングスの公式戦が来年3月24、25日に石垣市総合体育館で開催されることが決まり、27日午前、石垣市役所で記者会見が行われた。Bリーグの公式戦が離島で開催されるのは初めて。対戦相手は富山グラウジーズ。

 会見には、中山義隆市長、キングスを運営する沖縄バスケットボール㈱の安永淳一取締役、キングススポンサーの㈱ユーグレナの出雲充代表取締役社長、八重山バスケットボール協会の安里整会長が出席。

 中山市長は「2年ぶりにキングスが帰ってくる。大好きなキングスを石垣のブースターの力で勝利に導きたい」と話し、㈱ユーグレナの出雲代表取締役社長は「過去最大に盛り上げたい。バスケを見たことがない人たちにも足を運んでもらい、八重山の力でキングスのリーグ優勝を後押ししたい」と思いを語った。

 沖縄バスケットボール㈱の安永取締役は「今回で6度目の開催。2012年の1回目の時は、石垣の人は飽きやすいから2回目はないと言われたが、逆に奮い立つ思いがあった。今は石垣の人たちがキングスを愛してくれている。熱い応援をしてくれる」と開催の理由を述べた。

 キングスはbjリーグ時代の2012~16年に5年連続で同体育館で公式戦を実施。チームとしては2年ぶり、昨年、開幕したBリーグ所属後は初めての開催。

 Bリーグ2年目のキングスは現在12勝5敗で西地区の首位。勝率は7割を超えている。

 試合は3月24日が午後6時5分、25日が午後1時開始。チケットは12月3日から一般販売される。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム