八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

25㌔須藤、石川Ⅴ 第25回与那国島一周マラソン

午後1時の時報を合図にゲートを飛び出す選手たち=11日午後1時、与那国中学校運動場

午後1時の時報を合図にゲートを飛び出す選手たち=11日午後1時、与那国中学校運動場

10㌔岡、原が初優勝 小雨と強風の中、537人完走

 【与那国】第25回日本最西端与那国島一周マラソン大会(主催・与那国町、共催・与那国町体育協会)は11日午後、島内で行われ、与那国中学校を発着点とする25㌔に322人、西埼灯台をスタートし同中学校でフィニッシュする10㌔に314人の計636人がエントリーした。起伏に富むコースに小雨交じりの強い風が吹くコンディション。選手たちは力を振り絞り、ゴールを目指し、沿道も後押しした。25㌔で267人、10㌔で270人が制限時間内にゴール、完走率はそれぞれ82.92%、85.99%だった。

 レースは25㌔で男子・須藤剛(33)=東京都=が1時間34分51秒、女子・石川めぐみ(42)=石垣市=が1時間57分03秒、10㌔では男子・岡恵登(けいと)=沖縄市=が39分42秒、女子・原聖子(38)=与那国=が46分39秒でそれぞれ初優勝を飾った。

 石垣島地方気象台によると、午後1時現在の気象は雨で、気温は23.5度。北北東から11.8㍍の風が吹き、最大瞬間風速で15.7㍍を観測する条件となった。

 大会は与那国祖納青年会の力強い太鼓で安全祈願をした後、午後1時に25㌔がスタート。

 男子は、中盤まで5連覇を目指す村松稔(40)がレースを引っ張る展開。ところが、村松を追っていた初出場の須藤が南牧場付近で前に躍り出ると、そのままトップでゴール。女子は石川が序盤からリード、2位に約12分の大差をつけてテープを切った。

 この日の天気は応援する住民にとっては悪天候となったが、給水地点では中学生らボランティアで参加し、「頑張って」などと声援を送った。選手たちは仮装やかぶりもので沿道を楽しませた。

 レース終了後は同中体育館で表彰式、恒例のふれあいパーティーがあり、音楽演奏、伝統芸能、お楽しみ抽選会、島唄ライブで盛り上がりをみせた。

  • タグ: 与那国島一周マラソン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム