八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

多彩な演目、若さあふれ 青年文化発表会、沸く会場

青年文化発表会で懐メロに合わせて創作ダンスを披露する宮良青年会の会員ら=11日夜、市民会館大ホール

青年文化発表会で懐メロに合わせて創作ダンスを披露する宮良青年会の会員ら=11日夜、市民会館大ホール

 第31回青年文化発表会(主催・石垣市青年団協議会、同実行委員会)が11日夜、石垣市民会館大ホールであり、郡内で活躍する8団体の総勢約150人が日ごろの文化活動の成果を披露した。会場には大勢の市民が訪れ、青年たちの若さあふれる創作ダンスや舞踊、エイサー、棒術など多彩な演目を堪能した。

 舞台は2部構成で行われ、第1部は大浜の「大浜口説」で幕開け。友情出演の西表島東部青年会連合は、イノシシ被害に困っている夫婦がわなをしかけて捕らえる「ウムザー狂言」を身ぶり手ぶりのみの無言劇で繰り広げ、会場を笑いの渦に巻き込んだ。

 いしゃなぎらの「まみどーま」「いにしり節」、白保の「東ぬ渡から」、宮良の棒術や創作ダンス、双葉のエイサー、登野城の狂言などが続いた。

 最後を飾った平得の獅子舞は、獅子がくす玉を口で引っ張って割り、ことしのテーマ「青年の想(うむ)い、いつまでも」の紙が出されると、会場から大きな拍手が送られた。

 大浜と宮良は2演目を披露して舞台を盛り上げた。

 冒頭、同協議会の成底広和会長は「青年たちが若い力で最高の舞台をする。ぜひ最後まで楽しんでほしい」とあいさつした。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム