八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

祖納、干立で伝統の節祭 西表島

フダチミを先頭にアンガー行列が入場した=9日午前、前泊海岸

フダチミを先頭にアンガー行列が入場した=9日午前、前泊海岸

観客にお札を渡し会場へ引き入れようとするオホホ=9日午後、干立御嶽

アンガー行列、オホホも登場
五穀豊穣と繁栄祈る

 【西表】国指定の重要無形民俗文化財で500年以上の伝統を誇る、竹富町西表島祖納と干立の節祭(シチ)の世乞い(ユークイ)が9日、両集落で行われた。祖納では、黒い衣装を身にまとったフダチミを先頭に「アンガー行列」、干立では、奇声を発し滑稽なしぐさをする「オホホ」が登場し、舞踊なども奉納された。集落内にはドラの音や歌声が響き、郷友会や観光客ら多くの人が訪れ、島西部最大の神行事は熱気に包まれた。

 節祭は、ことしの豊作に感謝をささげ、来年の五穀豊穣(ほうじょう)と地域住民の健康、地域の繁栄を神に祈る伝統行事。

 祖納公民館(古見代志人館長)ではスリズの儀式を終え、午前11時過ぎの満潮に合わせ、前泊海岸へ移動。海岸では、舟浮かべの儀式後、ヤフヌティや子孫らを引き連れたミリク行列、ユナハ節・ヤーラーヨーの曲に合わせ、アンガー行列が厳かに入場。船元の御座に着座した。

 舟を漕(こ)ぐユークイ儀式では、舟子たちが二つに分かれ舟を力強く漕(こ)ぎ、湾内を回った。海岸では、ドラの音に合わせ、婦人や子どもらが世果報を手招きした。

 また、ことしは干支の神年(カンドゥシ)にあたることから、御座では、奉納舞踊が例年より1点多い4点披露された。

 一方、干立公民館(山下義雄館長)も満潮に合わせ干立御嶽前の「前の浜」でヤフヌティや舟漕(こ)ぎを行った。午後からは御嶽の境内で芸能が奉納され、狂言や棒、ミリク行列、獅子が次々と繰り広げられた。

 なかでも、干立独特のオホホは、ひょうきんな面をかぶり、大金を大風呂敷に詰め「オーホホホホ、オーホホホホ」と奇妙な声を上げ登場。ユニークなしぐさで会場を盛り上げた。

 節祭を目当てに、友人3人と訪れた村岡信子さん(58)=秋田=は「念願の節祭を見られた。言葉は分からないが、衣装もきれいですごかった」と感想を話した。

  • タグ: 西表島節祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム