八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

地域挙げて結願祭 小浜島

子どもたちや演者たちを引き連れる北集落のミルク=9日午前、嘉保根御嶽

子どもたちや演者たちを引き連れる北集落のミルク=9日午前、嘉保根御嶽

国の重要無形民俗文化財
豊作に感謝し芸能奉納

 【小浜】国の重要無形民俗文化財に指定されている小浜島の結願祭が9日、嘉保根御嶽で開かれ、地域住民や郷友、観光客らが島の一大行事を堪能した。北集落のミルク(弥勒)、南集落の福禄寿をはじめ、両集落が太鼓や獅子、棒、狂言など多彩な伝統芸能のほか、面をかぶった4人の「ダートゥーダー」も7年ぶりに登場した。小浜島の結願祭は、ことしの豊作を感謝し来年の五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統行事。2007年に「小浜島の芸能」として、ソーラ(旧盆)や種子取祭とともに一括して同文化財に指定された。

 結願祭は午前9時ごろ、ミルクと福禄寿が、人々を引き連れて集落内を練り歩き、嘉保根御嶽に到着。

 庭の芸能では、ミルクと福禄寿を先頭に座回り(ザーマーリィ)をし、太鼓や獅子、棒などが次々と奉納。棒では、なぎなた(マイヌヤラ)や山刀(ヤマガラス)のほか、赤いふんどし姿で大きな竹棒を持った3人が演じるユーモラスな「三人棒」なども披露され、観衆の注目を集めた。

 終了後は、中央に舞台を設置し、神に拝礼した後、舞台の芸能がスタート。ザーマーリィの後、北が「グジンフー」「マミトーマ」「稲摺り節」、南が「赤馬節」「夜雨節」「目出度節」などのほか狂言やシュンギン(祝儀)の演目を交互に繰り広げ、幕あいには客席から喝采や乾杯の発声が起こった。

 小浜公民館の大久英助館長は「先人が築き上げた素晴らしい伝統文化を、後世に継承し、さらに発展させていきたい」とあいさつした。

  • タグ: 小浜島結願祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム