八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

12月4日に操業開始 石垣島製糖

今期の製糖計画などを確認する原料委員ら=8日午後、石垣島製糖

今期の製糖計画などを確認する原料委員ら=8日午後、石垣島製糖

生産量9万㌧台を見込む

 石垣島製糖㈱(松林豊代表取締役社長)は8日、構内で原料委員会を開き、今期(2017/18年)の操業を12月4日に開始すると報告した。収穫面積の拡大などで生産量が前期の7万7012㌧から19・2%増の9万1815㌧と見込まれることから、前期の1月6日から1カ月早くなった。松林社長は「今後についても製糖開始は12月、年内操業を原則とする」との考えを示した。製糖終了は4月22日を予定している。郡内各製糖工場によると、西表糖業は12月7日、JAおきなわ与那国支店製糖工場は12月中旬を予定。JAおきなわ小浜製糖、波照間製糖はまだ決まっていない。

 石糖の製糖計画によると、収穫面積は1435㌶(夏植え725㌶、春植え151㌶、株出し558㌶)と前期から30・3%(334㌶)拡大。10㌃当たりの収量(反収)を6・399㌧と見込み、生産予想量は9万1815㌧。各作型とも面積が拡大し、夏植えは40%(210㌶)も増加している。

 今期のサトウキビは▽前年9月以降の天候不順による発芽の遅れ▽ワタアブラムシの大量発生▽6ー8月の少雨傾向▽2度の台風接近|など阻害要因もあったが、おおむね良好な条件に恵まれて順調に回復。反収は前期に及ばないものの、平年値を上回る良好な作柄が見込まれている。

 収穫はハーベスターによる機械刈りの比率が年々増えており、今期は85%を見込む。前期は78・3%だった。石垣市農業開発組合所有の17台、JA所有の6台の計23台が1220㌶で7万8043㌧の収穫を計画している。

 松林社長は「今期は収穫面積も増え、生育も順調に進んでいる。機械刈りの比率が増加しているなか、ハーベスターの稼働が問題なく行えるよう準備もしてきた。工場の整備もトラブルが発生しないよう計画通りに進めてきた。来年4月には良い年であったと皆で言えるように頑張っていきたい。皆さんの協力をお願いしたい」と述べた。

  • タグ: 石垣島製糖サトウキビ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム