八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ハーベスター台数増など生産振興の7項目を要請

要請文を読み上げる石垣市さとうきび組合の次呂久栄重組合長(右から2人目)=7日午後、石垣島製糖

要請文を読み上げる石垣市さとうきび組合の次呂久栄重組合長(右から2人目)=7日午後、石垣島製糖

石垣市さとうきび組合
石糖など3団体代表に直訴

 石垣市さとうきび組合(次呂久栄重組合長、組合員1843人)は7日、石垣島製糖㈱(松林豊代表取締役社長)、JAおきなわ八重山地区本部(照屋武美本部長)、一般社団法人石垣市農業開発組合(照屋武美理事長)に中型ハーベスターの台数増とオペレーターの技術向上など生産振興に関する7項目を要請した。次呂久組合長らが石糖社を訪れ、3団体の代表らに直訴した。

 要請によると、農家の高齢化が著しく、これに伴ってハーベスターによる機械刈りの依存度が高まっており、前期では約8割に達している。今後も依存率は高まることが予想され、ハーベスターの台数が不足している上、運用が不効率で悪天候時には稼働できないことから、収穫に支障を来していると指摘。さらに、オペレーターへの不満や苦情も多数寄せられているとして、技術向上のための研修の必要性を訴えている。

 次呂久組合長は「基幹作物であるサトウキビを守り育てるため、生産農家の担い手育成はもとより、増産意欲を高め、魅力あるサトウキビ作りに関係者一同真剣に取り組むべきだ」として要望した。

 ハーベスターは開発組合が大型3台、中型12台、小型2台、JAが中型6台、小型1台を所有。個人の農家で5台保有している。

 松林社長らは「今後も互いに話し合いながら改善に向けて取り組んでいきたい」と述べた。

 ほかの要請事項は▽ハーベスター使用料金の軽減▽集中脱葉施設使用料金の軽減▽ハーベスターの補助人員の確保▽ハーベスター稼働での点検整備強化など。

  • タグ: さとうきび
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム