八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「家庭と緊密な連携を」 石垣市教育委員会

アプローチ期の保育活動について話し合う参加者=12日午前、市教委

アプローチ期の保育活動について話し合う参加者=12日午前、市教委

就学前接続期で研修

 石垣市教育委員会は12日午前、公立幼稚園の預かり保育担当者や認定こども園の保育士らを対象に第2回研修会を開き、参加者30人が幼稚園から小学校へのアプローチ期(10月から来年3月)の保育活動について話し合った。

 参加者は4グループに分かれて協議。「一日の流れを意識させ、自分たちで見通しを持って生活できるように環境を整えていきたい」「いざこざがあった場合は、自分たちで納得がいくまで話し合いをさせる」などの意見があった。

 グループ協議に先立ち、市教委学校教育課の小濵美智指導主事がアプローチ期の預かり保育で求められることなどを説明。

 幼児の心に寄り添う活動であるために▽幼児期にふさわしい無理のないものとなるようにする▽家庭との緊密な連携を図る▽適切な責任体制と指導体制を整備した上で行う—ことなどが重要と指摘、「子どもの豊かな育ちを保障する生活が教育活動。預かるだけのものにならないように努めてほしい」と呼び掛けた。

  • タグ: 石垣市教育委員会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム