八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

事実上、仲里、西銘氏の争い 衆院選・沖縄4区

沖縄4区に立候補する(右から)仲里利信氏、西銘恒三郎氏、富川泰全氏

沖縄4区に立候補する(右から)仲里利信氏、西銘恒三郎氏、富川泰全氏

自衛隊配備が最大争点
10日公示、3氏立候補へ

 22日投開票の衆院選は10日公示され、沖縄4区には無所属前職の仲里利信氏(80)、自民党前職の西銘恒三郎氏(63)、幸福実現党の新人富川泰全氏(38)が立候補する。仲里氏が選挙区を死守するか、前回選挙区で敗れ比例で復活した西銘氏が雪辱を果たすか、事実上、前職同士の一騎打ちの争い。先島では自衛隊配備問題が最大の争点。仲里氏は反対、西銘氏と富川氏は推進と違いが鮮明になっており、民意がどう反映されるか注目される。

 公示日は、仲里陣営が午前9時から、気象台西通り北方の3号線沿いの事務所で出発式を行う。仲里氏は13日に来島、大川公民館で午後7時から行われる総決起大会に臨む。

 西銘陣営は午前9時から、みつわ産業向かいの事務所で出陣式。西銘氏は、15日午後2時から市健康福祉センターで行われる合同総決起大会に、比例九州・沖縄ブロックに立候補する公明党前職の遠山清彦氏(48)と臨む。

 富川氏は公示日に石垣島に入り、午後0時50分ごろから730交差点で街頭演説を行い、ユーグレナモールを練り歩いた後、宮古島に渡る。

 先島での最大の争点となる自衛隊配備問題について仲里氏は「軍隊のいるところが直接攻撃を受ける。自衛隊に土地を売れば永代まで国の防波堤になる」、西銘氏は「規模や中身について議論があるにせよ、平和を維持するためには必要。南西諸島に存在することは当然だ」との立場。

 憲法改正については仲里氏は「憲法9条を生かし平和的外交による話し合いで解決する」、西銘氏は「自民党結党以来の党是。自衛軍か国防軍として位置付けるべきだ」としている。

 富川氏は「先島への自衛隊配備を早め、島を守る抑止力を高める」「憲法9条を改正し、『自分の国は自分で守る』防衛体制を築く」と主張している。

  • タグ: 衆院選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム