八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3カ国、語学講座スタート 石垣市

外国人観光客への接遇とサービス向上を図る石垣市の語学講座がスタートした=3日夜、大浜信泉記念館研修室

外国人観光客への接遇とサービス向上を図る石垣市の語学講座がスタートした=3日夜、大浜信泉記念館研修室

外国人観光客への接遇力
アップへ人材育成

 観光関連事業者を対象に、来島した外国人観光客への接遇とサービス力向上を図る石垣市の「2017年度外国人観光客向け観光人材バンク事業」語学講座が3日、スタートした。

 同講座は英語・中国語・韓国語の3カ国語に分かれて、宿泊施設や土産販売、レンタカー業など事業別に計11講座を開催。最長で12月18日までとなる。NPO法人八重山美ら島塾(玉城信夫理事長)が受託し、本年度で4年目。

 同日夜、大浜信泉記念館研修室で開講式が行われ、仲大底まゆみ市観光文化課長が「市には現在、大型クルーズ船や香港からの航空便などで多くの外国人が来島するなか、通訳の人材が不足している。この講座で語学を習得していただき、人材バンクへの登録・活用をお願いしたい」と期待を寄せた。

 初回は受講生10人が飲食店でのスムーズな案内方法、来店客から注文を受ける際の英会話などを学んだ。

  • タグ: 外国人観光客語学講座
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム