八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「この歌があったから頑張れる」「島人ぬ宝」輝いて15年

「島人ぬ宝」を楽しそうに歌うBEGINのメンバーと石垣中2年2組の元生徒ら=16日夜、新栄公園

「島人ぬ宝」を楽しそうに歌うBEGINのメンバーと石垣中2年2組の元生徒ら=16日夜、新栄公園

「昔馬車道」の踊りを披露する崎枝小中、川平小、名蔵小の子どもたち

誕生に貢献の元石垣中生徒、BEGINと合唱 島人カーニバル閉幕

 石垣市制施行70周年記念の「島人カーニバル」(同実行委員会主催)は16日も新栄公園で行われ、最後に登場したBEGINの比嘉栄昇さんらメンバーが、発売開始から15周年を迎える「島人ぬ宝」の誕生に貢献した2001年当時の石垣中学校2年2組の生徒と担任をステージに招き、「当時の出会いがなければ、この歌はなかった」と感謝して15周年記念CD入りの記念盾を贈呈。元生徒たちとともに16年ぶりに合唱すると、会場は大きな拍手と歓声に包まれた。

 「島人ぬ宝」の歌詞づくりで比嘉さんは、卓球でペアを組んだことのある同級生で当時石垣中2年2組の担任だった石垣史昭さん(49)=県八重山事務所総務班主幹=に「子どもたちに島への思いを書いてもらいたい」と依頼、これを参考に歌詞を仕上げた。

 比嘉さんはステージで「キラキラ光る言葉があった。そんな言葉を集めて歌詞を書いた。島人ぬ宝があるのとないのとでは違ったと思う」と感慨深げ。

 2年2組41人のうち級長だった長浜徹さん(29)=新川=ら生徒15人と石垣さんがステージで紹介され、比嘉さんの歌に合わせて口ずさんだ。

 長浜さんは「12年間、東京で暮らし、ことし1月初めにUターンしてきたが、東京では島人ぬ宝にたくさん助けられた。歌を聴くとホッとした。島の景色を思い出させてくれた。この歌がこんなに大きくなるとは思っていなかった。本当にうれしい」と話し、下地エリカさん(29)=真栄里=も「大満足。あらためて2年2組で良かったと思う。一生の思い出になる」と感激した様子だった。

 担任だった石垣さんは「彼らには島人ぬ宝が根っこになる。これがあるので頑張れると言うのを聞くと、うれしくなる。島人ぬ宝が末永く愛されてほしい」と願った。

 これに先立つ「昔馬車道コーナー」では、比嘉さん自らが発起人を務めた石垣市の2016年度「島人ぬ宝さがしプロジェクト」で作詞作曲した「昔馬車道」に、女性舞踊家約20人でつくる「あん美ら会」が考案した振り付けを、当時馬車道を利用していた地域にある崎枝小中、川平小、名蔵小の児童生徒67人が同会のメンバーとともに披露するなど、島を題材にした新旧の曲でカーニバルを締めくくった。

 「昔馬車道」の舞台は、名蔵アンパルにある馬車道跡。同プロジェクトで新たな名所の一つに選ばれている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム