八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

国際釣り大会 カジキ初日は3本

この日最大の162㌔のクロカワカジキを釣り上げたチーム世美がえりの当山喜一郎さん(左3人目)=8日、久部良漁港

この日最大の162㌔のクロカワカジキを釣り上げたチーム世美がえりの当山喜一郎さん(左3人目)=8日、久部良漁港

与那国 162㌔の大物も

 【与那国】「国境の島、パワー漲るカジキ釣り」をキャッチフレーズに開幕した第28回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(主催・与那国町、主管・同実行委員会)は8日、2日間にわたる競技がスタート。初日はメーンのトローリング部門で162㌔のクロカワカジキを含む3本のカジキが上がった。大会にはトローリングの部に30チーム、96人、磯釣りの部に過去最高の29人が出場。黒潮の海を舞台に2日間、釣果を競う。

 初日は午前7時にフィッシングスタート。出場30チームが思い思いのポイントで大物カジキを狙った。

 2時間余の格闘の末にこの日最大の162㌔のクロカワカジキを上げた当山喜一郎さん(64)=チーム世美がえり・石垣市=は「最初は100㌔くらいかと思ったが、引きが強く、ラインが持たないと思うほどだった」と振り返り、「4年ほど前に上げた170㌔に次ぐ大物。いい船長に恵まれた。(今夜は)ゆっくり休んで明日、勝負をかけたい」と初優勝に意欲をみせた。

 50㌔のマカジキを釣り上げた植手章さん(48)=イン・ザ・ミラー、愛知県=は「午前9時に1本バラシてしまい、午後から釣り上げた。(カジキが)いることが分かったので、明日、船長と頑張りたい」と話した。

 最終日の9日も午前7時から競技が始まる。

 島の沿岸を舞台とした磯釣り部門では、8㌔のオオマチを釣り上げた阿久津慎吾さんが総重量13㌔でトップ。

 初日の競技終了後は会場の久部良漁港で、子どもや一般のカラオケのど自慢大会やフラオハナの「ハワイアンフラ」のほか、ゲストのきいやま商店がパワフルなステージを披露した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム